土日のお墓参り旅行。
一族郎党なので、8人乗りのレンタカーを借りました。

僕と弟は一番前の運転席、運転変わりながら、お互いにナビ。
真ん中の列に両親と姪っ子。
後列に、かみさんと弟の嫁さんと子供。
子供は、まだ4歳。
すごく元気で明るい子。
かみさんと、ず~っと笑いながら話してた。
かみさんが子供と遊ぶ姿、久しぶりに見る。


誰も、アルツハイマーだなんて思わないだろうな。
僕でさえも、勘違いするほど。


お墓参りが終って、旅館へ直行。
早めに入ったんで、食事までは別行動。

僕たちは、まずお風呂に行きました。
22種類のお風呂があるという温泉旅館。
一人で行かせるのが心配だったんだけど、
女湯に入るわけに行かないんで、
入口で別々。
ゆっくり、のんびり疲れを取って出たら、
もう、かみさん外で待ってた。

かみさん

下着がなくなっちゃった。
中にあるよ。もう一回見てきな。
ない~
と言って出てきた。
みると、着替えて羽織っていたタンゼンも着ていなく、ユカタだけ。


タンゼンと一緒にあるはずだから、もう一回見てきな。
やっぱりないよ~
と言って戻ってくる。
僕が行けば、すぐわかるんだけど、女湯の脱衣所だし・・・
しょうがなく、部屋に帰ろうとしたら、
ちょうど、掃除の人が来たんで、見つからないのを言うと、
すぐに探して、一揃え持ってきてくれました。

その時は、しょうがないな~と言って笑って済ましたけど、
一日たった、今思うと。。。


風呂から上がって、着替えた場所を忘れたんたんだと思う。
とりあえず、目の前にあった浴衣だけ着て出てきたのでは。
30分ぐらい前の記憶が抜けてしまったのだろう。

やはり、現在進行形かな・・・


ところで、勝手に着てきてしまったかもしれない、浴衣の持ち主様
本当に申し訳ありませんでした。
(靴下だけは自分のを履いていたんで間違いないと思うんだけど、
 今になって、不安)



ブログランキングに参加しています。
良かったら、応援クリックお願いします。
    ↓
banner_03.gif


テーマ:介護
ジャンル:福祉・ボランティア