昨日の続きです。
  (ずいぶん遅くなってしまいましたが、
  日付は翌日の17日にさせて頂きました)


16日は、外回りだったんで、
前日の夜のこともあり、心配していた。


途中、先手を打ってこちらから電話をする。
仕事中に、何十回もかかってくると、
つい、


なに!?
と、きつく出てしまうことも。
僕の方から掛けると、気持ちも落ち着いてるんで、
やさしく話ができる。
かみさんも、電話があると安心するみたい。


16時頃、家に戻れた。
かみさん、多少は調子が良い。
胃と、腰の痛みはあるんだけど、
気持ちまでが落ち込んでいなかった。


仕事を終らせて、
夕食の支度をするまで、少しだけブログの回覧。


Route463さんのK-Workdにお邪魔しました。
その中の1月13日の日記に感激しました。


Route463さんは若年性アルツハイマーの奥様を介護されています。
少し前を歩かれているんで、
ブログ、HPから教わることが多いんです。
Routet463さんは、こうおっしゃっています。

(コピーペーストで申し訳ありません)


『 照れくさいですが、私の愛情が特効薬だと思い、
  「可愛い、好きだ、愛している、きれい、スタイルがいい、
  似合う」
  などの言葉を、K(奥様)に云うようにしております。
  そしてときには、ギューっと抱きしめてやります。
  これで、Kは安心し、私を信頼してくれていると、
  信じております。 』


また、いつも、メールでコメントを送って頂く、
Mさんがいらっしゃいます。
Mさんも、奥様を介護されています。
僕のことを気にかけて頂き、
何度もアドバイスをもらっています。

以前、Mさんから短歌をいただきました。


『 穏やかな病妻の笑顔に会いたくて
      愛してるよと今日五回言う 』


かみさんが具合悪いとき、
僕は、ここまで出来ているだろうか。
きちんと表現できて、かみさんに伝えられているのか。
心底、思っているか。
愛情だけ伝えればいいのに、
僕の辛さまで一緒に伝えてしまっているのでは。
介護の押し付けをしているのではないか。
本人を前にして愚痴ったりしていないか。


反省することばかり。


夕食までは、調子良かった。
でも、食事を前にして、また具合が悪くなり、
横になってしまった。


抱きしめる。


大丈夫だよ。
僕がついているから。
何も心配することないよ。
安心しな。
花子のことが好きだから、
愛してるよ。


4つの言葉はしょっちゅう言っている。
下の2つは、今日付け加えた。


しばらくすると、起きて来てテレビを見始める。
かみさんがテレビを見るのは、気分が良い証拠。
手をつなぎながら、テレビを見た。


夕食は片付けてしまったんで、
おにぎりと、スープを出す。


美味しい。
ごちそうさまでした。


と言って食べた。


この日は、二人とも、朝まで熟睡。
ゆっくり寝れました。


ブログランキングに参加しています。
良かったら、応援クリックをお願いします。

    ↓
banner_03.gif 


 


 

テーマ:介護
ジャンル:福祉・ボランティア