8月4日に、疥癬の2週間目の検査。
マイナスだった。
ダニは見つかっていない。


これまで毎日お風呂に入って、薬をつけていたのが
週2回になる。

3週間目。
8月11日の検査でマイナスだと、
ようやくカーテン隔離が無くなり、
治ったということで、解放。

面会も青いガウンと手袋をしなくてもよくなり、
車椅子で外に出れる。

そこから1ヶ月目に再検査をして、
何もなければ、完治。



11日の検査を楽しみにしていた。

カレンダーを見ると、
山の日で、祭日!

皮膚科のDr.は週に一度、
他の病院からくる。

来てもらえるのか、看護師さんに聞いてみた。



なんと!!
Dr.はお休みらしい。

3週目の検査が翌週になった。

1週間延びてしまった。


前回の日記で、熱は出てなく
これだけでも幸いと書いた。



ところが、翌日から高熱。
39.8℃前後をうろつく。

一時は、41.1℃まで上がったらしい。

すぐに、中心静脈のカテーテルを抜く。

培養検査の結果はまだ出ていないが、
おそらく、前回と同じ、

MRSA(黄色ブドウ球菌)の感染。


まただ。


1週間ほどで熱も下がり、
元気になる。


昨日からIVH(中心静脈栄養)が再開された。


これまでは、足の付け根に静脈にカテーテルが
挿入されていたが、
今回は、初めて。
首の静脈に挿入された。

足の付け根だと、
どうしても雑菌が入りやすい。



難しい段階には来ている。


でも、

花子ちゃん

と呼んだら、

うん


と返事をしてくれた。



さて、

僕の親友の中には、
このブログを読むのはつらいと言って
見れない人がいる。

花子さんの元気な頃を知り、
一緒に旅行へ行き、
楽しく過ごした親友だ。

でも、電話や、会った時には

花子ちゃんはどう?

