21日の、卒業式は午後から。
午前中は、何を着ていくか選んでいた。
かみさん、自分じゃわからないので、
僕が見繕って出す。


どれも、何年も前の服。
サイズが合うか心配してたけど、
ピッタリだった。


高校の入学式に着ていた服に決める。
若々しくて、晴れやか。


ただ、気になったことが一つ。
かみさんの髪の毛が、どうもしっとりとしている。
もともと細い毛で、少し茶色がかったサラサラヘアーのはず。


ブラシでとかすように言う。
毛がからまって、ブラシが通らない。
最近ブラシをしているところを見たことないからな~


触ってみると、なんだか、ネトッとした感じ。
風呂には毎日入っているし、髪はいつも濡らして出てくる。


出かける前に、洗面所で髪を洗ったら?
櫛とおりも良くなるし、さらさらするよ。
毎日洗ってるよ。
でも、出かける前だから洗ったほうがいいよ。
洗ってやろうか。
いいよ、自分でできる。


我が家の洗面所は、朝シャン用にできていない。
シャワーが付いていないんで、風呂場から延ばさないといけない。


ちょうどいい。
洗ってあげたかったんだけど、かみさんがいいと言うのでやめていた。
でも、引っ張るのに、少し体が横になるので、
僕が洗ってあげることにした。


何年振りだろう。
20年くらい前、突発性難聴になり、退院したときに洗ってあげて以来。


シャンプーは?
ここに置いてある。
エッ!これ、リンスだよ。
あのシャンプー好きじゃないんでこれで洗ってるの


なんと、かみさんシャンプーを使っていなかった。
以前は、無添加のシャンプーを使ってたんだけど、
僕が買い物をするようになって、石鹸シャンプーに変えた。


僕は、添加物が入ってるとすぐに湿疹ができるので、
石鹸、洗剤類はすべて無添加。
今までの無添加シャンプーは、結構高かったんで、
石鹸シャンプーに変えた。


でも、かみさん、買った頃は、気に入って使ってたんで、
嫌がってないと思ってた。


ボトルにはマジックで大きく
「シャンプー」
「リンス」
「からだ」
と書いてあるんだけど・・・


それじゃあ、汚れが落ちるわけない。


息子は、自分用に、海のナントカカントカ、という
シャンプー、リンスを使ってる。
それで洗ってあげた。


サラサラヘアーが戻った。


ずいぶん前に、母親の介護をしている友達から、
風呂は一緒に入ってるの?
と聞かれたことがある。


一緒に入るのは嫌がるんで、別々だよ。
ちゃんと洗えてるか見てる?
そこまで見てないけど、毎日ゆっくり入ってるんで、
洗ってると思うよ。
一度見たほうがいいぞ。


そんな話をされたことがある。


先月、箱根に行ったとき、
家族風呂に一緒に入ったけど、
体は手でこするだけで石鹸をつけてなかった。
石鹸を渡したら、タオルにつけて洗い始めた。
その時は気にしてなかったけど、
もしかしたら、今も石鹸で洗ってないかも。
浴用タオルが濡れていないこともあるからな~


ちょっと見てあげるかな。
自尊心を傷つけないようにね。



ブログランキングに参加しています。
ここをクリックしてくれるとありがたいです。
    ↓
banner_03.gif 




今週は忙しかった。


イベントの、めじろ押し。


18日(日) お墓参り かみさん、お袋、叔母さんと。
       父方、母方のお墓へ。


19日(月) 仕事で、横浜港へ納品、
       ついでに、中華街でランチ。
       営業がなく、納品だけだったんで、
       かみさんを連れて行った。


20日(火) 家で仕事


21日(水) 息子の卒業式。かみさんと二人で参列。
       「国際会議場」と言うところで行なわれたんだけど、
       会場が狭いという理由で、
       父母は別室で、スクリーンに映し出された
       映像を見るだけ。
       がっかり。


22日(木) 甥の結婚式。
       成田空港の横にあるホテル。
       親父、お袋、かみさん、姪っ子を連れて行く。


23日(金) ケアマネさんが契約に来る。
       介護保険証のコピーを渡す。
       かみさん、部屋から出てこなかった。
       大荒れ・・・


25日(日) 予定です。
       親友の命日なんで、お墓参りに行くつもり。
       もう、八回忌。
       そして、お彼岸が明けてしまうけど、
       できれば、茨城のかみさんの実家へも
       お墓参りに行きたい。


