5日は、栃木で打ち合わせ。
6時頃東京に戻る。
それから会社に戻っても仕事できないし、
飲みに行くのも早い。
それで、映画「明日の記憶」を見てきました。


ホントはそのつもりで、狙ってたんだけどね。


先日のテレビ番組で、渡辺謙さんが出演していた。
封切り前に、家族会の方を試写会に招待して、
涙ぐみながら挨拶をしていた。


この映画は、是非皆様に見てほしいんです。
見たあとに、辛い気持ちが残るような作り方はしていないつもりです。


同じように、「若年性アルツハイマー」と診断された
家族を持つ身としては
やはり、気になる映画。
かみさんとは一緒に、見に行かれないので、
ちょうど、いい機会でした。


まだ見ていないけど、これから見ようと思っている方。
ここから先は、読まない方がいいと思いますよ。
ストーリーが分かってしまうから。



 


映画館に入るのに、少し緊張してしまいました。
始まる前に、トイレへ2回も行ってしまった。


絶対、泣くだろうな~
と、心の準備をして見始めた。
案の定、始まったばかりの、2010年のシーンから、
すでにウルウルしてしまった。
会社の同僚、クライアントに励まされるシーン・・・
樋口可南子が、切れてしまい、文句を言いながら、
外に飛び出して、一人で泣くところ・・・
渡辺謙が、携帯電話を握りながら、寝ている・・・
日常の生活・・・
何度も同じものを買う、そこいら中に貼り紙・・・
一つ一つが、今の僕たちの状況とダブり、
どうしても置き換えてしまう。
涙が止まらなかった。


ラストシーンは、これから起こることを予感させられ、
見入ってしまった。


映画館を出て、有楽町の駅まで歩く間、
切なくなってしまいました。



6月1日の日記に、まろんさんからコメントを頂きました。
 (日付の横の、小さい「コメント」という字を押すと出てきます)
まろんさんの、前向きの考え方には、感動します。


その中で、この映画は、認知症の病いにかかっている方と、
家族に希望を与えるものではなく、夫婦の愛情を教えてくれる。
とおっしゃっています。
僕もそう思いました。


このところ、テレビで若年認知症が、よく取り上げられていますが、
なんとなく、消化不良に感じていました。
病気にかかった方の、深刻な症状と、
家族の、愛情、そして周りのサポートが描かれています。
でも、僕は、良くなるのではないか、
進行を少しでも、止められることができるのではないか、
という、
希望がほしいんです。


だけど、取り上げてもらえるのはありがたいと思う。
ご年配の方の病と思われていた認知症が、
若い人でもかかる。
理解してもらえることが大事。
家族の愛情と、暖かい思いやりを見させていただけると、
僕も元気をもらえ、張り合いができる。
今の生活に、励ましをもらえる。


ブログランキングに参加しています。
もし良かったら、応援クリックをお願いします。
   ↓
banner_03.gif

テーマ:明日の記憶
ジャンル:映画

おととい、「明日の記憶」を見て、


長文書いたのに、


保存かけたら、


セッション時間が過ぎたっていうんで、


全部消えてしまった。


ショック・・・


もう寝る。