14日はお盆で、花子さんの実家
茨城まで行ってきた。


例年、お盆の時期は、2~3泊して
骨休めをするんだけど、
今は両親が他界してしまったので、昨年から日帰り。


隣の叔母の新盆でもあるので、
両方の家に、お参りをしてきた。


叔母のところは、子供が男2人。
かみさんは、4人兄弟。
上3人が兄で、末娘。
いつも男の中に混ざって、皆のあとを追っかけてたらしい。


叔母の家の、一つ上の従兄弟は、
子供の時からかみさんをかわいがってくれていた。
かみさんも、会いたがっていた。


ちょうど、家にいて、3人でお茶を飲みながら話しをする。
話は尽きない。


花子、最近はどうだ。


ウン、今は調子が良いよ。


安定していますよ。


下降気味かもしれないが、気持ちは穏やか。
最近は、いらいらすることもない。


俺の知り合いも、大変なんだ。
ボケてきて、徘徊が始まって、
MRI
を撮ったら脳が縮んで、1/3になってたらしい。


(オイオイ、そんな話するなよ。)
心の中でつぶやきながら、
すぐに話題を変える。


かみさん、あまり気にしない様子で、
うなずきながら聞いていた。
親戚も集まってきたので、しばらく話しをしてから、帰る。


帰りの車の中で、


今日、行けて良かったね。


お線香をあげれてよかった。
やっぱりこういうことは大事だからな。


みんなに会えて楽しかった。


途中で、食事でもして帰ろうかと思ったけど、
どうしても、ビールが飲みたかったんで、
スーパーへ買い物に寄る。


サンマと、鶏肉を焼いて、二人で酒を飲んだ。
途中からかみさん、ベッドの部屋に入る。


いつもは、食器を洗ってくれるんだけど、
疲れていたみたいで、僕が片付けをした。


部屋に入ると、かみさん、
ベッドに横になって泣いている。


どうした?
具合悪いのか?


何も言わない。


思い当たることといえば・・・


多分、従兄弟の言葉が頭に残ってしまったんだろう。


恐怖を与える言葉は、言わないようにしている。
従兄弟は、かみさんの明るい様子を見て、
大丈夫だと思ったのだろう。
もっと重い人のことを、たとえ話にして、
頑張れ、と言いたかったのだと思う。
心配をしてくれたのかもしれないが、
かみさんにとっては、残酷な言葉だった。


理由を言わないから、違うかもしれないけどね。
里心かな・・・
もしかしたら、僕のせい?
なんかしたかな?


イライラして、あたって来る事もない。
薬を手渡したら、素直に飲んだ。
安定剤のセロクエルも入れる。
落ち着いて寝ることができた。


翌日は、元気。
安心。


ブログランキングに参加しています。
ここをクリックお願いします。
    ↓
banner_03.gif