1月3日の朝日新聞で、新しいシリーズが始まりました。
「鑑賞してますか」
1回目のテーマは「泣きたがるニッポン人」

本文の第1行目に、

公開中の「私の頭の中の消しゴム」が、韓国映画としては、
「シュリ」もヨン様の「四月の雪」も超え、
日本で最高の興行収入30億円を記録している。
ヒロインが若年性アルツハイマー病にかかり、
恋人との記憶も失ってゆく悲話。
泣かせ映画の横綱格だ。

と書いてありました。

記事は、感動=泣かせで打算的ということなんだけど、
始めの一節に書かれた「若年性アルツハイマー」で止まってしまった。

ここんとこ「若年性アルツハイマー」と言う言葉が一人歩きしている。
病気が認知され、みんなから温かい目で見てもらえるのは良いかもしれないが、
実際に病にかかった人と、介護する人は大変な思いをしている。
僕なんか、まだまだ介護とは言えず、
今は、相談相手程度。
それでも、いつも悩み、辛い思いをしながらアタフタしている。
これから先のことを考えると不安が大きい。
最近、介護にたずさわっている方たちのブログを読まさせてもらってます。
皆さん、ブログでは明るいんだけど、現実は本当に大変だと思う。

映画はどんなふうに作ってるのかな。
見てみたいとは思うけど、
ちょっと怖い。
自分に置き換えると、たぶんボロボロに泣いちゃうんだろうな。
第一、あんなにかっこ良い二人じゃないけどね。


良かったらクリックお願いします。
    ↓
banner_03.gif



テーマ:モノの見方、考え方。
ジャンル:心と身体