平成17年11月月29日
3月ごろから、朝、昼、晩の食事は僕が作っています。
2世帯住宅で、1階が親。
そこが会社(親と二人の会社)なんで、週に1~2回は外に出るんだけど、それ以外はいつも家にいます。

昼飯も作る。
仕事が終って、7時くらいから買い出し。
8時くらいから料理をして、9時に食事。
最近は手際も良くなり、一度に2つのガス台を操作できるようになった。
買い物に出ると二日分の食材を買っておく。
今日は昨日買った牛肉ですき焼き。
7時過ぎに行くと、だいたい半額なんで奮発して、元値1,800円の牛肉を2パック。
気合いを入れて作りました。
そんな時に限ってかみさん、食わないんだな~
作っている間寝ていて、呼んでやっとおきた、
息子と二人で食ってるんだけど、1回も箸をつけない。
しばらくしたらまたベット。
一気に力が抜けてしまう。
呼んでも来ないんで、仕方なく片付け。
洗い物を始めたらおきてきてお菓子を食い始めた。
そりゃないぜ。

仕方ないとわかってるんだけど、
僕も若いな~
その時はカリカリしてしまう。
そのまんま犬と散歩に出かけたら
もう寝てた。

本人は体が言うこときかないんだから。
理解はしてるんだけど、その場になると感情が出てしまう。
押さえないとね。


良かったらクリックお願いします。
    ↓
banner_03.gif
平成17年11月28日
今日、ケアマネージャが来ました。
朝のうちに電話を頂き、2時頃になるとのことでした。
昼の食事を作ってから、食べながらそれとなく、来ることを言いました。

なんで~?
案の定、顔が急に暗くなりました。
それから気持ち悪いとか言って寝てしまった。

ピンポン
出てみると、年配の良さそうな人です。
ちょっと安心。
かみさんを起こし、3人で話をしました。
もともと積極的な方じゃないんで、下を向いてほとんど話をしません。
でも、ベテランマネージャーが上手に話しをしてくれたので、多少笑顔も見えました。
かみさんはほとんど外に出ることなく、他の人と話すこともないので、デイサービスを勧められました。
契約を交わし、これからお任せしようと思います。

本人がどれくらい前向きになってくれるか不安があります。


banner2.gif
banner2.gif

人気ブログランキングに参加してみました。
もし良かったらクリックをお願いいたします。
平成17年11月27日
明日、初めてケアマネージャーが来ます。

8月8日に介護申請をして、9月12日に「要支援」の認定を受けました。
すぐに介護支援事業者と契約をしたかったんですが、
かみさん、他の人が家に入ってくること、そして他で支援をしてもらうことに
強い拒否反応があり、
その話をしただけで具合が悪くなっていました。
このところ調子が良く、時々買い物にも出れるようにもなったんで、
しばらくは様子を見ようと思っていました。

先月、中学時代のクラス会があり、
その時、親の介護の話で盛り上がりました。
僕の家の現状を話したら、
認定を受けたならすぐにケアーマネージャーに相談したほうが良い。
自分ですべてを背負っていると、自分自身と家族が壊れる。
手助けをしてもらったほうがいい。
と皆から言われました。

その後、その中の一人から何度も電話をもらいました。
親の介護で、大変な思いをしているそうです。
その友人から、今担当してもらっているケアマネージャーは
看護婦長の経験もあり、親身になって相談に乗ってくれる人なので紹介する。
と言ってくれました。

明日来ます。
かみさんにはぎりぎりまで言わないでおきます。

ボジョレーヌーボ


昨日、高校時代の親友夫婦5組、10名で
ボジョレーヌーボを飲む会を開きました。
ワイン10本を持ち込み、友達の家で。
写真は冷蔵庫に入っていた2本を撮り忘れ。


メイン料理は上海蟹。
20051127142747.jpg

わざわざ中華専門卸売り屋さんへ行ったらしい。
生きている大ぶりの蟹を雄、雌各3杯ずつ買ってきた。
結んでいる紐がほどけて、蟹が暴れて大騒ぎ。
蒸して、食って、美味かった~
他にも、鯛のカルパッチョ、手造りピクルス、チーズ、その他モロモロ。
ワインはすべてあけてしまった。

かみさんは、この連中と会っているのが一番楽しいみたい。
もう30年以上の付き合い。


でも、途中、顔が真っ青になって、倒れるように横になってしまいました。
酒は強いんだけど、熱気と、とっかえひっかえ飲んだからかな。
みんな具合の悪いところを始めてみたんでびっくりしたみたい。