と、自分達のことのように思ってくれる。

辛い状況を共有してくれる。
優しさがあり、ありがたいことだ。
 


花子さんの写真を載せているが、
時々、悲しいコメントもある。

花子さんの顔が、
気持ち悪いと思う人もいる。


終末期を迎え、
やつれた顔は、醜いのだろう。


このブログには、

これまで、


花子さんの、20代、30代の写真を
載せている。


若さと希望があり、晴れやかな顔をしている。

でも、僕にとっては、
今の顔も、
以前と何も変わらず、

 
美しいと思う。


今が一番かわいく、

いとおしい。


ときおり見せる笑顔で、
僕たちに幸せを与えてくれる。


ほんの少しの表情の変化で、
喜びを分けてくれる。


生きているあかし。


2ヶ所のブログランキングに参加しています。 
それぞれに応援クリック、お願いします。 

   ↓       ↓ 

 にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ 

花子さんが疥癬(かいせん)の診断を受け、
ちょうど1週間。

昨日は1週間目の検査があった。


幸い、陰性。
ダニは見つからなかった。

でも、皮膚の下に空洞部分をつくり、
そこに、ダニの卵があるかもしれない。
卵は検査では見つからない。

あと2週間、
今の、カーテン隔離が続く。

来週もう一度検査をして、陰性になるか。
そして、3週目にもう一度検査。

そこでダニが見つからなければ、
ようやく、完治。

あと2週間は不自由な思いをさせないといけない。

290728 

スマホで自撮りをした写真。


僕は、青いビニールの長袖エプロン。
両手は、手袋。

花子さんは、しっかり僕を見ている。
 
顔や手足の先には湿疹はない。
 
顔なんて、毎日お風呂に入るので、
血色もいいし、つやつやしている。
髪も黒くてサラサラだ。

でも、脇から背中にかけて
湿疹が大きく広がっている。


今は話しかけながら、口腔ケアだけ。
ベッドの横に座らせる、端座位は行っていない。

起こして座らせるには、全身を抱え込まないといけない。

あまり刺激を与えない方が良いと思い、
座らせていない。


花子さんは座っているとき、
両足を、大きく貧乏ゆすりをする。

スタッフの人は、
けいれんと思うほど。
 
貧乏ゆすりは、
良い運動。
 
それができないな~
 
 
カーテンで覆われているので、
外も見えない。

季節の移り変わりも感じられない。
寂しいな~



これまで時々起こっていた
37℃から38℃の発熱は出ていない。

痰の吸引も少なくなっている。

疥癬以外は健康。

これだけが、幸いだ。


さて、晩御飯。
鶏のもも焼き。
前日の残りのチゲ豆腐と、ほうれんそうのお浸し。
お酒は神戸の瀧鯉を、ぬる癇にしてみた。

鶏もも焼き 


2ヶ所のブログランキングに参加しています。 
それぞれに応援クリック、お願いします。 

   ↓       ↓ 
 にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ 
花子さんが、65歳の誕生日を迎えた。

  昔々、10代・20代のころ、
  65歳の人は、
  お爺さん、お婆さんと思っていた。
  でも、その年になってしまった。

  「65」という数字が信じられない。

  まあ、若い連中は
  僕たちが10代のときに思っていたのと
  同じように見ているのだろう。

  こんなことを書くこと事態、
  年寄りの始まり、

  ひとりごと。

65歳になった。


今から13年前、

52歳の時に、
アルツハイマー型若年性認知症
と確定診断された。

当時、ネットで検索しても、本を読んでも、
若年性アルツハイマーの余命は
7~8年と書かれていた。


でも、まだ生きている。


昨年7月、
誤嚥性肺炎から、末梢点滴(水分だけ)になった。
8月下旬に、Dr.に余命を訪ねた。

あと1か月と言われた。


でも、まだ生きている。


65歳の誕生日に
病院のスタッフからもらったバースデーカード。

1週間前に、ケーキを渡され写真を撮ってくれた。

バースデーカード  


細い糸を綱渡りのように歩っている。

今は、一時期の細い糸が、
タコ糸になり、麻ひもか。
綱は来るのかな。

不安定な状態に変わりない。
僕が、バランス棒になるから。


毎日病院へ行って、
疥癬(かいせん)の状態を見ている。

顔や手足は異常がない。
わきの下から背中にかけて、
発疹が出ている。


時々、かゆみと痛みを訴えるように、
顔をしかめ、声を出し、手足を動かす。

足を突っ張るようにするので、
看護師さんにお願いし、
ベッドの柵 (以前からベッドから落ちないように
        前後左右4点柵をしている)
の足側に、カバーをかけるようお願いした。

柵の間に足を入れてしまい、
力まかせに動かすと、
骨折の危険がある。


次の検査が金曜日

治まってくれるのを願う。


さて、
気分直しに晩御飯。
写真はたくさんたまってるんだけど、
どうも  酒 
  料理の写真を載せる気が
しなくて。


じゃがバターと、肉野菜炒め。
お酒は、神戸 瀧鯉。



ジャガバター  

ジャガイモ、ピーマン、ナスは庭で収穫

ジャガイモ収穫 

2ヶ所のブログランキングに参加しています。 
それぞれに応援クリック、お願いします。 

   ↓       ↓ 

 にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ 
午前中、病院から電話があった。
Dr.から。

皮膚に湿疹が出ていたので、
検査をしました。

顕微鏡検査をしたところ、
疥癬(かいせん)でした。


  以前、記事で、6月頭に病棟内で疥癬
  発生したと書いた。
  予防注射もした。

  疥癬とは、ダニが皮膚表面の角質層に
  寄生して起こる感染症。
  ここに説明
  抵抗力の弱い人に起こりやすい。
  ダニが皮膚にトンネルを作り、
  そこに産卵する。
  強烈なかゆみと痛みがある。
  家族、介護職の人にも感染することがある。

