何度も書いていることなんだけど、
  (またかと言われそう)
かみさんの具合が悪くなるのは、
腰痛から。


確信しました。


3月はずっと調子が良かった。
ただ、月末近くに、また、腰痛が出てきて、
調子悪くなる。


11月から整形外科に通っているけど、
一向に良くならず、
先週、整骨院へ行ってみました。


26日、痛み再発。
でも、夜は寝られた。


27日、痛みが強く出る。
病院に行こうといっても、嫌がり、拒否をする。
まだ我慢できる範囲。


28日、朝から痛がり始めた。


また、整形外科に行ってみる?
もう、あそこには行きたくない。


  2月にちょっとしたトラブルがあったんです。
  書きそびれている。
  これを書くと長くなるんで、また今度。
  (「また今度」と言う宿題が多いような・・・)


じゃあ、新しく整骨院ができたから行ってみるか。


かみさん、無言。
無言と言うのは、いやいやOK、ということ。
初めてのことは嫌うんだけど、よっぽど痛いんだろう。


11時頃に行ってみた。
問診が15分くらいあったかな。
すごく、優しそうな先生。


始めに、整形外科と同じように電気を10分当てる。
それから、マッサージを10分。
その後、薬を塗って終り。


終ったあとは、ポカポカして気持ちが良いと言っていた。
機嫌も良い。
でも、夕方くらいから、また痛みが出てくる。
初めての治療なんで、体がついて行かなかったんだろう

腰をマッサージしてあげ、湿布をして寝る。


29日、かみさん、もう一度行くか迷ってたけど、夕方連れて行った。
前日治療の後、痛くなったことを話す。
体の向きを変え、少し弱めに治療。


この日は快調。
腰痛の、「よ」の字もなかった。
ニコニコして、いつになくおしゃべり。
夜も熟睡できて、翌日、家事もこなす。
良い方向に向かっているのを喜ぶ。


30日夕方、3回目の治療。
先生も、結果が良かったので安心する。
マッサージをしてもらって、帰る。


しかし・・・


夕食を食べ始めた頃から痛みが出てきた。
ベットに入ったけど寝れない。
今までにない、荒れ方になってしまった。
痛いといいながら、布団や座椅子を投げる。
しばらくすると、痛みで動かない。
でも、また、痛みを紛らわせるように、
僕に向かってくる。


殴りかかってきた当たり所が悪くて、
鼻が切れて血が出た。
服を引っ張られ、破けて、部分的に青あざ。


でも、力加減をしているのは分かる。
壊れるものは投げない。
殴りかかるのは、相手を傷つけるためでなく、
自分の中から出てくるイライラを発散させるため。


笑いながら受ける。
無理に笑い顔を作っているわけじゃなく、
なんだか、かわいそうな気持ちが、
自然に笑い声になっていた。


この日は徹夜。
朝方寝初めて、そのまま、午後まで寝ていた。
僕は、辛かったけど、たまった仕事の片付け。


夕方買い物に誘う。
少し落ち着いたかな。


31日は、整骨院に行かなかった。


4月1日、腰痛も治まって来た。
本当は、年度末で、非常に忙しく、
休みが取れないところだったんだけど、
午後から桜を見に出かける。


のんびりすごした。
腰痛は出てこない。


2日、もう、整骨院には行かないという。
無理強いはしない。
余計、精神的ストレスになるから。
そのうち、合うところが見つかるだろう。


かみさん、腰痛がある時とない時では、
目つきが全く違う。
普段、どちらかと言うと、優しい垂れ目だけど、
悪いと、極端に吊り上る。
何で、こんなにと思うくらい。


肉体的なトラブルがなければ、
アルツハイマーも落ち着いているので、
 (徐々に、下降ではあるけど)
穏やかな生活ができる。

 


ブログランキングに参加しています。
ここをクリックしてくれるとありがたいです。
    ↓
banner_03.gif