↑ は、ピーマンの肉詰。


久しぶりに作る。
この料理は、花子さんがしょっちゅう作ってた。
まだ、アルツハイマーと診断されていなく、
鬱病と思っていた頃、(2~3年位前)1週間に、3~4回作たこともある。


エ~今日も!!!


息子と二人で口を揃える。
詰める肉も、ひき肉を練っただけで、
調味料も、玉ねぎも入れなかったけ。


昔は、花子さん、料理上手だったんです。


今にして思えば、結局、鬱病ではなく、
アルツハイマーの、初々期症状だったんだろう。


ここ1年くらいは、料理できなかったけど、最近は手伝う。
声を掛けるのも、顔色見ながらだけどね。
呼ぶと、台所にくるか、ベットに行くか。


今日は、すばらしかったな~


最初から料理を作る、というのはのはできない。
段取り、と味付けができないからね。
創造するところが無理なのかな。


でも、横に立たせて、色々聞くと、
結構、的確。


玉ねぎをミジン切りにして、
炒めてもらった。
ちゃんと火加減を調節しながら炒めてた。
ひき肉に混ぜて、味付け。
かみさんに、ピーマンに肉を詰めるのをやってもらう。


ピーマンに詰めるとき、なんか塗らなくてもいいんだっけ?
小麦粉を振るんだよ。
そうだったな。
  (ちゃんとわかってる。)


小麦粉の袋を取って渡す。
入れ物にあけようとして探してた。


そこにあるコップにあけたら?
これじゃあ、深すぎる。
   (しっかりしてるじゃないか)


すぐ前に皿が置いてあるんだけど、
気がつかないので渡す。
ちゃんと、適量を出した。


表はこのままでいいの?
肉にも粉をつけるんだよ。
  (よしよし、と思いながら肉の方に、粉をまぶして焼く)


ソースを作るんで、バター、ケチャップとウスターを取るよう頼む。
そこいら中探し始めたけど、黙ってた。
冷蔵庫に入ってるのに気がついて、出してくれた。


ちゃんとコツを覚えてる。
今日は、冴えてた。


  (どうも、写真撮る習慣がない。
   撮ればよかったな~)


ブログランキングに参加しています。
もし良かったら、応援クリックをお願いします。
     ↓

banner_03.gif
テーマ:つぶやき
ジャンル:福祉・ボランティア