先週から始まった、新聞の連載特集

「若年認知症を生きる」
昨日は第2回目でした。

  当時、57歳のご主人と55歳の奥さん。
  ご主人は、小さなプラスチック工場を経営してます。
  奥さんも一緒。
  言動がおかしく、掃除や料理ができなくなっているんで、
  病院に連れて行ったら、アルツハイマーと診断されたそうです。
  そこから、現在までの3年間の苦労が記事になっていました。
  朝は着替えから。
  袖の通す場所を教えながら食事の支度。
  毎日分刻みのスケジュール。
  介護を理由に、地域の役員をやめる。
  周囲は腫れ物に触るような態度で、付き合いは減る。
  奥さんが働けなくなったんで、人を雇う。
  通院や介護の間、自分も働けない。
  経済的負担。
  「体は元気だから介護はこの先20年続く
  だんだん症状が進んでいくのに、
  どうやって生活していけばいいのか・・・」


まるで、うちのよう!!

でも、ご主人は
昨年8月から介護ヘルパー2級の資格を取るために、
通学を始めてるそうです。


  「いずれは家内を施設に入れなきゃならない。
   そこで働きながら、家内を見られないかと思って」


涙が出てきた。

50代の働き盛りの夫婦の、どちらかがアルツハイマーになると大変。
子供たちはまだ面倒見れない。
親に言うのも逆。
仕事をしなければ収入はないので、両立させる。
一息つけるところがなくて、二人で疲れる。


うちはまだ、生活の介助をしなくてもいいので助かる。
買い物、料理、掃除・・・ 
家事なんて、慣れればどうってことない。
今の状態を維持できて、これ以上進まないのを願うだけです。


ブログランキングに参加しています。
もし良かったら応援クリックお願いします。
    ↓
banner_03.gif


前回の日記はこちらです。
    ↓
http://suriburi.blog37.fc2.com/blog-entry-89.html