昨日(日曜日)、
茨城まで、お墓参りに行ってきました。


土曜日に、花子さんに聞きました。


一周忌の知らせがないから、墓参りだけでも行こうか。
うん、行きたい。


その一言で決定。
日曜の朝、もう一度聞いてみたら、
ちゃんと覚えてた。


ちょっと、仕事 (梅の手入れ (笑)) をしていたら、
花子さん、もう着替えてる。
いつもは、僕が次にすることを言わないと、用意しないのに。
やっぱり、楽しみにしてるんだろう。


お墓の中の、お父さん、お母さんに会って、
たくさん、お願いをするつもり。


途中で、お花と、お線香を買って、
ペットボトルに水を汲む。


お墓に着いたら、お花が供えてあった。
誰が来たのかな・・・
寂しくなくて、少し安心。


花子さんと、長い時間、手を合わせてきました。
お母さんが昔、話してくれたのを思い出す。


お母さん (とよ、と言います) は、
体の不自由な、おばあさんの面倒をず~っと見てたそうです。
お父さんは、腕の良い植木職人で、
気に入った仕事しかしなかった人。
お金も入らず、嫁として、すごく苦労したらしい。
おばあさんが亡くなる時、
お母さんの手を握って、


とよ、ありがとうよ。
お前にはすごく世話になたので、
私が死ぬときは、
お前の苦労は、すべて持っていってあげるよ。


と言って、去っていったそうです。
それから、辛いことがあっても、
その言葉が励みになったらしい。


お母さん、が亡くなる時、
残念だったけど、かみさんは立ち会えなかった。
かみさんの、病気のことはずっと心配していたので、


花子、あんたの、辛いことは、全部背負っていってあげる。


そう言って、亡くなっていったと思う。
きっと、お母さんも、心残りがあったのではないかな・・・


お墓の前で、手を合わせながら、
よろしくお願いします。
と、頭を下げてきました。


かみさんも、ずっと手を合わせていた。
何を話し掛けていたんだろう。


お墓参りできてよかった。


ブログランキングに参加しています。
良かったら応援クリックをお願いします。
    ↓
banner_03.gif