同窓会から帰ってきた。

  

家に着いたのが、21時ちょっと前。
出かける前の、帰宅目標は、20時。
やっぱり、2次会は出たいんで、遅めの設定。

 

少し、遅れてしまった。
花子さん、お腹をすかせて待っている。
でも、我が家の夕食はいつも遅い。

 

かみさんが用意していた頃は、
20時ごろまで仕事をしていた。
2階に上がって、用意ができている夕飯を食べる。
今は、18時半に終わらせる。

 

それから、日によってすることは違うが、
花子さんの、腰痛のリハビリに病院。
犬の散歩(前は22時からだったけど、酒を飲んだ後の
       深夜の散歩はやめました)
もろもろの雑用。
スーパーへ買い出し。
そして、料理。

 

どうしても、夕食は20時半から21時。
その日は、それほど遅い時間じゃないんだけど、
僕がいなかったことが、気持ちを落ち着かなくさせてしまった。
携帯も受信し過ぎて、充電切れ。
多分、通じなくなっても、ずっと掛け続けていたんだと思う。 

 

家に入ったときは、かみさん、ベットに横になっていた。
僕が帰ってきたと同時に、物を投げ始める。
布団、枕、座布団、椅子、だんだんエスカレート。

 

気を静めさせようと思っても、
抑えきれない感情が爆発している。

 

買ってきた、夕食、そして、
ケーキも、、、投げられてしまった。

 

失望感が沸いてくる。
そのうち、僕をたたいたり、爪を立て始める。
始めは、するがままに任せていたけど、
思わず、力強くよけてしまった。

 

殴ってきた手を、コブシで受け止める。
かみさん、手を痛がる。

 

何するんだ!

 

おまえがぶってきたから、よけただけだろ!

 

お互いに気持ちが荒れてくる。
その日は、かみさん、何も食べない。

 

僕は、買ってきたものを温めて、酒を飲む。

 

なんだか、情けなくなってしまった。
友達と酒を飲み交わすこともできず、
残念な思いで、帰る。
帰ってくると、安らぎがなく、もっと辛い気持ちになる。
一人で飲みながら、寂しくなってしまった。

 

寝ようとして、ベッドに入ると、
かみさんの、当たり散らしが始まる。

 

その日は疲れていて、そのまま寝てしまった。

 

翌日、朝食に、前の日の崩れたケーキを作り直す。 

 

かみさんは、いつもは朝になると、
前日のことは忘れて、
気持ちが変わるのに、
今回は、まだ引きずっていた。
ケーキを見ても、手をつけない。

  

昼になり、ざる蕎麦を作る。
この蕎麦は、息子が前の日に持ってきた、
旅行のお土産。
これにも全く箸をつけなかった。

  

そのくせ、お腹がすいたと騒いでる。
前の日からまともなものは食べていないので、当たり前。

  

かみさん、素直になれない。
自分で、りんごをむいて食べている。
でも、僕の用意したものには手をつけない。

  

これは、かみさんのせいだけではないんです。

  

僕が、辛抱しきれなかった。

  

僕も、同窓会での、色々な気持ちを引きずっていた。
交錯していたんです。
かみさんの気持ちを、穏やかにさせると言うよりも、
優しそうな言葉をかけながら、気持ちを逆なでさせていた。

  

かみさんを辛くさせながら、僕も辛くなる。

  

こんな態度では何も解決しないと言うのは、
自分でもわかる。
いろんな気持ちが重なってしまった。

  

普段、優しそうな、いい人ぶっても、
こんなものです。

  

情けなくなり、いたたまれない気持ちから、
15時ごろ、一人で外に出る。

  

かみさんから、電話がかかる。

  

ここから修復です。
大丈夫です。

  

この先はまた、次に。
やはり3部作。

  

写真の整理ができていないので(笑) 

  

ブログランキングに参加しています。
応援クリック、お願いします。

    ↓
banner_03.gif

 

 コメントの返事が遅れています。
思い出したように、返信しています。
横のコメント欄を見ていただき、
もし、お名前があったらのぞいてください。


 

土曜日
同窓会へ行ってきました。

 

40年振りに会う、友達は皆変わっていて、
街中で会っても気がつかないと思う。

 

でも、ちょっと時間がたつと、
昔のまま。
いつの間にか、中学時代に戻ってしまう。
面影、話し方は、全く変わらない。

 

俺とお前。
肩書きは全く関係ない、バカ話。

 

