1月の10日頃、息子から電話があった。

 

今月末に、引越しが決まった。
その前に会わせたいんだけど、
13日の日曜日は、家にいる?

 

いるよ。
何時頃くる?

 

4時ごろだと思う。
ちょっと挨拶して、30分ぐらいで帰るよ。

 

かまわないけど、落ち着かないなぁ。

 

突然なので、驚いたが、
どうせくるなら食事ぐらいしたいと思った。
でも、僕が作るようになるしな。
それに、人を迎えるだけの家になってない。
掃除が、大変だ。
気にしないで、そのまま見せてもいいんだけど、
1週間に一度しか掃除をしない我が家は、
 (日曜日に、まとめて僕がするんです)
どうしようもなく、散らかり放題。
そのまま見せる限度を超えている。

 

どうしようかなと思い。

 

彼女はお酒飲めるの?

 

バリバリ。

 

なんだ、じゃあ、横浜で待ち合わせて、
食事に行こう。

 

むこうが気を使わないかな。
聞いてみるよ。

 

僕も、酒を飲みながら話したほうが
楽しいし、気兼ねなくできる。
翌日、電話があった。

 

食べに行くんでも、構わないって。

 

じゃあ、6時に待ち合わせだ。

 

急に楽しみになり、
どこへ行くか迷う。
僕の持っている、在庫を
 (行ったことがある、店のことです)
一つ一つ思い出す。

 

始めて会うんで、多少は良い店。
でも、気取りすぎない、緊張しない。
若い連中が、楽しめそうな料理。
お酒も、面白みがほしい。
回りが、ガチャガチャしないほうがいいんで、
仕切りか、個室。
ちょうど良い店が思い当たったんで、予約をした。

 

当日、待ち合わせの5分前、
同じ頃に、到着。 

 

始めまして、☆○☆子です。

 

会って、びっくり。
かわいい子だった。
年上と聞いていたけど、
そんな感じはしない。

 

お店に行く途中、僕とかみさんは先を歩く。
息子たちは、あとから付いてくる。

 

かわいい子だね。
良かったね。

 

かみさん、第一印象がすごく良かったみたい。
後の二人に聞かれないように、何度も言っていた。

 

お店に入って、
まずは、乾杯。
彼女は、緊張気味。
僕とかみさんは、アルコールが少しでも入れば、
リラックスして、ご機嫌。

 

今日は、どこか行ってきたの?

 

うん、こっちの親にも挨拶して来た。

 

エッ、行って来たのか!?

 

やっぱり一緒に住むんで、
挨拶だけはしておいたほうがいいと思って。

 

びっくり続き。
息子が、ちゃんとそんなことを考えて、するなんて。
うちの息子。
一人っ子ということもあり、
結構、甘い。
家では、ゲームと漫画ばかりで、
どっちかというと、オタク。
世間知らずと思っていたら、いつの間に。

 

どうだった。

 

父が、きついことばかり言って、
タロウさんに、辛い思いをさせてしまいました。

 

涙をためてしまった。

 

そりゃ、お父さんが心配するのは当たり前だよ。
一人娘が(弟がいるらしい)結婚もしないで、
男と一緒に住もうとしてるんだから。
強く言ってくれるのは、それだけ心配してくれているんだから、
ありがたいことだよ。

 

美味しい料理を食べ、旨い酒を飲み、
和やかに、良い時間が持てた。
かみさんは、ずっと、ニコニコしながら
話を聞いて、時々、励ましの言葉をかける。

 

店を出て、二人と別れる。
僕達は、少し落ち着きたいので、
コーヒーショップへ。

 

かみさん。

 

良かったね~
すごくいい子だね~
タロウには、もったいないな。

 

タロウにもったいないを、
何度も、何度も、繰り返していた。 

 

引越しの話を、また今度。

 

 ブログランキングに参加しています。
応援クリック、お願いします。

    ↓
banner_03.gif 


 

 

テーマ:つぶやき
ジャンル:福祉・ボランティア