前に書いた高校時代の親友が
会社を辞めて、
1年4ヶ月の充電期間を経て、
保育園を経営するために、動き出した。


奥さんが長年、市の保育園に勤めていて、
今は園長さんをしている。
二人で、事業を起こす。


彼は、もう誕生日が過ぎたから55歳だ。


まだ、正式には決まっていなく、
認可を申請して、
受けることができてからだけど、
その準備で忙しく駆け回っている。


保育園の候補地は、ビルの一角を賃貸。
ここも、高校の同窓生の紹介。
保育園の場所を探していたら、
仲間から仲間へつながって、
紹介をしてもらったらしい。


認可が下りるまでは、始められるかわからない。
でも、認可申請のための書類作りは、
すぐに事業ができるだけの、
綿密な計画書が必要。
設立準備に向けて、協力する人がたくさん出てきている。


まだ決まらないが、先に法人の設立をしなければいけない。
設備計画から、園内の設計、人員配置まで決める。
すべて人の輪。


僕も、何かしら力になりたい。
多少、会社設立と経営について経験と知識があるので、
 (経営能力じゃないですよ。実務です(笑))
新設する株式会社の、監査役に就任することにした。


昨日、印をもらいにやってきた。


始めは自己資金でまかなうつもりだったらしいけど、
やはり事業を始めるとなると、
思った以上の費用が必要になる。


決まれば、銀行から融資を受けるようになる。


人生最大の勝負だな。


頑張ってもらいたい。
でも、あいつなら大丈夫。


うまくいったら、保育園と、介護施設もできればいいな。


ブログランキングに参加しています。
ここをクリックしてくれるとありがたいです。
    ↓
banner_03.gif