途切れてしまった親友に会い、
変わりようにびっくりするけど
すぐ、元に戻る。
差し出した手を握り合う、力強さ。

 

あの時、誰々を好きだったよな~
あそこにいるぞ~

 

一緒に悪さをしたっけ、
学校帰り、楽しかったな~

 

全然変わらない。

 

恩師も出席された。
僕が、中一、中二の時担任だった、
美術の、おばさん先生。
お年は聞かなかったけど、
もう、90歳近いだろう。
元気な姿を伺うことができた。

 

どうしても話をしたくなり、
先生のそばに行く。
覚えてるかな~

 

お久しぶりです。
スリブリ(もちろん本名)です。

 

まあ、あのスリブリ君!
小さくて、かわいかったのに。

 

覚えて頂いたのに、感動。
僕の人生観、
人に対する温かさ、
思いやりを教えてくれた先生なんです。

 

  今、昔を思い出しながら書いていたら、
  涙が出てきてしまった。

 

楽しく、感激する同窓会だった。
最後に壇上に上がった幹事さん達には、
手が痛くなるくらい、拍手をした。

 

同窓会が終わったのが、16時半
そこから、自然に、クラスごとに2次会へ。
僕たちのクラスは、カラオケ。
そこでも、歌はそこそこ、
話に花が咲く。

 

でも、どうしてもかみさんのことが気にかかる。
同窓会の最中も、電話が鳴りっぱなしだった。
時々、外に出て、電話に出ていた。
日の明るいうちは、穏やかだった。

 

だけど、日が暮れ始める、2次会の頃から、
話し方が荒れてきてしまう。

 

どうも、落ち着かない。
この連中は、僕達のことを良く知ってくれている。
その日は、皆で、僕を励まそうとしてくれているのを
すごく感じる。

 

思い出話をしていると、すごく楽しい。
笑ってばかり。
でも、かみさんのことが気になってしまい、
心から楽しめなかった。

 

いつもだったら、一緒になって大騒ぎするのに、
入っていけない自分が、すごく寂しい。

 

2次会を出たのが、20時。
遅くなってしまった。
途中で帰ろうかと思ったけど、
やっぱり、久しぶりに会った友人たち。
最後までお付き合い。
でも、僕が帰ると言ったので、お開きになったんだけどね。

 

飲み終えるのには、まだ早い時間。
そこから皆、3次会へ。

 

僕は、そこで失礼する。
かみさんからの受信用の携帯電話は
もう充電切れで、通じなくなっていた。
  

こっちから電話をすると、

 

もう帰ってくるな!

 

夕食を買う。
それから、ケーキも。
かみさん、僕が出かける時は、
必ず、

 

お土産買ってきてね。
美味しいものね。

 

すぐ近くに出る時も、
合言葉のように言う。

 

ご機嫌取りのケーキです。

 

長くなりそうなんで、次は、また明日。
3部作になりそう。

 

ブログランキングに参加しています。
応援クリック、お願いします。

    ↓
banner_03.gif

 コメントの返事が遅れています。
思い出したように、返信しています。
横のコメント欄を見ていただき、
もし、お名前があったらのぞいてください。

友達の話をもう一つ。

 

今回、ワイン会を開いた高校時代の親友のほか、
仲の良い友達グループが、いくつかあります。
もう一つは、中学時代の同級生。

 

中学時代のクラスメートとも、頻繁に会っている。
こちらには、かみさんは参加してない。

 

何度もブログに書いているけど、
介護を経験している人、仕事として携わっている人が多く、
僕のことをすごく心配してくれる。
アドバイスをもらったり、息抜きの場を作ってくれる。

 

この連中と会うと、いつも感激して、
泣いてしまう。
信頼できる人達です。

 

主に会うのは、僕を含めて、男性3人、女性2人
他にも声をかけると、何人か集まる。

 

クラス会は何度もやってるんだけど、
もっと皆に会いたい、と言う気持ちが膨らみ、
数年前に、同窓会をやろうという話が持ち上がった。

 

中学校卒業40年の、節目に実現させたい。
昨年2月に準備会ができた。
その時までは、僕も幹事の一人だったんだけど、
会合にも出席できず、
色々と忙しくなり、
今は後方支援。

 

その同窓会が、今度の24日土曜日に開催されます。

 

卒業当時、13組670名、
2年がかりで、
そのうち327名の消息が分かる。
出席は、160名の予定。

 

手がかりは、何もなく、
40年前の卒業名簿だけ。
幹事さんたちが、たくさんのツテをたどり、
開催までこぎつけた。

 

