土、日と、箱根へ行ってきました。


親父が、昔、勤めてた会社が、
箱根に保養所を持っている。
OB、家族も泊まれる。
去年から申し込んでいて、
運良く、3室、部屋が取れた。


両親、弟夫婦+幼稚園児、我が家はかみさんと二人、
合計7人で行って来ました。


天気はいまいちだったけど、
のんびり、ゆっくり楽しんできました。


霧の中の箱根

なんたって、安い。
  一人、1万円しない。
食事もしっかりとしていて、美味しい。
  酒も、旨かった。
温泉のお湯がすごく良い。
  今の時期に出てくる、乾燥肌がスベスベ。


3拍子そろってました。


花子さん、すごく明るい。
写真を見せられないのが残念だけど、
満面の笑顔。


一番びっくりしたのが、
お袋に、すごく気配りをしている。


階段を上る時は、そっと、お袋の腕に
手を添える。
横に、付いて、気を使ってる。


花子さんとお袋

先回りして、車のドアの開け閉めをして、
乗り降りを見守る。


まるで、介護をしているみたい。
と言うか、立派な介護人。


この前、親のこと」(←ここ)で書いた、
かみさんの、
任せなさい!
の言葉の通り。


今回、皆の前では、
僕は、おせっかいをせずに、かみさんに任せた。
誰もが、かみさんが病を持っているとは思えないだろう。
今日の朝、お袋が僕のところへ来て、


花子さん優しいね。
すっかり治って、元気になったね。


と言っていた。


できることと、できないことがはっきりと分かれている。


人に対する、気遣いと感謝。
自分から楽しもうとする気持ち。
絶やさぬ笑顔。


今回は、調子が良かったので、完璧。


やっぱり、楽しさが、引き出したのかな。
楽しいと思う気持ちが、先にある。


できにくいことは、僕がフォロー。


去年の4月に、法事で、石川県へ行きました。
そのとき、お風呂で、ちょっと、戸惑いが。
前に
「旅先にて」(←クリックすると飛びます)で書きました。


お風呂から上がったとき、
自分の浴衣がどこにあるか分からなくなってしまった。


今回は、いつも使っている、派手なバスタオルを持っていった。
旅館の同じ浴衣と、タオルだと、自分のがどれだか分からない。
特徴あるタオルが置いてあれば,
分かるはず。


食事の前に、風呂へ行く。
大浴場に行こうとしたら、
手前に、家族風呂があった。
前のコメントで、家族風呂を勧められたのを思い出す。
かみさんに、どっちにするかを聞いたら、
家族風呂が良いと言う。
やっぱり、不安な気持ちがあるみたい。


家族風呂にした。
家族風呂と言っても、ちゃんとした温泉が出る、岩風呂。
すごく気持ちよかった。


食後、もう一度風呂へ。
たまの温泉なんで、入り溜め
すいている時間を見計らって、大浴場へ。


足を伸ばして、のびのびと浸かる。
出てきたら、かみさん、もう待っていた。


しっかり、持ち込みタオルを抱えてて、大成功。
でも、丹前を着ていない。
着て行ったのを忘れたみたい。
探しに行って、着てくる。
体を洗うタオルは、なくしていた。


まあ、小さな物忘れ。


それと、
朝食の、バイキングが取れなかったな~
同じものばかりお皿に入れて、いっぱいにする。
バランスよく、いろんな物を選ぶのができなかった。
バイキングは、頭の中で、計算が必要だからね。


でも、今回は、すごく楽しい旅行ができた。
今までで、一番楽しめた。


家族みんなに、感謝です。


ブログランキングに参加しています。
良かったら、応援クリックをお願いします。
    ↓
banner_03.gif