FC2ブログ
タブレット面会には、
週に一度、行っている。

呼びかけながら、
ビデオを回す。
その時々の表情を残しておきたい。

いろんな顔を見せてくれる。

先週の面会は、
ブログに載せられなかった。

表情も良くなかったが、
口の周り、
頬、髪形。
皆さんに見せるのには、躊躇。

今日は、顔つきがはっきりしていた。
呼びかけで、どこにいるのか目が動く。
タブレットでは、なかなか見つけてくれない。
何度か見たが、わかってくれたのか。

20210216 

今の状態をブログに載せると、

気〇ちが〇るい。
見てられなくてつらい。
そんな写真を見せて、奥さんかわいそう。

というコメントが時々ある。

僕は、花子さんの今の顔は、
精一杯生きている。
その、あかし。

とても美しいと思っている。

ちょっとした表情の変化で、
こんなにも、家族を喜ばしてくれる。

これまで危ないこともたくさんあったが、
いつも乗り越えてくれる。

こんな状態でも、感動させてくれる。
会うと幸せになる。
 
支えられているのは、僕だと思う。

2ヶ所のブログランキングに参加しています。 
それぞれに応援クリック、お願いします。 

   ↓       ↓ 

 にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ 
緊急事態宣言が発出され、
面会ができなくなってしまった。

これまでは、アクリル板越しの、
5分間の面会。

それが、タブレット面会に戻った。

LINEを使って、
家からも面会はできるが、
やはり、すぐ近くに行きたい。

施設の人にも、
家族の想いを知ってほしい。

それで、
洗濯物交換に行く、
週に一度、
タブレットで面会をしている。

いつもの面会室で待機。
花子さんと繋がるのを待つ。

顔が出てきた。
わかるかな~

認知症が進行した人にとっては、
平面に映るタブレットでは
認識が難しい。

でも、声は聞こえる。
分かってくれるか。

映し出された花子さんは
元気そう。
髪もちゃんと、とかしてくれている。
離床はできていなく、
ベッドから。
でも、ギャッチアップしてくれていて、
体が起きている。

20210126-1 

花子ちゃん、
お父さんだよ。
わかる?
会いに来たよ。

 
何度も声をかける、
そうしたら、
一瞬、体がビクッとして、
目を開いて、僕を見た。
 
20210126-2 

介護士が二人ついているらしい。
少し遠い声で、話しが聞こえた。
 
わかってますね~
 
そうだね!

 
と聞こえた。
 
急に、僕を見ながら、
泣き顔になる。
うわずった声も聴こえる。

  
20210126-3 
 
花子ちゃん、
なに泣いてんの。
泣くことないでしょ。
 

と言いながら
嬉しくなった。
 
今日は表情が豊かだった。

2ヶ所のブログランキングに参加しています。 
それぞれに応援クリック、お願いします。 

   ↓       ↓ 

 にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ 
昨日、神奈川県で、
緊急事態宣言が発出された。
それに伴い、
面会が禁止になってしまった。

