昨年末、福祉保健センターの保健師さんから
デイサービス施設見学のご案内を頂き、
保健師さん、ケアマネージャーさんと3人で行ってきました。

ホントは、かみさんが見れば一番いいんだけど、
どうも、「介護」と言う言葉を聞いただけで、拒否反応。
世話にならなくてもいい。ってのが強くてだめ。
家にいれば不自由ないからね。

2件行きました。
1件目は、要支援、介護1の人対象の(うちは要支援)
家庭的な雰囲気の施設。
利用者5人を、職員4人でお世話している。
食事も自分達で買い物、料理して、
和やかに過ごしてる。
うちから歩いて3分ぐらい。
1軒家で、去年12月に出来たそうです。

もう1件は、近代的な大きな施設。
特別養護老人ホームも備えていて、
デイサービス、ショートステイもやっている。
クラブもたくさんあり、陶芸、囲碁、俳句、絵、音楽等々
楽しめるサービスが充実してる。
きれいで明るい。

病院の先生からは、診察のたびに、
デイサービスを勧められている。
今はお友達が、犬とテレビだけ。
他の人と会話することがないし、
僕と犬の散歩に夜出る以外は、外に出ない。
人と触れ合うことが一番大事。

ケアマネージャーさんから、

アルツハイマーの人は、
自分がもうこれ以上何も出来ないと思ってしまうけど、
これから出来る可能性はいっぱいありますよ。
デイサービスに来て、楽しみを見つけてもらいたい。
始めの一歩を踏み出すときは、
後押しをしますよ。

と言ってもらえた。

無理やり、嫌がってるところを連れて行って、
かえって嫌いになってもいけないし。
あとは、かみさんをどうやって連れて行くかだな~
難しい・・・


ブログランキングです。
1票、よろしくお願いします。
ここをクリックしてもらえるとありがたいです。
    ↓
banner_03.gif

テーマ:今日の出来事
ジャンル:心と身体