幹事さんには、感謝と尊敬が一杯。

 

幹事さんのご苦労に応えるためにも、
なんとしても、出席したい。

 

開催は、14時から17時まで。
昼間なので、行けそう。
2次会、3次会は難しい。
残念ながら、仕方ない。

 

かみさんの具合が良いことを祈る。
昼間、出かけるのも、
仕事だったら、何とか我慢してくれる。
僕への電話は、出かけてる最中、途切れないけどね。

 

でも、僕が一人で楽しむことは駄目なんだな~
疎外されていると思い込んでしまうんだろう。

 

仕事で出かける時でも、前日から言うと、
寝れない日になる。
今は、当日、直前に言って出かける。
考えすぎることのない方が、良い結果になる。

 

かみさんに、同窓会と言えないのは、
申し訳ない。
一緒に、感激、感動を楽しむという、
僕の思いができないのは、
寂しいけど、 仕方がないかな。

 

昔は、僕が楽しい思いをした話をすると、
一緒に喜んでくれたんだけどね。

 

花子さん、この前のワイン会から
すごく調子が良いんです。
笑顔もかわいく、にこやか。

 

今から、その次の日曜は、どこかに出かけようと思ってる。
罪滅ぼし(笑)

 

ブログランキングに参加しています。
応援クリック、お願いします。
    ↓
banner_03.gif

 

テーマ:つぶやき
ジャンル:福祉・ボランティア

17日の土曜日は、毎年恒例の
ボジョレー・ヌーボ(フランスワインの新酒です)を飲む会。


高校時代の親友6人と、奥さん達を含めての
ワイン会です。


今回の出席は、9名。
ボジョレー・ヌーボも12本揃った。


いけるかどうか、心配だった。
日記のアップが遅れていた理由でもある。
この週の始め頃から、かみさん、あまり調子よくなかった。
不安定な日が多かった。
でも、木曜の夜あたりから、ようやく調子が戻り始める。
気持ちを少しずつ明るくさせるのに、成功。
どうしても行きたいんでね。


16時集合だけど、着いたのは16時30分くらい。
全員、同じ頃に集まり、
皆で揃って乾杯できた。


話が始まると、今回は、皆、出席が心配だったみたい。
K君の奥さんは、1ヶ月くらい前に入院して、
開腹手術を受けた。
でも、今回は、その快気祝いもあるんで、
がんばって出席。


主催者のO君夫婦も体調が悪く、
目まいが強く出ていたらしい。
開けるのか、心配だった見たい。


やっぱり、この年代は、体調の曲がり角。
肉体的にも精神的にも不調が出てくる。
でも、こうやって、皆が集まり、
楽しく酒を飲めて、良かった。


かみさん、19時頃、腰が痛くなりだし、
帰ろう、とささやく。
ちょっとの間、我慢してもらった。
顔色も沈みがちで、笑いもなくなる。
多分、皆にも伝わっただろう。


Y君の元気な奥さんが、場を盛り上げる。
かみさんも引きずり込んで、


私、花子ちゃんと気が合うんだよ。


といって、話のたびにかみさんに握手をしてくる。
かみさんも、


そうそう、同じ。


とか言いながら、握り返していた。
皆して、おちょくって、大笑い。
楽しい時間をすごすことができた。


23時に、ワインもすべて空けて、解散。
12月の忘年会、1月の新年会も決めてきた。


その日は、ゆっくり寝ることができた。
日曜日は、昼近くまで熟睡。
二日酔いになることもなく、
快調でした。


ふと思う。
腹の底から、げらげら笑うなんて、何日振りだろう。
1~2ヶ月か。
雰囲気としては、もっと前のような気もする。
ず~っとなかったな~~
かみさんも楽しかったことはよく覚えていて、
思い出しながら、二人で、また笑ってしまった。


 今年の写真も載せました。
下の 
【2007 ボジョレー・ヌーボの続きを読む】
をクリックすると、
出てきます。


このブログを始めてから、
ワイン会は3回目の記事です。
2006年2005年に前の記事があります。
     ↑
それぞれの年度をクリックすると出てきます。



ブログランキングに参加しています。
応援クリック、お願いします。
  ↓
banner_03.gif



 