感染の恐れがありますので、
病室で、カーテン隔離になります。

ご家族が来ていただくのは構いません。
ただ、体に触れるようでしたら

エプロン手袋をしていただきます

塗り薬で処置します。
毎日入浴をして、洗い流しながら
患部を診ます。

検査を3週間続けて行い、
陰性になるのを診ます。

1カ月間カーテン隔離と、
感染が拡がらない対応をします。


6月初めに病棟で発生して、
収束に向かっていた。

花子さんの病室には発症した人がいなく、
感染が拡がらないのを願っていた。

今になって起こるとは。


4日前に病院へ行ったとき、
看護師さんから、入浴のときに
あせものような湿疹があったと
知らせてもらていった。

昨日行ったときは、

明日、皮膚科の先生がみえるので、
検査をしてもらいます。


と聞いていた。


夕方、いつものように、
病院へ行った。

まず、DR.から説明を受ける。


看護師さんから、面会の際の注意。
エプロンの着用、手袋装着。
外すときには、外を内側にしてたたみ、
接触面を触らないように教えてもらう。

体に触れず、見守りだけなら
エプロンの必要はない。

でも、僕は、行くたびに口腔ケアをする。
これをしないと、口の中が汚れでいっぱいになるし、
嚥下、健康状態を保つためには、
必ず必要。


腕の拘縮 (両腕が体の内側に「く」の字に固まり、
動かなくなる) も始まりかけているので、
伸縮運動も行なわないといけない。



全身を覆うブルーのビニールエプロンと、
両手に手袋。


テレビドラマでよく見る格好。
空気感染はないので、
キャップとマスクはしてないが。



機嫌は良かった。
呼べば応える。

認知症が進行した人は、
痛み、かゆみの感じ方が少ない。

それだけでも幸い。

でも、全くないわけではない。
やはりかゆみから、
落ち着かない表情も見せる。



7月21日
今日は、花子さんの誕生日だ。


作業療法士の人と、
3時に予約をしていた。

誕生日のお祝いで、
車椅子に移り、
病棟内を散歩。


たぶん、
みんなから、
おめでとうの声掛けもあったろう。

屋上に行き、記念写真のつもりだった。



よりによって、
誕生日だというのに、
最悪のプレゼント。



65歳の記念日。



こんなに頑張っているのに、


なんでかな~~



わずかな幸せをくれてもいいのに。



かなしい


2ヶ所のブログランキングに参加しています。 
それぞれに応援クリック、お願いします。
 
   ↓       ↓ 
 にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ 
月曜は、
午前中、認知症の人と家族の会の
「若年認知症の本人と家族のつどい」
午後は、
講演会 ← クリック
 (講演された岩佐さんのブログだが、
  僕が、花子さんを見ている後姿と
  同じような写真があるので、
  すぐにわかるかも。

  毎日花子さんの病院へ行って
  食事介助をしたのは、一年前。
  すごく久しぶりに、お手伝い。
  楽しく、嬉しかった。)

両方とも司会をした。


火曜は、介護相談員の研修で、
90分の講演。
そのあと、横浜で一人呑み。

花子さんのところへ、
2日行けなかった。



今日は、午前中、
花子さんの病院の最寄り駅の、
日本年金機構の事務所で、
算定基礎届の調査。
 (総務課の人はわかるかな)

 
終わってから、昼飯を食い、
そのまま花子さんの病院へ。

こんな時間に行くことはないんで、
看護師、ケアスタッフ、
皆さんに声をかけられた。


5日前に、尿の出が悪く、
尿道カテーテルを取り換えた。

熱も、38,2℃まで上がっていた。

抗生物質の投与で治まりはしたが、
心配な材料があった。



でも、今日は、熱も下がり、
笑顔で迎えてくれた。


午前中に入浴もあったらしい。

中心静脈栄養でカテーテルが入っているが、
週に2回、シャワー浴がある。


髪も、洗いたてでさらさらしている。

入院なので、
髪染め、化粧はまったくない。

でも、黒髪が保たれている。
( 今日は、携帯を忘れてしまい、写真なし )

