今日は2ヶ月に一度の診察日。
10時半に病院へ行きました。

ここんとこ調子がいいんで、文句言わずに行く。
それから、ドクター。
始めての診察の時は、
認知症かどうかの問診だったので、
矢継ぎ早の質問が、おっかなかったみたい。
ちょっと嫌ってた。
でも、本当は優しい先生。
最近は、心配してくれるのが伝わってきて、笑顔で話している。

(ここのセンターでは一番偉い部長先生。
 なんたって、入院してた時、
 「白い巨塔」の教授みたいに、一番前を歩って回診してた)

診察室に2人で入る。
どうですか?
調子がいいです。
食事は摂れてますか。
はい。
今日は幾日ですか。
???
買い物とか料理はやっていますか。
お父さんが全部してくれます。

まあまあ無難に答えてる。

ご主人、今奥さんが言われたのを聞いていてどうですか。
最近は具合が良くて、洗い物をやってくれます。
洗剤、片付けはわかりますか。
片付けができないけど、前から比べると大分良くなってます。
薬(アリセプト)が効いてるのかもしれませんね。
薬と、気候だと思います。
毎年冬は良いですけど、3月から4月の春先にかけて、
急に悪くなるので、少し心配してます。

悪くなったら又入院して、様子を見ることもできますよ。

ゲゲゲッッ
禁句!!

「入院」の一言で、かみさん急に顔色が悪くなった。
診察室を出てから元気がなくなる。


又入院するの~
もうやだ~
病院行かない~

先生は、入院して良くなったのが頭にあったんで、
軽く言ったのだと思う。
入院の時の担当は別の先生だったから、
あまり気にしてなかったみたい。
でも、かみさんにとっては地獄のようなもの。

頭の中に「入院」の二文字がこびりついて離れない。

大丈夫だよ、悪くなったときの仮の話だから。
今だったら入院することなんてないから。


まあ、納得してくれたみたい。
昼に寿司を食べて、機嫌よく帰りました。


ブログランキングに参加しています。
もし良かったらクリックお願いします。
    ↓
banner_03.gif