かみさんの診察の次は、
いつものように、僕の番。


最近はどうですか。


前回診察あとの、9月頃は、
めまい、眠気、吐き気が非常に強くなりました。
夜、吐き気で、1時間ごとに目が覚めて、
水を飲むことが多かったです。
市販の胃腸薬を飲むと落ち着きます
10月に入って、体が慣れてきて、
少しですけど楽になりました。
薬の飲み方を変えています。
夕食後に1錠、寝る前に2錠ですと、
間が短くて、負担が大きいような気がして、
朝1錠に戻しました。


飲む時間を自分に合わせて調整するのは構いません。
どうですか、このまま続けられますか。


緊張する仕事でも、落ち着いてきた実感があります。
体調はまだ我慢できる範囲なので、
私にとってはこちらを大事にしたいです。


これは、実感をすごく感じる。
もしかしたら、薬を飲んでいるという、
自分に対しての言い聞かせが
無意識にあるのかもしれない。
気の持ちようかな。
でも、マイナス思考がプラスに変われるのは
大きいこと。


どうしても体調が悪いと思ったら言ってください。
薬を変えることもできます。
胃腸薬を飲んで良くなるなら、
こちらでも出せますよ。
奥さんが飲まれている
ムコスタが良いです。


では、お願いします。



ん~~


今飲んでいる薬は、
ルボックス
これは、社会不安障害に効く薬。
でも、SSRI系の、抗うつ剤。
そして、胃腸薬のムコスタ。


なんだか、かみさんの飲んでた薬を追っかけてるな~


そういえば、最近、僕も腰に湿布を貼っている。


先々週、かみさん風邪を引いた。
先週は、僕が風邪を引いた。


仲が良く見える?


病気は仲良くしたくない。


ブログランキングに参加しています。
応援クリック、お願いします。
    ↓
banner_03.gif

花子さんの診察について、もう一つ。
何度か書いていることなんですが。


花子さんが今のD病院に行き始めたのは、
「C」クリニックからの紹介でした。


紹介をいただいた「C」クリニックの前に
長年通っていた「B」心療内科があった。


病気の始まりは、もう11年も前のことです。
夜中に急に息苦しくなり、
救急車で運ばれる。
「A」救急病院に着いたら、容体も落ち着き、
自律神経失調症の診断だった。


自律神経失調症って何だろう?
あまり納得がいかなかった。
新聞の折り込み記事に、パニック障害という病気のことが
書かれていた。
その頃は、あまり知られていない病気。
思い当たる症状があり、
その筆者の「B」心療内科へ行ってみた。
そして、パニック障害の診断を受ける。


しばらくしてから、鬱病へと変わって行った。
もしかしたら、それはアルツハイマーの初期だったのかもしれない。


「B」心療内科に長年通院をしていたけど、
一向に良くならず、
病院を変わろうと思う。


インターネットで調べて、信頼できそうな病院を探す。
「C」クリニックは、初診の予約が、3ヵ月後。
でも、普通じゃない症状と、
どこかに頼りたいという気持ちから、
ずっと待つことにした。


3ヶ月たって、ようやく診察を受ける。
3、4回目の診察のとき、
Dr.が、

どうも、鬱病だけではないと思われます。
MRIの検査を勧められ、、「F」脳神経外科で検査をしてもらう。


MRIの検査後、その場で写真を見て頂いたが、
脳神経科の医師は、

脳に異常はないでしょう。
とのことだった。


「C」クリニックに写真を持っていく。
C医師も、異常はなさそうとの診断。
でも、どうしても症状が腑に落ちないと言うので、
専門医の診察を勧められ、
今通っているD病院を紹介された。


そこで、今のDr.にめぐり合う。
始めは、検査だったんで、おっかない雰囲気。
かみさんも、しばらく後までDr.を怖がっていた。


長谷川式認知症スケールでは、半分以上が
答えられなかった。
かみさんが診察室を出て、Dr.と二人になる。
Dr.はしばらくMRIの写真を見ていた。


脳のここの部分を、海馬と言います。
ここに、ほんの僅かですが萎縮が見られます。
なかなか見つけにくい部分です。
先ほどの検査で、立方体の絵を書いていただきました。
こんなにゆがんだ形になっています。
認知症の、アルツハイマーでしょう。


ここで始めて、本当の病が分かりました。
平成17年3月のことです。


徐々に進行していると思われるけど、
極端な変化はない。


2年半前に長谷川式認知症スケールの検査をしてから、
その後、一度も同様な検査をしていない。
MRIは持ち込んだ脳神経外科の写真だけで、
D病院では撮り直さなかった。
もちろん、CT、認知症スケール、血液、心電図、萎縮検査も。