口腔ケアと、顔、頭部、肩のマッサージを行い、
ベッドの横に座らせる。
僕もいつものように、横に座る。



先週から今週にかけて
忙しくて張りつめていたが、



安らぎの時間。



家に帰って、早めの晩飯。
酒を飲みながら、野球観戦。

ベイスターズも勝ったし、
いうことはない。

では、晩御飯。
庭で採った玉ねぎと豚肉炒め。
野球観戦には、枝豆と、焼鳥とビール。
 (ビールは作っている間に吞み終わってしまったが)
お酒は、貰い物の久保田萬壽。

IMG_2798.jpg 


2ヶ所のブログランキングに参加しています。 
それぞれに応援クリック、お願いします。 

   ↓       ↓ 
 にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ 
僕が花子さんのところに行った時のリハビリ。
 
まず、ベッドのギャッチアップ。

29.7.10.1 

ベッドの背中を約75度に上げる。
体の横に、枕、パットを入れて、
体位の固定。

拘束じゃないですよ。
横に倒れないように、安定させる。

いつも両手には管を抜かないように、
ミトンの手袋。
でも、僕が行った時は、
まず、はずす。

花子さんの表情は硬いかな。
話しかけて、やわらげる。

ここから、口腔ケア。

歯磨きをして、濡れティッシュで
口内の掃除。

口の周りと、頬、唾液腺のマッサージ。
15~20分かかるかな。

仕上げに顔にクリームを塗る。



ゆっくりと手足の伸縮運動。
まだ、大きく伸ばすことはできる。
でも、普段は胸元に腕がある。

拘縮を避けたい。

 
次は端座位。
ベッドの柵を取って、端に座らせる。
この時も、枕、パットで体幹維持。
体が倒れないように、補助を入れる。

足元には、牛乳パックで作った、
台を2段。
高さの調整。


29.7.10.3 

以前は体が横に傾いてしまったが、
今は簡単に枕で抑えると、
固定している。

話しかけると、
機嫌よく笑顔で応えてくれる時も。

窓からは、外の景色。
29.7.10.2 

部屋が変わって、環境が良くなった。
景色を目でとらえる。

新緑、鳥、行きかう車、遊んでいる子供。


横に座って、肩に手をやり、
話しかけて、ほほを撫で、
しばしの楽しい時間を過ごす。


幸せって何だろうかと
いつも思う。


旅行に出かけ、
美味しい物を食べ。
音楽、映画に感動し、
未来を語り、
共に過ごす。



でも、今は横にいてくれるだけで

幸せだ。

2ヶ所のブログランキングに参加しています。 
それぞれに応援クリック、お願いします。 

   ↓       ↓ 

 にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ  




いつも書いているが、
花子さんについてくれているOTさん(作業療法士)とは、
交換日記を行っている。

熱心に、寄り添って診てくれている方だ。



そんなОTさんから、思いがけない書き込み。

交換日記1  交換日記2 
 
OTさんに了解を取っていないが、
  ( このブログのこと自体、
   病院には教えてないけど、)

そのまま公開。


6月21日
今日の熱は36.8℃でした。
良い調子でした。
端座位行いましたがとても穏やかでした。
  OT

追伸
奥様とやりたいこと、連れていきたいとこ。
などなどがあれば、ぜひ教えてください。


6月21日
ありがとうございます。
そう言っていただけると、とてもうれしいです。
認知症の進行から感情も少なくなってきましたが、
時々見せる反応、
笑顔でまだまだと思っています。

先日の屋上では、太陽と風で反応が違いました。

今の状態で、無理をせずに、
してあげたいことは三つあります。

一つ目は、音楽を聞かせてあげたい。
前の病院でも機嫌が悪い時など、
童謡、民謡、フォークソング等を聞かせると、
穏やかになり、手をたたいていました。

二つ目は、屋上等の外出です。
刺激を与えてあげたいです。

三つ目、一番の希望は、
舌の上に、味のあるものをのせてあげたい。
食べるのではなく、味を感じるだけで構いません。

毎日、口腔ケア、唾液腺マッサージをしていますが、
つばをしっかり飲み込んでいるように感じます。
昔、食べるのが大変好きでした。
また味わうことができれば非常にうれしいです。


OTさんが提案してくれたことが、
驚きと嬉しさで、
下手な文章と字で、修正もできず(手書きなんで)、
思いっきり書いてしまった。

26日にリハビリが入り、返事があった。
 
6月26日
行いたいこと3つ了解しました。
3つ目に関しては、ST(言語聴覚士)に
もう一度確認してみます。
全て行えるとはかぎらないですがが、
できるかぎり行えるように
検討します!