そんなこんなで、日記、コメントの返事が遅れてスミマセン。
        言い訳でした。


一つ一つを書くと、すごく長くなってしまう。
楽しいことも、いっぱいありました。


甥の結婚式は、すごく感動した。
甥っ子は息子と同じ年。
兄弟のように育った。
タロウは、残念ながら、研修と重なって、欠席。
でも、息子とダブらせながら、感激して見ていた。


お父さん、タロウにもこんなに良い結婚式をしてあげようね。
お金、貯めないと・・・
仕事、頑張ってね。
頑張るのは、花子だよ。


二人で、笑いながら、
そして、ウルウルして見ていた。


結婚式場に行くまで、
そして、式の最中も、


体調を心配してたけど、大丈夫で良かった。


と、何度も言ってた。


ただ、
帰りの、エキスプレスに乗ってから、
腰痛が始まり、落ち着かなくなってしまった。


楽しかったことでも、やっぱり、緊張はあったんだろう。
それぞれのイベントのときは、
元気で、笑顔もかわいく、結構輝いていた。
帰りの電車に乗ったとたん、
溜まった疲れが、どっと出たみたい。


夜も寝れないでイライラしていた。
以前みたいに、物に当たり始める。
マッサージをして、腰に湿布をあて、ようやく寝付く。
朝の目覚めも悪かった。


タイミングが悪く、今日はケアマネさんが来る日。
昼に、かみさんに介護保険のことを話す。


でも、だめ。
介護と言う言葉を聞いたとたんに
感情が乱れる。


ケアマネさんが来ている間も、
部屋から一歩も出てこないで、
どたばたやっている。


帰った後、ハグしながら、なだめる。


もう、やだ!!
みじめだ~


かみさんは、まだ病を受け止められていないんです。


みじめなんて思うことはないよ。
病院に掛かっているのは事実なんだから。
それを悲観することなんか、全然ない。
病になってしまったんだから、仕方がないんだよ。
認めるしかないよ。
そうすれば、気持ちも違ってくる。
一緒に歩っていこう。
必ず良くなるから。


そんなことを話した。
時間がかかったけど、
落ち着きを取り戻した。


19時ごろ、晩飯の食材買い出し。
一緒に行く。
遅くなりついでに、のんびりと買い物。


晩御飯は、簡単にできる
アンコウ鍋。
うまかった。


かみさん、にこやかになってきた。
今は、熟睡しています。


ちょっとしたすれ違いで、
途中でやめてしまった整形外科。
別の病院を探そうと思う。
心のトラブルになる事は、
排除しないと。


ブログランキングに参加しています。
ここをクリックしてくれるとありがたいです。
    ↓
banner_03.gif 



皆さんに見ていただきたいTV
3月21日 NHK総合テレビ
「もしも明日が-特集生活ほっとモーニング-」
ブログ友達の、かめこさんから知らせをもらいました。
    ↓ 
ここをクリックして下さい
つるちゃんとかめこ 認知症特番情報




最近感じたこと


花子さんの、具合が良いな~
と思うことが、もう一つあるんです。


我が家の一人息子、タロウ。
今年、大学5年生でようやく卒業。
就職も決まって、先週の月曜から毎日出勤。
研修を受けている。


朝早く起きて、ネクタイ締めて出かける。


学生時代は、早くても10時くらいで、
休みも多く、のんびりしていた。
規則正しい生活が始まった。


かみさん、朝、ちゃんと起きて、
見送る。


別に、朝食の支度をするわけじゃないけど、
出かける時間に起きている。
テレビを見ながら、
いってらっしゃい
の声かけをしている。


息子は、勝手に起きて、
毎日、ケ○ッグに牛乳をかけて、
適当にパンをかじって、出かける。


かみさん、目覚ましもかけず、
よく起きられるなぁ~


と感心する。
調子が悪いときは、いつまでも起きられず、
昼夜、逆転してたと言うのに。


出かけると、洗濯機を回す。
これが最近の日課です。


やっぱり、送り出すのが張り合いになっているのか。
母親の優しさを感じる。


僕?
僕は夜更かしをしているので、
洗濯機の音で、目を覚まします。
それから、朝食を作って、二人で食べて、
出勤。
通勤15秒だしね。


始めに、「もう一つ」と書きました。
他にあること。


僕が、社会不安障害と診断されてから、
かみさん、思いやりがすごく出ている。
薬のおかげで、気持ちは楽になってきているんだけど、
もうちょっと、病気の振りをしてようかな(笑)


