アリセプトを10mgに増やしたのは、
僕にとっても、納得がいくことでした。

 

昨年8月23日に、アリセプトの1日の服用量が、
5mgから10mgに認可されました。

 

アリセプトは、日本で唯一の
アルツハイマー型認知症の治療薬です。
これまでは、軽度、中度の認知症の進行を
抑える効果がありました。
10mgに増やすことによって、高度のアルツハイマーの治療に
役立つと言われています。

 

11月の診察のとき、Dr.から増やすかどうかの話があった。
そのときは、症状も落ち着いているので、
しばらく様子を見ることにした。

 

最近のかみさんを見ていると、
徐々に進行しているのを感じる。

 

問題行動はあまりないが、
物忘れは、確実に進んでいる。
1日前のことを覚えていないのは前からだが、
最近は、1時間前、数秒前のことも忘れることが多い。

 

次に何かをするように言うと、
立ち上がって、やろうとする。
でも、立ち上がったあと、
何をするか忘れてしまっている。
絶えず、声を掛ける必要がる。

 

  まあ、僕だって、1階で仕事をしていて、
  用事があって2階に上がると、何をするんだか忘れてしまい、
  また、1階に戻って、机に座って思い出す。
  なんてことが、しょっちゅうあるけどね。

 

着替えで服を選べなくなっている。
入浴前は、下着からパジャマまで用意する。
朝も出しておかないと、適当に1枚だけ着て、
いつも秋口の薄着。
外に出かける時は、靴も用意する。

 

仕事で、僕が外に出るときは、
昼食を作り、テーブルに置いておく。
帰ってきたら、何も手をつけないでそのままになっている。
ラップを掛けておくと、
目の前にある物も、気がつかない。
一日、寝ている 。
電話で、食べたのか聞くと、食べたとは言う。
多分、お菓子だろう。

 

今、食器洗いはやってもらっている。
僕が洗い物を嫌いなのは、良くわかってるんで、
助ける気持ちがあるんだな~

 

でも、最近は横について、スポンジ、洗剤を渡す。
僕は、一緒にガス台の掃除をしながら、
横目で見ながら、次に洗うものを
さりげなく言うようにしている。

おかげで、我が家のガス台と換気扇は、
毎日磨き上げてるので、
ピカピカだ。

 

着替え、洗濯、洗い物、片付け、食事等々、
用意さえして、声掛けすれば、
僕が手を出す必要はない。
すべて自分でできる。
トイレも全く問題ない。

 

不安な症状は、いくつか見受けられる。
診察のとき、Dr.と話しながら、
増やすには良い時期だろうと思い、
お願いしました。

 

ここ数日、気持ちが悪いと言って、
元気のない日が続く。
様子見です。

 

 

でも、アリセプトは高い薬・・・

 

保健薬価は、5mg 1錠で453円。
これを、1日2錠だと906円、1ヶ月 27,180円
保健を使って、3割負担で 8,154円、
かみさんが受給者になっている、
「自立支援医療」
だと、1割負担なので2,718円 (これには助かってます) 。
他にも、胃腸薬、精神安定剤、睡眠促進剤、血圧薬等々・・・

 

月に支払う金額は、            3,860円
そして、僕の薬代は、           2,180円
病院の診察代2人分で、         1,870円
おまけに、僕の痛風の薬と医療費が  2,540円
かみさんの、腰痛のリハビリが     3,500円
なんと! 
1ヶ月合計で、        13,950円!!

 

ふ~~っ

 

病気の治療には、お金がかかる。
お金がないと、治療ができない。

 

20日の日曜日に、NHKで認知症特集がありました。
その中で、介護施設の方から、

 

治療薬として、アリセプトを使いたいけど、
予算がなく、買うことができない。
安心して治療が受けられるように
国として支援がほしい。

 

と、強い訴えがありました。

 

本当です。
アリセプトを使いたくても、使えない人はたくさんいる。
適切な治療に、必要な薬は、
使えるような、援助がほしい。

 

(参考 : アリセプトの薬価は、gooヘルスケア 
       薬検索で調べました。         )

 

NHKの番組については、
ウルルさんが詳しく書いてくださいました。
僕は、集中して見れなかったので、
参考になりました。

こちらをクリックして頂くと、飛べます。

 

ブログランキングに参加しています。
応援クリック、お願いします。

    ↓
banner_03.gif