夜、10時ころから、花子さんと散歩に出かける。


散歩は、前の日記にも書いたけど、4コース
今日は、駅前コース。


こっちの方向だと、帰りに、コンビニへ寄る。
かみさんは、いつも2,000円ポケットに入れて、買い物。
楽しそうに、買ってる。
ほとんど必要ないものだけどね。
  僕にとっては。
  かみさんはほしい物。


僕は、入り口で、ランと待っている。


駐車場には、地べたに座っている、若者6人。
派手な車は、エンジンかけっぱなしでうるさい。


コンビニも、迷惑だろうな~
と思いながら見ていた。
入り口から、サラリーマン風の男の人が、
買い物袋をぶら下げて出てきた。


車に乗って、エンジンかける。
キュルキュル~


アレ?
バッテリー上がりか


又、回したら、もっと力のない音、
キュル~ン
全然かからない。


困った顔をして、シートに座ったまま。
JAFでも呼ぶしかないかな。
と思って見てたら、
駐車場の端にたむろしていた若者達が近寄ってきた。


上がっちゃいましたか~
えぇ・・・
チョッと待って下さい。


といって、手を上げたら、
1台の車が、
ブロローー、キキキッ
と大きな爆音を立てて、横付け。


トランクを開けて、ブースターケーブルを取り出す。
ボンネットを開けて、バッテリーにつなげて
エンジン始動。
一発でかかる。


6人の見事な連携プレー。


なんて、いい奴らなんだろう。


見た目で判断すると、とんでもない間違い。
笑って、見過ごす人達が多いのに、
すごく自然に、困っている人を助ける。
彼らの行動に、感動してしまった。





ブログランキングに参加しています。
良かったら、応援クリックをお願いします。
    ↓
banner_03.gif