予想されていたとはいえ、
やはり、ショックです。

5分間のアクリル板越しの面会でも
できる限りのリハビリを行っていたが、
すべてできなくなってしまった。

面会の時は、
呼びかけ、手をたたいて
少しでも僕を意識させる。

音楽を流し、
気持ちを穏やかにする。

そして、ここに時々載せているように、
僕と目を合わせる。

うめき声かもしれないが、
ほんの少しの声を聴く。

実は、リハビリは他にもあると思っています。

花子さんは、
週に2回の入浴以外は
ベッドに寝たきりだ。

褥瘡予防の体位変換はあっても、
ベッドから離れることはない。

でも、僕が面会予約をすれば、
面会の一時間くらい前から、
ベッドを離床し、
車椅子に移乗する。

そして、エレベーターのそばの
デイルームに連れてきてもらい、
待機をする。

僕が行くと、車椅子に揺られながら、
面会室。

5分経つとタイマーが鳴り、
介護士が来る。
玄関前まで先に行き、
僕の見送り。

その間、介護士が、

ご主人が帰りますよ。
また来てもらいましょうね。


と話しかけてくれる。

エレベーターに乗り、デイルームへ。

担当の介護士の手が空くまで、
デイルームにいる。
皆さんの声、テレビの音が聞こえる。

部屋に連れて行ってもらい、
抱えられながらベッドへ。

これが、すごいリハビリだと思っている。
僕が行かなければ、
寝たきりで一日過ごす。
行くことによって、体を動かし、
たくさんの人と触れ合う。

僕が面会に行くことで
介護士の皆さんの手を煩わせてしまう。

でも嫌な顔を見せることなく、
笑顔で対応してくれて、
コミュニケーションも取れる。

このリハビリがなくなるのは、
花子さんに会えないのと、
同じくらい辛い。

2ヶ所のブログランキングに参加しています。 
それぞれに応援クリック、お願いします。 

   ↓       ↓ 

 にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ 
先月26日に面会をしたとき、
新年の面会予約をしてきた。

今日が、今年初めての面会。
これまでは面会自由に出入りできたんで、
毎年1月1日に息子夫婦と行っているが、
今年は面会をできるのが4日から。

やっと会える。
待ちに待った面会だ。

面会室で待つと花子さんがやってきた。

眠たそう。

目がとろんとして閉じている。

声をかけてこっちを向かせようとするが、
なかなか見てくれない。

アクリル板がなければ頬をなでるのだが、
今は仕方がない。

ようやく薄目を開けた。
僕の方を見た。

20210105-1 

5分しかないので、
もっと呼びかける。

すると、花子さん、
顔をくしゃくしゃにして、
大きなクシャミ。

力強くて嬉しくなる。

20210105-2 

眠気が吹き飛んだんだろう。
目を開いた。

こっちを向いてくれた。

20210105-3 

クシャミをしたあと、
う~ん
とため息をついた。

声が聴けた。

僕への、ビッグプレゼント。

なんてったって、
今日は、僕の誕生日だ。

何か起こらないかなと思っていたが、
奇跡のお祝いをくれた。

2ヶ所のブログランキングに参加しています。 
それぞれに応援クリック、お願いします。 

   ↓       ↓ 

 にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ 
明けましておめでとうございます。
昨年は皆様の温かいご支援を頂き
ありがとうございました。
新型コロナウイルスも終息に向かい、
安心して会うことができ、
お酒が飲めることを願っています。 

今日は、二世帯住宅の
一階に住んでいる息子夫婦を呼んで
3人で新年会。

毎年書いているが、
我が家の雑煮は、けんちん汁。
鎌倉と横浜のごく一部では
これが定番。

昨夜から仕込みました。
いつもは買ってきたお節を用意するんだけど、
今年は、
豚の角煮と鰤の照り焼きを作りました。
お酒は頂き物の、我逢人。

20210101-1

20200101-2
5時からは高校時代の親友夫婦3組と
zoomを使って新年会。

これも毎年書いているけど、
22歳の時から
1月1日に欠かすことなく、
開いていた。

ぎりぎりまで、
集まるか悩んでいたけど、
zoomにしました

皆さんは夫婦で参加。

それぞれ料理と酒を用意して
呑みました。

施設の面会予約は5日に入れている。
去年は1月1日に行ったが、
それまで我慢です。

本年もどうぞよろしくお願い致します。

2ヶ所のブログランキングに参加しています。 
それぞれに応援クリック、お願いします。 

   ↓       ↓ 

 にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ 
12月26日に、
花子さんのところへ、
年内、最後の面会に行ってきた。

