この前の日曜日、
買い物ついでに、少し足をのばして、
お寺へ行ってきた。


最近、お寺に行くことが多いな~
先週、机の奥にしまいこんでいた「御朱印帳」を取り出したんで、
また、集め始めようかな、と思い。


それに、静寂な感じがなんとも良く、
心が休まる。
行けるうちに、たくさん写真を取っておきたいし。


飯山観音


山の方に行ったので、帰り道は、
田んぼ、畑道を通る。
農家の無人販売所がそこいら中にあり、
新鮮な野菜を買ってきた。


茄子、ピーマン、玉葱、長ネギ、ジャガイモ。
どれも、一山100円。


こういうの、好きなんだな~


ついでに、袋に入った栗を買う。
米屋さんで新米を買ったばかりなので、
これは、栗ご飯にしようと。


夜中に、栗むきをする。
生の栗をむくのは始めて。
なんて、大変な作業なんだ!


栗むき


昔、お袋は良く、栗ご飯を作っていたっけ。
茨城の母も、遊びに来たとき、
お重に入れた、栗おこわを
持ってきてくれた。
こんな苦労をしながらむいていたんだ。


30~40個むいて、手が痛くなり、やめた。
翌日、晩ご飯に、新米五合で炊き込む。
下の両親にもおすそ分け。
余ったごはんは、冷凍へ。
今度、息子が帰ってきたら、食べさせてやろう。


すごく美味しくできました。


栗ご飯


ブログランキングに参加しています。
応援クリック、お願いします。
    ↓
banner_03.gif

休みが明けても、忙しいのは、毎日同じ。
この忙しさと、儲けが比例してくれればいいんだけど・・・

昼は、何もなかったんで、チョコッと出かけて、
パンを買ってきた。
そんな時に限って、
調子が悪いらしく、何も食べない。
一瞬、ガクッとするけど、
ここんとこ僕も慣れたもの。
他の事を考えて、気を紛らわせ、
自分の気持ちを落ち着かせる。
切り替えが、わりと早くできるようになった。
一声かけて、また仕事。

最近、夜は外食や、買ってきたものが多かったんで、
何かを作ろうと思った。
でも、時間がないので、

簡単なもの何かないかな~
と思って、休憩時間にパートさんに聞きました。
前、ビーフシチューを教わって、うまく作れたんでね。

      ↓
http://suriburi.blog37.fc2.com/blog-entry-73.html

  豚肉をコーヒークリーム(ポーション)につけると、
  柔らかくなるのを知ってます?
  あと、電子レンジを使って、ポテトサラダを作ると
  すごく簡単にできますよ。


うちのパートさんは、「伊東家の食卓」みたいな人が多い。
それに決定。

仕事を終えて、
7時半から買い物。
豚ロースの厚切り、コーヒークリーム、ハムを買い出し。
8時から、料理開始


  まず、コーヒークリーム小さなパックを5個あけて、
  豚肉を漬け込む。
  その間に、ゆで卵2個作って、ジャガイモ3個とニンジン半分をチン。
  ニンジンは先に出して、薄切り。
  ジャガイモは、皮をむいてつぶす。
  そこに、胡瓜、ハム、ゆで卵を切って混ぜ、
  塩、胡椒、そしてマヨネーズたっぷりで、出来上がり。
  肉に、塩胡椒を強めに振り、
  ニンニク1かけをスライスして油いため
  そこに豚肉を入れて焼く。
  取り出してから、フライパンにしょうゆと、玉ねぎをすって入れ、
  肉にかけて出来上がり。