今日は端座位25分行いました。
声掛けに対して笑顔も見られました!
穏やかでした。
OT


6月26日
お気遣いいただいて、とてもありがたいです。
できる範囲でよろしくお願い致します。
今日は笑顔がたくさん出ました。
声を出して笑うこともありました。
この状態で笑顔が出ることに感謝です。

 
 
 
病室に入って声をかけると、
花子さんの笑顔。

いつもだと、髪をとかして、
パジャマを整えてから写真を撮るのだけど、
思わずシャッターを押してしまった。
連写

170626あ 

170626い 

170626う 

こんな奇跡もあるんだな~


世間一般では、
ターミナル。


でも、希望は捨てない。
 
 
 
さて、晩御飯。
タイの兜焼き。
茄子オイル焼き、胡瓜、トマトは庭で収穫。
お酒は頂きもの。
鹿児島の芋焼酎、魯山人。

 鯛の兜焼き

魚の兜、エラ付近の骨。
「鯛のタイ」
昔、色々な魚のこの骨をコレクションした。

鯛のタイ 

2ヶ所のブログランキングに参加しています。
それぞれに応援クリック、お願いします。

   ↓       ↓
にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
まずはお知らせ。

認知症とともに歩む 

横浜で講演会があります。

7月17日(祝・月) 12:50~15:30
京浜急行「上大岡」駅横のビル。

上記ポスターの予定にはないけど、
12:15から「認知症と向き合う」の映画上映。

12:50から「ウエルカムミュージック」として、
若年性認知症のご本人と、サポーターとのセッション。

講演第1部は、
岩佐まりさん 「若年性アルツハイマーの母と生きる」

テレビ、新聞でも何度も登場している方なので
ご存知の方も多いと思う。

介護ブログでは、トップブロガー
僕のこのブログにもリンクして
毎日見ている。
 
一緒に講演をしたこともある。
感動的なお話が聞けます。


講演第2部は「認知症になった私たちから伝えたいこと」
ご本人の、生川幹雄さんと、
支援者の松本礼子さんとの対談。

認知症と共に歩む人・本人会議の方だ。

松本さんとはすごく、ご縁がある。
僕がブログを始めたころ、
ものわすれネットカフェ2号店」の
ご本人、あやちゃんのお友達、
「にんじんクラブ」のメンバーだ。

このブログと交流して、
どれだけ励まされたかわからない。
 
懐かしく思う人もいるだろう。
  
昨年、偶然お会いした。
今回の講演をお願いして受けて頂いた。


是非ご参加ください。


さて、16日に僕の血液検査の結果が出た。

なんと、
びっくりするくらい、


健康体(^^)/


血液から43項目の健康状態がわかる。
その中で
 
【H】 が3
【L】 が3

【H】も基準値よりわずかに上回っているだけで、
心配する必要がない。

これまで血液検査をすると、
必ず再検査か、要観察が出ていたのに、
一つもない。

こんなに良い結果は、初めて。


不思議だ??


急激に痩せているし、
  (スリムになったとしておく)
めまいがするし、
  (寝不足にする)
疲れやすく、抜けきらないのに。
  (年のせい)