Dr.に一度、検査をしないのか聞いたことがある。


患者さんをわざわざ不安な状態に置かなくても良いでしょう。
費用もかかります。


初めの頃は、本当に認知症なのかと心配だった。
進行はどうなのだろう。
僕の、性格か、仕事柄か、
どうも、数字や、具体的な証明をほしがるんです。


今は、Dr.の言う通り、わざわざ不安がらせることはないと思う。
僕が、数字や写真の違いを見て納得しても、
それは介護者側の気持ちであって、
かみさんの心配を増やすことになる。


昔のことを思い出しながら書いていたら、
経過説明が長くなってしまいました。
始めてアルツハイマーの診断をされてから、
その後、一度も検査を受けていないことを
書きたかったんです。


これを書こうと思ったのは、
コメント、メールでたくさんの方たちから
同じような心配の書き込みを頂いたからです。
 (返事を書けなくて、申し訳ありません)


アリセプトの量が増えることによって、
心配されている方がたくさんいます。
僕も、介護者の一人なので、詳しいことはわからない。
でも、自分が信頼できるDr.と相談しながら、
良い方向に持っていきたい。


悩んだり、迷ったりするのは、
僕も同じです。
ちょっとした変化があると、
すぐに、あせってしまう。
パソコンの前に座っている時は、落ち着いてる時だけど、
その場では、嘆いたり、悲しんだり、声を荒げたり・・・


でも、ブログからたくさんの励ましとヒントを頂いて
落ち込みも少なく、
前向きにいられるかな。
ほんの少しですけど。



元気を出しましょう。




ブログランキングに参加しています。
応援クリック、お願いします。
    ↓
banner_03.gif




先週、D病院の診察があった。
先月はDr.がお休みだったので、2ヶ月ぶり。


前回の診察、9月17日の日記で、



「次の診察は、2ヵ月後の11月。
 かみさんと、僕。
 その時までに、ちょっと変化が起こりそうな予感がする。」


と書いたけど、
落ち込んだり、下がり気味なことはあるが、
どうにかこうにか、
大きな変化はなく、穏やかな日を過ごせてる。


診察室に入る。
いつものように、かみさんとDr.との世間話。


どうですか。
外に出ることはありますか。


あまりないです。


たまには気晴らしに、近所を散歩されたらどうですか。
帰り道がわからなくなるといけないかな。


それはないです。


かみさん、自信を持って言っていた。
道に迷うことはないと思う。
毎晩、かみさんと一緒に、ランの散歩に出るけど、
僕は、すごい方向音痴。
家から少し離れると、すぐ迷ってしまう。
かみさんは、ちゃんと覚えてる。
それに、ランも道がわかっていて、案内してくれる。


まだ、デイサービスに行く気になりませんか。
人と触れ合うのはいいですよ。


かみさん黙ってしまった。


Dr.が僕の方に向く。


今アリセプトを5mg飲んでいますが、
10mgまで飲めるようになりました。
増やすことによって、意欲が出てくることもあります。
気の持ち方も変わって、
デイサービスに行こう、と思えるようになることもあります。


ずっと薬は飲んでいますので、
アリセプトを飲まなかった時と、比較することはできませんが、
家内にはこの薬は、あっていると思います。
増やすことによって、良くなるということもありますか。


アリセプトの効果は、現在の状態を維持させることが大きいです。
良くなることは、あまり期待できませんが、
高度の方も飲めるようになって、改善はあります。


今、家内の認知症はどの程度ですか。


中度から、高度に移ってきていると思われます。


普段のかみさんを見ていると、
大きな問題行動もなく、自分のことはできている。
まだ、初期段階と思っていたが、
Dr.の診断は、高度になってきているのか。


腰痛と、僕が仕事で出かける時は落ち着かなくなり、
それ以外は穏やかなこと。
ただ、一人で入浴、家事ができなくなったり、
物忘れが進んでいることを話す。


かみさんが隣で聞いているので、
気を使いながら。


今が落ち着いていると思えるなら、
無理して増やす必要はないです。
副作用が出てきて、
かえって、症状が悪くなることもあります。
ご主人がどちらにした方が良いか
選ばれて構いません。


では、今のまま、もうしばらく様子を見ようと思います。


わかりました。
それで良いと思いますよ。


1ヶ月間つけていた血圧測定表を見せ、
他の薬も、もう一度見直してもらう。


次は僕の番です。


 





ブログランキングに参加しています。
応援クリック、お願いします。
    ↓
banner_03.gif