30分ちょっとでした。
隣に、優秀な助手(かみさん)がいたからね。


出来たのがこれです。
ポークソテー

ロースを一人2枚
この写真を見せたら、花子さん、

女の子みたい。
だって、
そういわれると、
ニンニクチップが目になってる。


食べてる時、かみさんも息子も無口なんで、
自分で自分を誉めながら食べました。


この下の4月30日と5月5日に関連記事があります。

ブログランキングに参加しています。
良かったら、応援クリックお願いします。
    ↓
banner_03.gif




テーマ:日常
ジャンル:福祉・ボランティア
banner2.gif

人気ブログランキングに参加してみました。
もし良かったらクリックをお願いいたします。
友達の奥さんから教えてもらいました

コスモス女性クリニック院長 野末悦子先生が書かれた、
更年期を快適に過ごすための10か条です。


1. いい友達を持つ
  愚痴を聞いてもらうだけで気分転換になる

2. 家族との関係改善
  夫や家族とコミュニケーションをよくする
  上手く子離れをする


3. あるがままの自分でいる
  無理していい格好をしたり、頑張るのをやめる

4. 体を動かす
  お奨めは水泳、ウオーキング

5. 生きがいをもつ
  だれかの役に立つことをすると、自分もうれしい

6. おしゃれをする
  おしゃれ心は若々しさのもと

7. 健康診断を忘れずに受ける
  「元気だから受けなくても平気」ではだめ

8. 睡眠をきちんととる
  睡眠不足は体の抵抗力を落とす

9. バランスの取れた食事をする
  病気は食事と関係が深い

10. 新しいことにトライする気持ちを持つ
  先は長い。「もう年だから」は禁句

う~~ん
逆のことをやってるな~
テーマ:鬱病
ジャンル:心と身体
平成13年11月6日
パニック障害(と思い込んでいた)の薬はもらっているんだけど、
発作がおさまっていたので、ついつい薬を飲んだり飲まなかったり。
でも、頭痛、目まい、食欲不振、だるさなどがあったんで、
更年期障害が穏やかになる方法はないかと探していました。

この頃は、かみさん元気でした。
近所の人から、F市(家からかなり遠い)にある
S神経クリニックの評判を聞き、行ってきました。
診察をしてもらったら、
更年期もあるが、高血圧症とのことでした。
薬を飲めば血圧が落ち着いて楽になる。というのを聞いて、
帰ってきてうれしそうに報告していました。
通うのは大変なので、Tクリニックに話して血圧の薬を出してもらいました。
精神的なものもあるのか、
しばらくの間は楽になったようです。


Tクリニックで検査をしてもらえればわかったのに、
と思いましたが、
まあ、専門じゃないから。
と言うことで、その頃はそんなものかと思っていました。

血圧の薬は今も飲み続けています。


平成12年頃
薬は飲み続けてるけど、
なんだか体調が優れない。
頭痛、だるさが強く体が思い。

かみさん一人で病院に行ってるんだけど、
忙しい病院で、
予約しても待たされることが多く、
薬をもらうだけ。
一緒にいって話を聞こうとしたが、
不思議なことに、このTクリニックは家族同伴がだめ。
手紙を下さいと言われる。
結構評判の良い病院なんですけどね。

始めの頃から、医療費がタダで、不思議に思いながら、
その頃は32条
精神保健福祉法第 32 条に 「通院医療費公費負担制度」
申請をすると、すべて公費でまかなわれます。一度判を押したらしい)

のことも知らずに、
病院は変われないと思っていました。

パニック症状も出なく、薬の影響で、飲み始めてすぐ(平成8年)から生理もなくなり、
更年期障害だと思ってました。
時期が過ぎれば直ると、その頃は気楽に考えていました。


テーマ:鬱病
ジャンル:心と身体
平成8年6月
自律神経失調症と言われ、その後は症状が出なかったのですが、
突然襲ってきた恐怖が不安になるようです。
倒れたときは死ぬかもしれないと思ったみたい。

しばらくしてから新聞の折り込み情報誌に
「パニック障害」の記事が載っていました。
当時は、まだあまり知られていない病気です。
読んで見ると凄く似た症状。
筆者は近くの心療内科の先生。
次の日、早速行ってみました。
診断はやはり、パニック障害。
薬を飲めば大丈夫です。
ということで通院を始めました。
平成8年5月 
夜、急に息苦しくなって横になりました。
体がこわばりうなっています。


救急車を呼んで・・・

はじめは冗談かと思いました。
僕もかみさんも健康で、
これまで救急車なんてお目にかかったことないし、


大丈夫だよ

と声をかけ、様子を見ようと思いました。

救急車・・・

とつぶやきます。
これはただ事じゃない、


本当か?本当か!

うなずいているので、119番しました。
すぐに救急病院に運ばれました。
でも、病院の待合室に座っていると、
落ち着いてきた様子。
診察を受ける時には普通に戻っていました。

自律神経失調症でしょう。
様子を見ましょう

といわれ、そのまま帰りました。

ここから病気の始まりです。