1時間ぐらい寝たら復活しました。
さかのぼります
平成14年9月20日
気がめいることが多く、前のような元気がなくなってきています。
食事も取れなかったり、物忘れも多い。
買い物に行っても同じものばっかり買ってくる。
毎回、インスタントコーヒーとコーンスープ。
いまだに在庫ある (^_^;
3日続けて、ブリの照り焼き、まあ好きだからいいんだけど。
パニック障害、更年期障害にしては変だと思い、
予約をして、一緒に病院へ行くことにしました。
そうしたら、
鬱病なんだって!
ずいぶん前から鬱病の薬を出しているとのこと。
全然説明ないんだもんな~


今までは更年期障害だと思っていたので、
時間が解決、と気楽に考えてた。
この頃から、薬、病状も控え、一緒に向き合うようになりました。

テーマ:疲れた心
ジャンル:心と身体
友達の奥さんから教えてもらいました

コスモス女性クリニック院長 野末悦子先生が書かれた、
更年期を快適に過ごすための10か条です。


1. いい友達を持つ
  愚痴を聞いてもらうだけで気分転換になる

2. 家族との関係改善
  夫や家族とコミュニケーションをよくする
  上手く子離れをする


3. あるがままの自分でいる
  無理していい格好をしたり、頑張るのをやめる

4. 体を動かす
  お奨めは水泳、ウオーキング

5. 生きがいをもつ
  だれかの役に立つことをすると、自分もうれしい

6. おしゃれをする
  おしゃれ心は若々しさのもと

7. 健康診断を忘れずに受ける
  「元気だから受けなくても平気」ではだめ

8. 睡眠をきちんととる
  睡眠不足は体の抵抗力を落とす

9. バランスの取れた食事をする
  病気は食事と関係が深い

10. 新しいことにトライする気持ちを持つ
  先は長い。「もう年だから」は禁句

う~~ん
逆のことをやってるな~
テーマ:鬱病
ジャンル:心と身体
平成13年11月6日
パニック障害(と思い込んでいた)の薬はもらっているんだけど、
発作がおさまっていたので、ついつい薬を飲んだり飲まなかったり。
でも、頭痛、目まい、食欲不振、だるさなどがあったんで、
更年期障害が穏やかになる方法はないかと探していました。

この頃は、かみさん元気でした。
近所の人から、F市(家からかなり遠い)にある
S神経クリニックの評判を聞き、行ってきました。
診察をしてもらったら、
更年期もあるが、高血圧症とのことでした。
薬を飲めば血圧が落ち着いて楽になる。というのを聞いて、
帰ってきてうれしそうに報告していました。
通うのは大変なので、Tクリニックに話して血圧の薬を出してもらいました。
精神的なものもあるのか、
しばらくの間は楽になったようです。


Tクリニックで検査をしてもらえればわかったのに、
と思いましたが、
まあ、専門じゃないから。
と言うことで、その頃はそんなものかと思っていました。

血圧の薬は今も飲み続けています。


僕は友達に恵まれています。
中学、高校、仕事仲間、インターネット、趣味仲間
たくさんの人たちに助けられていると思う。
自分自身、
意志薄弱、優柔不断、無知無学、悪戦苦闘、その他モロモロ(^_^;
そんな性格なんで、
みんなが助けてくれます。

高校時代の親友6名、
22歳のときから、毎年1月1日に新年会をやってます。
初めは男だけ、それが彼女を連れ、奥さんになり、
次は子供連れ、最近は孫まで、
毎回20人を超えます。
それぞれの家を持ちまわり。
ここんとこ、月に一度は会ってるな。
家族付き合いで、何でも話せる親友達です。
かみさんも、この連中と会うのを楽しみにしている。

中学時代の同級生。
10年位前に同窓会をやりました。
どういうわけか、地元を離れず、みんな近くにいる。
それから、年3回くらいずつ集まってます。
今月、11月13日もありました。
男女5名ずつの10名集合。
今回の話題は、健康と介護で盛り上がった。
すごく助けてもらいました。
この話は後ほど。

インターネットグループも二つあります。
10年位前か。
まだ、掲示板、オフ会なんて一般的でない頃、
ある料理屋の掲示板に集まった人たちでオフ会を開きました。
今もその中の3人とは良く会って相談に乗ってもらいます。