明日は、息子の卒業式。
かみさんと一緒に行くつもり。
5年もかかったんで、その分取り戻さないと。



ブログランキングに参加しています。
ここをクリックしてくれるとありがたいです。
    ↓
banner_03.gif 

テーマ:つぶやき
ジャンル:福祉・ボランティア

14日はホワイトデー
花子さんに、お返ししないと。


バレンタインデーのチョコレートは、
二人で、スーパーに買い物に行ったとき、
チョコレートコーナーがあったんで、
僕が選んだ。
親父にあげるというので、
ついでに、自分の分も買う。


美味しくいただきました。
僕はチョコレートが大好きで、
必ず買い置きがある。
毎日食べてる。


ホワイトデーでチョコを買っても、
僕が食べてしまうだろうし、
クッキーはあまり食べない。


どうしようかな~
と思ってたら、
コメントで、


「(口紅を買って)きれいになった花子さんに、花束なんて
 似合うと思いますが」


といただいた。


これで決まり。
ミニブーケを買ってきました。


ホワイトデー


帰ったら、かみさん、腰が痛いと横になっていた。
出かけてる間も、電話が鳴りっぱなしで
調子が悪そうだった。


花束を渡す。
何のことだか分からなかったみたい。


バレンタインのお返しだよ。


と言ったら、驚いて、喜んだ。
それからは、起きだして、元気になる。


腰痛も忘れられたみたい。


ブログランキングに参加しています。
ここをクリックしてくれるとありがたいです。
    ↓
banner_03.gif 

1階で仕事をしてたら、
花子さん入ってきて、


口紅が入荷したから、取りに行ってくる


エッ???


口紅がなくなったんで、頼んだのが入ってきたらしい。
これって、すごいことなんです。


まず、口紅を買おうと思ったこと。
もともと、あまり化粧っ気がないんで、
口紅を買うのは、5~6年振りじゃないかな。
もっとかもしれない。
覚えがない。


今まで使っている、お気に入りの口紅を持って、
買い物に行ったこと。


売り場にないんで、
  (古いので、とっくに製造中止になっていると思う)
注文をしたこと。
  (さすが、○生堂、ちゃんと在庫してた)


注文をして、連絡先の電話番号を伝えたこと。
  (これが一番驚き。長谷川式のテストでも出てこなかった。)


その電話を受けたこと。


そして、買いに行こうとしていること。


どうしちゃったの???
すっかり元気。
買い物のついでに、
昼食のサンドイッチも頼んだ。


昼に、2階に上がると、
ちゃんと買ってある。


余計なものがいっぱいあったけど、
それは大目に見る。



さすが、女性。
口紅買って、うれしそう。


何度か書いてるけど、
良い時と悪いときが極端。


ふと思うことがある。
僕は、先回りをして、やりすぎているのかな。
まだたくさんある、可能性を摘んでしまっているのかもしれない。


昨年、「認知症本人会議」のアピールはいつも頭にあるんです。
そして、ブログ、HPを通じてのご本人の発言。


気配りの足りなさを感じる。


ブログランキングに参加しています。
ここをクリックしてくれるとありがたいです。
    ↓
banner_03.gif 


認知症本人会議のアピールは、「だいじょうぶネット」をリンクさせて頂きました。


 

テーマ:つぶやき
ジャンル:福祉・ボランティア

3月2日は、月に一度の花子さんの診察日。
D病院へ行く。


このところ調子が良いので、
二人とも明るい気分。


待合室で診察の順番を待っていた。
一枚のポスターが目に付く。
薬品会社が作成した、大判のポスター。


  人前で話すのが苦手ですか。


  強い不安や苦痛を感じますか。


  それは「社会不安障害(SAD)」という病気です。


  治療することにより治ります。


  医師に相談しましょう。


これを見て、急に動悸が激しくなってしまった。
思い当たることがあるんです。


ここ1~2年、人と話しをするのが不安になっている。
昔からあがり症で、大人数の前で話すのは苦手だった。
それでも、結婚式の司会やパーティーの司会は
頼まれれば、何とか出来ていた。
仕事上で、数人との話は、割と自信があり、
営業も、円滑にこなしていた。