その日を逃すと、
来年まで会えないので、
無理にお願いして、
入れてもらった。

穏やかな表情をしている。


20201226 

髪をとかしてあげたい。
花子さんの枕元には、
口腔ケア7つ道具が置いてある。

11月の記事にも写真を載せた。
その中にある、一番端っこ。
寝ぐせ直しがある。
 
20180728口腔ケア7つ道具 

行くたびに、ケアとは別に、
スプレーして、
髪をとかしていた。

今年は、
新型コロナウイルス感染症の影響で
思いもよらない一年を過ごしました。

早く触れ合いたい。

来年、
一日も早く、
安心して会える日が来ることを願っています。

皆様にも会いたいです。
励ましをたくさんいただきました。
 
ありがとうございました。

良い年をお迎えください。

2ヶ所のブログランキングに参加しています。 
それぞれに応援クリック、お願いします。 

   ↓       ↓ 

 にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ 
今日はクリスマスイブなんですね

僕はクリスチャンではないが
なぜか、
この日は、
特別な日に感じる。

昨日、今日と、
家族会のお手伝いがあり、
出かけていた。 

今日は、午前中だけ。

家に帰ったのは、
2時を過ぎていた。

一生懸命帰ってきたが、

その時間で
花子さんの面会予約は

無理。

行くことはできなかった。

前回行ったとき、
施設からのプレゼント。

手作りの
クリスマスカード

20201218 

一人ぼっちのクリスマス。

寂しいけど、
カードを見ながら
たくさんのことを思い出し、
せめて、
ワインを開ける。
 
20201224 

2ヶ所のブログランキングに参加しています。 
それぞれに応援クリック、お願いします。 

   ↓       ↓ 

 にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ 
仕事をしている最中、
11時に施設から電話。

入浴を済ませたら、
花子さんが30秒ほど、
けいれんを起こしました。
そのあと、脱力状態で、
手足に力が入らなくなりました。

診察をしてもらった方がよいので、
これから、隣の病院へ連れていきます。
もし入院になると、
隣では空きベッドがないので
他の病院へ転送されるそうです。

ご主人は来ることはできますか。


突然の電話で、驚く。
今日は出かけていなく、
家で仕事をしていたので、
すぐ行くことにした。

焦らずに、お気をつけて来てください。

そうは言われたけど、
気を揉みながら、ハンドルを握った。

病院に着くと、
受付で検温、体調チェック、
事情を説明すると、
ホールとは別の待合室に案内された。
個室に花子さんと施設の看護師がいた。

事情を聴く。

少し落ち着いてきましたが、
まだ、手足に力が入らないです。


目は開いていて、顔色はそれほど悪くない。
でも、持ち上げた手がすぐに落ちる。

狭い個室なので、
僕は外で待つ。

CTを撮りに部屋を出て、
また戻ってくる。

採血、問診は、診察室ではなく、
個室に、医師、看護師が来て検査。

1時間ほどホールで待っていると、
看護師に呼ばれ、診察室へ行き
医師から説明を受けた。

脳、胸のCTを見ながら説明。

もともとアルツハイマー型認知症なので
脳の萎縮はありますが、
大きな脳梗塞とか脳腫瘍はなかったです。
脳が委縮して固くなってくると、
てんかん発作を起こす場合があります。
30秒ぐらいで治まる場合もあるけど、
通常だと3分くらいは続きます。
血液検査も、大きな異常はありませんでした。
肺も炎症はないようです。

可能性は高くないと思っていますが、
大脳に異常があって起こる
「症候性てんかん」があります。
もう一つは、
入浴後ということで、
一過性に血圧が下がり、
頭への血流が悪くなって
けいれんが起きることがあるので
その可能性が高いと思います。