健康体。


僕は影響されやすいんで
こんな数字をみると、自信がつく。


ただ、今回の検査は
月に一度通院している大学病院の精神科。

痛風、高血圧、中性脂肪の薬をもらっている
かかりつけ医ではない。


自分の健康を見直す良い機会なので、
血液検査では表れない、
大腸、胃、肺、前立腺等々の検査をしてもらうかな。



花子さんも快調。

疥癬が流行していて、
花子さんのいる病棟の、
半数の病室はカーテン隔離の状態だが、
花さんの4人部屋には、
まだ、誰も出ていない。

お隣の、手話でお話しする女性も元気だ。

この方とお話をするために、
ずいぶん手話も覚えた。


花子さんのリハビリは
ベッド上だけ。

車椅子に乗って、デイルーム、
屋上に行くのは、
多病棟への感染防止で
少しの間お休み。


今日は優しい笑顔が出た。

僕の方を見ている。

20170617 

名前を読んだら、
いつもは口を開けたまま笑うのだが、
微笑んだ。

201606172 

まだまだ。


さて、晩御飯。
スタミナつけるために、ニンニクたっぷりの鰹。
ソラマメを、さやごと焼く。
茹でるより旨味も閉じ込められ、これが一番。
僕は料理をしながら、いつも缶ビールを1本飲む。
半分つまみで食べてしまった。
お酒は、福井南部酒造の、米しずく

鰹 

2ヶ所のブログランキング
に参加しています。
それぞれに応援クリック、お願いします。

   ↓       ↓
にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
毎日毎日、
めちゃくちゃ忙しくて、
駆けずり回っている。

僕は、忙しい方が良く、
暇だと、ろくなことを考えないので、
自分を追い込むように、
スケジュールを埋めている。


毎日たくさんの方がこのブログに来てくれて、
更新がないのを心配してくれているかも。

申し訳ないと思いながら、
書き込みをする時間が取れない。





6月に入っての色々なことを
箇条書き。

花子さんは
  • 中心静脈を再開して、元気復活。
    笑顔が増える。
     
  • 徐々に栄養分が上がり、
    1500キロカロリーになった。
     
  • 熱は出ない。
     
  • 3か月に一度の、主治医面談。
    症状と今後の治療方針確認。
     
  • 今の病院から退院支援(出される)があり、
    2個所の療養型病院を訪問して、面談。
     
  • あと3箇所の病院と今週面談予定。
     
  • 別の病室で疥癬が発生。
    (ダニが皮膚表面に寄生して起こる感染症)
    昨日の夜、主治医から予防のための投薬の
    了解確認の電話が入る。
      
    夜中に主治医からの電話で、
    緊急事態かと思い、血の気が引く。
     
  • ベッド横の端座位も保持されている。
    座っている姿勢なので、
    今日、髪をカットした。
    ちびまる子ちゃんになってしまった。 
僕は、
  • 10日、11日と、家族の会の総会があり、
    一泊二日で京都へ行く。
    遊びは全くなし。
     
  • 今月ケアマネージャー向け講演があるので、
    レジュメ、原稿、パワーポイント作り。
     
  • 9月、10月に講演依頼があり、
    2度、打ち合わせ。
     
  • 電話相談員研修を受ける。
     
  • 家族会のつどいが1回。
     
  • なぜか、食べているし、体調は悪くないのに、
    半年で体重が6~7㎏減り、血液検査。
    16日に結果を聞きに行く。
    (花子さんが療養型病院へ移ったのと同時期だ~)
     
  • 本業の、厚生年金、健康保険の説明会出席。
     
  • 忘れてはいけない。
    本業の商談で、東京の商社と打ち合わせ。

でも、大丈夫です。

花子さんも僕も元気です。



何から書いて良いのかわからないので、
ボチボチと書くことにして、
まったく関係ない話を。
 
 
忙しくてどうしようもないのに、
庭で家庭菜園をやっている。


土をいじっていると、
気分が落ち着く。


なかなか手が掛けられないので、
雑草だらけ、
肥料、水やりも怠っている。

野菜は自然の力を借りて、
すくすくと育っている。

5月下旬の畑。

玉ねぎ、サンチュ、ブロッコリー、ニンニク、
スナップエンドウ、長ネギ、奥の一列はジャガイモ。
 
畑1 

5月中旬に植えたばかりの、
トマト、ミニトマト、ピーマン、ナス、
手前は、イチゴ。

畑2 

ネットの前は、ゴーヤとキュウリ。
 
畑3 
 
そして、6月初めに、
第一弾の、玉ねぎとニンニク収穫。

にんにく 

京都へ行く前の日に、
すべての玉ねぎ収穫。
ほっぽといたんで、
一番大きいのは、13㎝。

玉ねぎ 

これから夏野菜が楽しみ。



では、晩御飯。
オムレツにミートソース。
ミートソースに使っている玉ねぎは上の写真。
ブロッコリーも栽培したのを冷凍しておいた。
キュウリは収穫の初物。
京都みやげの、九条ネギの漬物。