でも、最近1対1の話でも、動悸が激しくなり、
急に、話すことが出来なくなってきたんです。
恐ろしく思うこともある。


そのポスターを見てから、急に動揺してしまった。
かみさんの診察が始まったけど、
気持ちが落ち着かなくなっていた。


診察が終わって、次回の予約の話になったとき、
思い切って、先生に相談してみる。


私のことで申し訳ないんですが、
外に、「社会不安障害」のポスターが貼ってありましたが、
私はその病気にかかっているのではないかと思うんです。


先生、僕の方を振り返る。
今の状況を説明する。


それは心配ですね。
1時まで待ってもらえれば、診てあげますよ。


是非お願いします。


わざわざ受付まで一緒に行って頂き、
予約なしの了解を取って、予定を入れてもらえた。


かみさんと昼食をとり、1時にもう一度行く。
かみさん、心配そう。
さっきの僕の説明を、一緒に聞いているから。


午後の診察は一人で受ける。
問診が始まる。
30~40分かかったかな。
僕の思っていること、
今の症状、
すべてを話すことが出来た。


やはり、社会不安障害。
採血、採尿をして、薬を処方してもらった。
次回、かみさんと同じ日時に予約を入れる。


診察室から出たら、
かみさん、不安そうな顔をして待っていた。


大丈夫?
 
全然大丈夫だよ。
先生に話を聞いてもらえたら、すっきりした。
薬を飲めば普通に戻るってさ。
 
私がいじめすぎたのかな・・・
 
そんなことないよ、
仕事のストレスがたまってるんだよ。


人前で話すのが苦手になったのは、
かみさんの具合が悪くなったのと同時期。
でも、それが原因ではない。
仕事のこと、両親のこと、家族のこと・・・
ストレスが、異常と言えるほど溜まっている。
いろんなことが重なってだな。


今回、思い切って、相談して本当に良かった。
今まで、誰にも言えず、
一人で抱え込んでいたことを、話すことが出来て、
胸のつかえが取れ、すっきりと、晴れた気がする。
僕自身、今回の診断を良い方向に受け止められたんで、
前向きになれそう。


医師の診察が、すごく良く、
安心できたんです。
これは、また今度。


かみさんも、すごく気を使ってくれる。
思いやりが出て、優しくなってるんです。
家事が出来ないのは変わりないが、
気持ちが、全く変わってきている。
具合も良い。


今回飲んでいる薬は 「ルボックス錠25」
薬を飲み始めた1週間は、気持ちが悪くて、
あまり調子が良くなかったけど、
今は快調。


病気とお付き合いしていきます。
 


でも、二人一緒に精神神経科か・・・・
なんだか、笑ってしまう。


ブログランキングに参加しています。
ここをクリックしてくれるとありがたいです。
    ↓
banner_03.gif 


 

テーマ:社会不安障害
ジャンル:心と身体

横のリンク先に、斎藤さんが運営されているHP
  【MONKICHI】
が、あります。
昨年、TBSテレビの、若年認知症特集で、
ご夫婦の生活が放映されていたので、
ご存知の方が、いるかもしれませんね。


ずっと以前、ブログ友達から紹介されて、
いつも、ホームページにお邪魔しています。
そこの「掲示板」に、毎日、日記を書かれています。


少し前のことですが、
斎藤さんの、1月29日の日記を見たとき、
僕がやっている、かみさんへの対応が正しいのかを、
考えてしまいました。


NHKで、認知症を取り上げた番組の、感想を書かれていました。


斎藤さんは、


 「旦那さんが適切な対応をとっていれば、こうは(妻の暴力)
  ならなかったのではないか」
 「やることを注意したり、否定したり、ということを
  つづけたのではないか、認知症には最もよくない対応で、
  旦那さんに、認知症への無理解があったのではないか、
  敢えて言ってしまうと、
  思いやり、想像力の欠如・・・・」


と、書かれていました。


この頃(1月後半)は、花子さん、精神的に落ち着かない時があり、
週に、2~3回は朝まで寝れなく、荒れていることが多かった。


ブログでは、優しいことを書いてるけど、
僕も、つい、カッとしてしまうことも・・・


斎藤さんの記事で、僕がかみさんに対する介護は
正しいのかを、見直すことができました。


後日、2月10日に、メールを送らせてもらいました。
斎藤さんとは、何度かメールを交換しているんです。
抜粋を貼り付けます。


   斎藤様


 (途中略)
1月29日の日記に書かれていた斎藤さんの言葉が、
ずっと頭に残っていました。


私の家でも、軽くですが、つかみかかると言う症状が出ています。
夜中、荒れていると、不憫になり、色々と声をかけながら、
なだめていますが、
長時間続くと、私にも疲れが出て、対応が出来なくなります。
そうすると、益々物に当り、興奮してきます。


この日記を読んだとき、自分では、分かっていると思っていたことが
実は、何も出来ていないのではないかと、気づきました。


先日、整形外科で、またトラブルがあり、
 (この病院の看護婦さんは、どうも気配りが足りなく、
  妻が、何度か落ち込んで帰ってくることがあります)
帰ってきた途端、ベッドに入ってしまい、
食事もとらずに、起きてきませんでした。
理由を聞いても、話そうとしません。
そのうち、荒れだします。


