診察の終りに先生から、

では、次回も2ヵ月後でいいですか
ハイ
では、7月21日にしましょう。
その日はちょうど、家内の誕生日です。
そうですか、では帰りに美味しいものでも食べてください。

なんとなく、いい気分で診察室を出た。
会計で待っている時、

お前の誕生日いつだっけ?
7月21日
よくわかるじゃん
自分の誕生日くらい当たり前でしょ。
じゃあ、僕のは?
1月・・・
いつ?
わからない。
5日だろ。じゃあ、タロウのは?
  (息子の名前にしました。特に意味はありません ^_^)
16日。
何月?
わからない
8月だろ? 日にちだけ言う方が難しいぞ。
ハハハハ


これ以上続けると、むっつりし始めるので、
笑ってるうちにやめました。
ただ、毎日の中で、こんなことを少しずつやってみようかと。


帰りの楽しみ。
終るのがいつも昼時。
この病院のすぐ近くの商店街は、
市場みたいなとこ、
実際、午前中は、飲食店の買出しの人で一杯。
安くて美味い食べ物屋さんもいっぱいあるんです。


前回は、寿司、その前は石焼ビビンバ、蕎麦、天丼・・・
花子さんも楽しみにしている。
僕はもっと楽しみにしている。

さあ、今日は何にするか。
まずは、明日の朝食用にパン屋さんへ。
ここも、美味いんだ。
かみさん、サンドイッチを取る。

今日は、この後食べに行くから、他のにしたら。
あっ、そうか。
置いて、一周。
見たらまた、サンドイッチがのってる。
そんなにいいの?じゃあ、これ買って、家で食べる?
うん。


目の前に、うな丼がぶら下がってたのに・・・
腹が減ってたんで、ちょっと不機嫌。


でも、帰って食べたサンドイッチも美味かったんで、
許しました。





ブログランキングに参加しています。良かったら、応援クリックお願いします。
    ↓
banner_03.gif
テーマ:介護
ジャンル:福祉・ボランティア