今日も、若年性認知症の番組をやってましたね。


フジテレビ、夕方のニュース番組。
新聞のテレビ欄を見たら、


「悲劇の宣告・・・その時妻と夫の若年性認知症。日に日に悪化・・・
 61歳妻、夫が家事と介護に専念。突然の発症で、人生激変。
 渡辺謙さん涙の訴えも。壮絶密着。」


テレビ欄の小さいスペースに
よくも、まぁ、詰め込んだな~ 

最近、若年認知症が、よく取り上げられています。
残念ながら、その時間に見れていないんです。
ビデオは撮ってあるんだけど。
かみさんと二人で見れなくて。
花子さん、まだ、拒否反応が強く、
見ているうちにどんどん落ち込む。
どの番組も、始めは症状の紹介から始まって、
だんだんと前向きに持っていって、
最後は希望を持たす。


でも、始めの、進行した症状の段階を
自分に置き換えてしまう。
そこで、もうだめ。
後半まで見る気力が持たないんです。

今日の番組は、18時15分ごろということもあって、
仕事場で見ました。


紹介のセンセーショナルなイメージとは全く違い、
介護する側のご主人が、本当に優しく奥様の世話をしていました。
「病状は進行しているけど、好きなことをさせてあげたい。
 事実を冷静に受け止めて、楽しく生きていきます。」


「私、バリバリの認知症です」という本を書かれ、
講演活動をされている、太田さんも出演されていました。
太田さんの笑顔には、いつも励まされ、勇気をもらっています。


見終わって感じたこと。


何も、あんな大げさに、番組紹介を書かなくてもいいのに。
バラエティーじゃないんだから。
出演された方達の、淡々とした前向きな生活に救われ、
感動しました。
周りの人たちも優しさが一杯です。
でも、番組としてのメッセージはあまり伝わってこなかったな~。
若年性認知症に、皆さんが理解をしてくれようとしています。
家族たちも、愛情をもって、真剣に取り組んでいる。
番組を見せるための手法かもしれないけど、
もっと気配りがほしい。


出演された方達が良かっただけに、タイトルに不満が残りました。


6月4日 23時20分
     追加記入です。


    朔さんから頂いたコメントの返事をコピペします。
    「今は、センセーショナルな見出しでも、
    たくさんの人が見てくれるならいいかな。
    とも思える。
    内容は、決して、ドギツイ作り方をしていなく、
    ちゃんと現状をとらえてる。
    出演した人も、すごく悩んでのことだと思う。
    どの世界でも、オーバーな表現はあるしね。」


  この日の記事は、おごりのある書き方をしてしまいました。
  家族にとって、不安が残る表現で番組紹介があったとしても、
  今はまだ、あまり知られていない、
  若年認知症の現状を知らせるには
  まず、テレビを見てもらうことが大事です。
  見終わったあと、どう感じるかが大切でした。


  もう一つ、「メッセージがあまり伝わらなかった」
  と書いてしまいました。
  このように苦しんでいる人がたくさんいます。
  というのは、きちんとしたメッセージでした。


  この日の記事を、消して訂正することも出来ましたが、
  番組つくりの方達に失礼になりますので、
  追加記入にしました。

ブログランキングに参加しています。
もし良かったら、応援クリックをお願い致します。
     ↓
 
banner_03.gif