妻の気持ちを理解することが一番大事。


この日は、私は、初めから、笑顔で接することができました。
無理にではなく、自然に、笑顔になって
笑いながら話していました。
妻は、途中、いらだって、「笑うな!」とか言ってましたが、
そのうち、落ち着いてきました。


夜の12時頃、空腹になったらしく、
ようやく食事を始めました。
それからは、また、いつものにこやかな表情に戻りました。


ここ何日も、穏やかな日が送れています。


以前、斎藤さんがおっしゃった、
笑顔でいつも向き合うことの大切さを感じました。
斎藤さんが書かれた
「思いやり、想像力の欠如」
と言うのがよくわかります。


妻の行動に、
同じように、感情が一緒になってしまう。
目の前の変化に対応できないことがあります。


まだまだです。


   スリブリ様
                 (途中略)


さて、「頭では分かっているのだが、
いざ奥さんがパニックを起こすようなことがあると、
対応できないことがある」とのことですが、
私から見るとほとんど間違った対応はしていないと思いますので、
もう一息かなと思うのです。

最近のブログは一時より、ぐっと明るくなっているように
私には感じられます。

笑顔の件も、徹底してされたらいいのです。
奥さんは賢い方なので、「笑うな」とか、
試すようなことを言うわけで、
奥さんがどう言おうと、どう反応しようと、
動じないで笑いつづけたらいいのですよ。

私の妻はおとなしい性格なので、
パニックがあると内に向かい、押し黙ってしまい、
動かなくなるという形ですが、
外に向かって、暴力的になっても、
形は違っても、同じことだと私は思うのです。

ある面で、外に向かった方が分かりやすく、
対応もしやすいように、私には感じられます。
内に向かってしまうと、どうなっているのか分かりにくいので、
対応もとりにくいのです。

いずれにしろ、本人はストレスをそのような形で
発散して訴えているわけですから、
よりよい対応をしてやるべきなので、
私はそれは「笑顔」で相手をしてあげることが一番いいと思うのです。

病人にストレスがでないようにするのには、
明るく、楽しく生活する以外にはないと、私は考えているのです。

これは参考になるかどうか、
私の娘が、妻が病気になってから、
昔わたしにこんなことを言ったり、やったりしたとか、
妻との女同士の葛藤をあげていろいろいうので、
私は娘にこんなことを言ったのです。

「お母さんはアルツハイマー病という不治の病になったことによって、
神になったと同じなんだ。
神様なのだから全てのことが許される。
今までのことも、今のことも、これからのことも。
だから、お父さんは自分のほとんどのことを我慢して
介護しているだろう、と。
お母さんは、人間の心と身体を持っているが、
もう大分前から神なんだよ・・・」

娘はすぐには納得できないふうでしたが、
そのうちに何もいわなくなりました(笑)。



斎藤さんには、
この日記を書くこと、
斎藤さんのホームページを引用すること、
僕が宛てたメール、
そして斎藤さんのメールをそのままコピペすること、
これらをお願いしたところ
快くOKの返事をいただきました。


僕の中だけに置いとくのはもったいない。
たくさんの方に見てもらいたい。
介護で悩まれている方のヒントになるのではないか。


僕の秘訣。
2月25日の日記の答えです。


いつも笑顔で接する。


単純ことなんだけど、すごく難しい。
時にはイラつくこともあります。
でも、心の中にその思いがあれば、
一番良い結果を導くことができる
のではないかと思います。


ブログランキングに参加しています。
ここをクリックしてくれるとありがたいです。
    ↓
banner_03.gif  


 


 

今日、介護認定通知書が、配達証明で届いた。


要介護1


これまでは、保険制度が変わる前の「要支援」
ケアマネさんからは、「要支援1」か「要支援2」ではないかとのことだった。
そうすると、「地域包括センター」での、予防事業に変わる。


今は、在宅サービスは何も受けてなく
すべて僕がやっている。
家族でできる範囲は、介護サービス度も低く
要支援になるんだろう。


でも、認定調査の時、
一つずつ確認すると、
一部介助は必要で、不安定なときがある。


「要介護1」は適当な結果と言う気もする。
サービスを受けられる限度が増えるのは、助かるんだろう。


  でも、


  だけど、


  どうも、


  まだ、


  まだ、


  そんなじゃない。


すごく複雑・・・


ちょっと・・・  辛い・・・


ブログランキングに参加しています。
ここをクリックしてくれるとうれしいです。
    ↓
banner_03.gif