今回初めてなので、
これから何回も起きるようであれば
治療を考えていってもいいでしょう。

経過を見るために、
無理して入院をする必要もないと思います。


安心した。
良かった。

待合室から花子さんが出てきた。
足を動かしている。
顔色も良い。

名前を読んだら、
僕の方を見た。

202012174 

ホールに行く。
いつもは患者がいっぱいいるのに、
がらんとしていた。

コロナの影響を感じる。

202012173 

外に出て、
隣の施設まで車いすで帰る。

花子さん、
久しぶりに外に出た。
青空を見て、
目を見開いた。

大きな目を見るのは久しぶり。
力強く開くことができるんだ。

202012171 

花子ちゃん
呼んだら僕を見た。

202012174  

電話があった時は
頭の中で、いろいろ、なことが駆け巡り、
たくさんの心配をした。
 
無事に回復して、
会えたのがうれしい。

このところ花子さんは
低空飛行ながらも、
大きな変化はなく
落ち着いていた。

今回のことで、
やはり、

いつ、
何が起こるかわからない。
強く思った。
 
脳の画像も、、、
見て、、改めて、、進行を感じた。

 
今日は午後から。
家族の会の、認知症カフェがあり、
ご家族を送迎する予定だった。
 
急遽、お休みをした。
 
夜、心配してくれた世話人から
電話をもらった。
励まされて、
嬉しかったです。

2ヶ所のブログランキングに参加しています。 
それぞれに応援クリック、お願いします。 

   ↓       ↓ 

 にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ 
僕が参加している、
「認知症の人と家族の会」の
活動3本柱は、
 
「つどい」「会報」「電話相談」
 
47都道府県の各支部が
それぞれ活動をしています。
 
先日、コールセンター研修がありました。
神奈川県支部では、
神奈川県と横浜市から委託を受けて、
日曜を除く、毎日相談を受けています。
 
そして、1月、8月を除く10ヶ月、
必ず電話相談員18名が集まって
研修会を行っています。
 
毎回、事例検討や講師を招いての勉強会。
今は外部から講師を招くことも出来ないので、
今月は僕が
「若年性認知症について〜介護、制度〜」
をテーマにお話をしました。

用意したのは
「若年性認知症と支援について」
(パワーポイント29スライド)
202012063
「状態の変化と制度活用」
202012062
「若年性認知症の人が使える社会資源」(7ページ)
202012064
この資料を使って、
2時間お話ししました。

『状態の変化と制度の活用』は、
花子さんが診断される前の
44歳から現在68歳までの
24年間を表にして、
症状に合わせて、
介護保険、制度、家族会を
一枚にまとめたものです。

この表を元にして講演をすることは
あまりないんだけど、
改めて色々な症状が出て、
たくさんの方の支援を
受けたのを感じました。
内容いっぱいに詰め込みすぎたので、1
20分の時間が足りず、
またまた早口で
終わってしまった😅


会場は、横浜市健康福祉総合センター、
横浜みなとみらいが
広がっていました。
(FBより)

20201206




2ヶ所のブログランキングに参加しています。 
それぞれに応援クリック、お願いします。 

  ↓       ↓ 

 にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ 
今日の面会は良かったな~
嬉しかった。

面会室で待っていると、
花子さんがやってきた。

声をかける。

部屋に入るなり、
泣き始めてしまった。

20201205泣き顔 

大きな泣き声。
2月に面会ができなくなって以来、
久しぶりに聞く声。

昔々、笑ったり、泣いたりしたころと、
変わらない声。

そのまま。

花子ちゃん、
どうしたの?
お父さんだよ!
わかる?
スリブリ花子さん!!


手をたたきながら、
アクリル板越しに、
大きな声で呼ぶ。

だんだんと、泣き顔がやむ。

20201204泣きやむ 

お父さんだよ。
会いに来たよ。
わかる。


なんと、
僕の方を見た。
まちがいがなく、視線が合った。

花子ちゃん、わかるんだ!
嬉しいよ。


20201205目が合う 


そして、また、
大声で泣き始めた。

20201205そしてまた泣く 

何を思って、
何が悲しくて、泣いてるんだろう。

この4枚の写真、
ビデオで撮った、1分30秒の画像。
ほんの短い時間に
たくさんの表情を見せてくれた。

廊下で、タイマーのチャイムが鳴る。
5分間の面会の終わり。

相談員の方が入ってくる。
一緒に、介護士の人も。

すごいですね。
花子さん、声を出しましたね。
ご主人のことわかってますね。


花子さんの声を始めて聴きました。
びっくりしました。

20201205相談員と 

相談員が手をさすったら、
少し落ち着く。
ずっと僕を見ている。



花子さんが先に部屋を出る。
廊下で見送ってくれた
花子さんの泣き声が響く。

玄関を出て、
僕も泣いてしまった。


(この画像、
 YouTubeでアップしたいけど、
 技術がないです)

2ヶ所のブログランキングに参加しています。 
それぞれに応援クリック、お願いします。 

   ↓    ↓ 

 にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