現在進行形のYahooの掲示板。
初めから家族のことを書きあっていたので、
7月に皆さんと会った時から親戚付き合いです。
愚痴を言っては励まされています。

仕事関係でも元気をもらっています。
異業種交流会というのに入っています。
同業者だと利害関係ができるので、
異業種で集まり、情報交換をして、
もの作りに役立てよう、というものです。
その中で、気の合った6人と「美味いもの交流会」
何ぞいうものを作って、
1、2ヶ月に一度集まり、
美味しい料理と酒を飲んでいます。
僕以外は、全員社長さん。
すごく刺激があり、勉強になります。
この人達と話をするだけで、
前向きになれる。


他にもたくさんの人たちに助けてもらっています。

親身になってアドバイスをしてもらい、励まされ、勇気と元気、そして楽しみももらってます。
皆さんに感謝です。
平成12年頃
薬は飲み続けてるけど、
なんだか体調が優れない。
頭痛、だるさが強く体が思い。

かみさん一人で病院に行ってるんだけど、
忙しい病院で、
予約しても待たされることが多く、
薬をもらうだけ。
一緒にいって話を聞こうとしたが、
不思議なことに、このTクリニックは家族同伴がだめ。
手紙を下さいと言われる。
結構評判の良い病院なんですけどね。

始めの頃から、医療費がタダで、不思議に思いながら、
その頃は32条
精神保健福祉法第 32 条に 「通院医療費公費負担制度」
申請をすると、すべて公費でまかなわれます。一度判を押したらしい)

のことも知らずに、
病院は変われないと思っていました。

パニック症状も出なく、薬の影響で、飲み始めてすぐ(平成8年)から生理もなくなり、
更年期障害だと思ってました。
時期が過ぎれば直ると、その頃は気楽に考えていました。


テーマ:鬱病
ジャンル:心と身体
今は、これまでの症状の紹介ですが、
薬をず~ッと控えてたので、
先走ってアップしました。

平成8年から通院していたのですが、
初めの頃は控えていなかったため、
平成14年からの履歴になります。
病院は、Tクリニック、Nクリニック、D病院と3箇所変わりました。
途中、他にも2院行ったのですが、
相性が良くなかったので、すぐに止めました。

今までの症状はさらっと流して、
早いとこリアルタイムになるよう追いつかなければ。

ここ2週間くらいは安定していて、良くなったのではと思うくらい。
アリセプトが効いてるのかな。
あと、季節が落ち着いてきたからかも。

D病院薬履歴3  
   ↑ 
クリックをお願いします。表が出てきます。
平成17年3月22日~ 現在


アルツハイマーと診断される前は、
心療内科の、Nクリニック、Tクリニックに通院していました。


この前の記事に、それぞれ貼り付けてあります。


Tクリニック薬履歴 (平成8年8月~平成17年2月)


Nクリニック薬履歴 (平成17年2月~平成17年3月)


 


 


 

Nクリニック薬履歴
   ↑ クリックをお願いします。表が出てきます。

平成17年2月23日~平成17年3月19日
テーマ:鬱病
ジャンル:心と身体
Tクリニック薬履歴
   ↑ クリックをお願いします。表が出てきます。

平成8年8月~平成17年2月
テーマ:鬱病
ジャンル:心と身体
平成8年6月
自律神経失調症と言われ、その後は症状が出なかったのですが、
突然襲ってきた恐怖が不安になるようです。
倒れたときは死ぬかもしれないと思ったみたい。

しばらくしてから新聞の折り込み情報誌に
「パニック障害」の記事が載っていました。
当時は、まだあまり知られていない病気です。
読んで見ると凄く似た症状。
筆者は近くの心療内科の先生。
次の日、早速行ってみました。
診断はやはり、パニック障害。
薬を飲めば大丈夫です。
ということで通院を始めました。
平成8年5月 
夜、急に息苦しくなって横になりました。
体がこわばりうなっています。


救急車を呼んで・・・

はじめは冗談かと思いました。
僕もかみさんも健康で、
これまで救急車なんてお目にかかったことないし、


大丈夫だよ

と声をかけ、様子を見ようと思いました。

救急車・・・

とつぶやきます。
これはただ事じゃない、


本当か?本当か!

うなずいているので、119番しました。
すぐに救急病院に運ばれました。
でも、病院の待合室に座っていると、
落ち着いてきた様子。
診察を受ける時には普通に戻っていました。

自律神経失調症でしょう。
様子を見ましょう

といわれ、そのまま帰りました。

ここから病気の始まりです。