ここに写ってないけど、パンも食べてます。
お酒は神戸の、瀧鯉。

オムレツ 

朝飯、昼飯はがっつり食ってるんだけどな~

朝は毎日、野菜ジュース、ヨーグルト、バナナ
ジャム(僕が作った自家製マーマレード)、コーヒー。

昼は、ご飯を炊いて、どんぶり飯、
野菜具だくさんの、どんぶり味噌汁、
魚と、納豆。

朝  昼 

なぜ痩せるんだろう??

2ヶ所のブログランキング
に参加しています。
それぞれに応援クリック、お願いします。

   ↓       ↓
にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
5月27日に高熱が出て、
すぐに中心静脈の血管に刺している
カテーテルを抜いてもらった。

熱が下がり始める。

5月31日は、
午前 37.3℃、午後 37℃
そして、僕が行った夕方の検温では、
36.5℃だった。

37℃未満の数字を聞くのは久しぶりだ。


熱が下がると同時に、
声出しも始まり、
表情も豊かになった。

20170601 
  (2017年6月1日)
しっかり僕をとらえた。

発熱が始まったころの、
青白い顔、無反応、呼吸・・・

どうなるのかと心配した。


カテーテルを抜いて、
針の先を培養検査に出したらしい。

MRSA感染症とのことだ。


MRSAとは「黄色ブドウ球菌」
どこにでもいる菌で、
僕たちの、皮膚、鼻、髪にも付着している。

健康な人は重症化しないが、
抵抗力のない人、

  ・ 大手術の後、
  ・ 大きな火傷を負った人、
    そして、
  ・ 血管内にカテーテルを入れている人

等は、重症化して、
敗血症、骨髄炎、髄膜炎等などに陥って、
命にかかわることも少なくないらしい。


抗生物質が効きにくい、
恐ろしい菌だ。


主治医が出勤する月曜まで待たずに、
宿直医が、適切な判断をしてくれたのが良かった。



原因も確定し、熱も下がって、
血液検査の結果も良かったので、
今日から、中心静脈栄養が再開された。

今の、低栄養の状態では、
水分だけの抹消点滴では、
すぐに体力がなくなる。

前回は、再開まで19日かかったが、
今回は1週間で始まった。


安心した。


心配だった。



感染からの発熱が、3回目だ。

Dr.から、中心静脈栄養は難しいと
言われるのを恐れた。

抹消点滴のままでは、
3か月の命だ。



またもや、
何度も行う、難しい判断を
しなければいけない。


僕の考えは決まっている。

呼べば振り向く。
僕の顔を見て、笑顔も出る。

花子さんが生きていることで、
周りの人が幸せに思う。

何度も危険な状態があったが、
復活する生命力がある。

力は失われていない。

まだまだ。



Dr.から判断を迫られたら、
延命をお願いした。


Dr.も、僕達家族の気持ちをわかり、
花子さんの状態、発熱の原因等から、
再開してくれたと思う。


良かった。



晩御飯。
最近、疲れやすく、ふらつくことがある。
貧血かもしれないんで、
鉄分たっぷりの小松菜と、ニンニク、鶏肉炒め。
もう一皿は、豆腐をごま油で焼いて、
その上に、缶詰めのタイカレーをかけた。
スナップエンドウと、サンチュは庭で採れた自家野菜。
栄養たっぷり。

気苦労のストレス解消には、美味い酒。
神奈川の相模灘。

小松菜 

2ヶ所のブログランキングに参加しています。
それぞれに応援クリック、お願いします。

   ↓       ↓
にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