先月の末に、二人同時の引越し。
息子は、今まで電気製品、家具付きのアパートだったんで、
荷物は、身の回りの物だけ。
僕が、納品の時に使っている車、
ハイエースで十分だった。
花子さんも一緒に手伝い。

 

彼女は、病院の寮に入っていたので、
荷物はたくさん。
引越し業者に、頼んだ。
実家かから、お母様が手伝いに来てくれた。 

 

僕達は、11時頃に、今までのアパートに着いて、
荷物を積み込む。
退出の手続きを済ませて、
新居へ。

 

星子さん達は、
  (彼女の名前を、星子さんにしました。
   特に意味はないんです。
   前、2回の日記に「☆○☆子」と書いたんで、
   星子さん。
   安直?
   まぁ、花子もタロウもそんなもんです。)
9時に業者が来たらしく、もう昼には片付いていた。

 

新居に着く。
息子が携帯で連絡を取っていたので、
下の階まで、出迎えてくれた。

 

始めてお目にかかる、お母様。

 

始めまして。
スリブリと申します。
ご心配をお掛けしまして申し訳ありません。
よろしくお願い致します。

 

星子さんのお母様からも、
ご丁寧に、ご挨拶を頂いた。

 

そこからは、引越しの慌しさ。
ドタバタして、無事終了。
お母様と、落ち着いて話すことはできなかった。
でも、ドタバタしている時に、
その方が、どういう人なのか良くわかる。
僕たち家族の事も、わかってくれたと思う。

 

かみさん、元気だったな~
僕が、次に何をするか、それとなく言えば、
きちんと、仕事をこなす。
多少、見当はずれなことがあっても、
ちょっと目配りすれば、問題ない。
母親としての、優しさがあふれていた。

 

お母様は、遠いので、早めに帰る。
駅まで送った。
僕は車から降り、
挨拶をして、別れた。
その、挨拶には、言葉に出さないけど、
お互い、たくさんの気持ちがこもっていた。
ひしひしと伝わってくる、
二人の、深々とした、お辞儀。

 

親としての責任を感じる。

 

息子たちと4人で、スーパー、家具屋さんに寄る。
とりあえず、必要な物の買出し。
アパートに運び込んで、帰る。

 

帰り際、息子が近くに来たんで、

 

おまえ、お母さんのことは、話しているのか。

 

まだ、話していない。

 

ちゃんと、言っておけよ。

 

帰りの車、
かみさんも疲れたのか、無口だった。

 

どうする? どこかで食事でもして行くか。

 

疲れたから、いいよ。

 

途中で、スーパーに寄って、おかずを買って帰った。

 

☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆

 

タロウには、幸せな生活を送ってほしい。
息子には、多少、ハンディがあるんです。
でも、それを知ってお付き合いしてくれる、
星子さんに、感謝している。

 

かみさんのことだって、ハンディだろう。
一人っ子、長男。
僕も、たくさんのブログを見て回り、
認知症の親を見る、お嫁さんのご苦労を知っている。

 

息子たちには世話にならず、
二人で歩んで行こうと、思っている。
僕がそばにいれば、何とかなるさ。

 

星子さんの仕事が、介護関係で、
精神保健福祉士の資格を持っていると言うことを知った時、
すごく嬉しかった。

 

僕は、介護関係の仕事をしている方を、
尊敬しているんです。
Dr.、看護士さんはもちろん、
ケアマネさん、ヘルパーさん、保健士さん、
施設に勤められている方、地域で活動されている方、
ボランティアをされている方々・・・・

 

たくさん、働くところがある中で、
人とのふれあいを大事にする仕事を選ぶ。
とても大変な仕事なのに。

 

この仕事についている人達に、
本当に敬意を感じます。 

 

星子さんも、そんな一人です。
優しい気持ちを持った人が、
息子と、お付き合いをしている。
すごく嬉しいんです。

 

かみさんのことを、見てもらおうなんて、
ちっとも思っていない。
でも、理解のある人が近くにいる。
それだけで、心強い。

 

 

ブログランキングに参加しています。
応援クリック、お願いします。

    ↓
banner_03.gif 

 

☆ コメントを入れていただいた方へ ☆

せっかく入れていただいたのに、
返事ができず、申し訳ありません。
返事もしないくせに、コメントを楽しみにしている、
自分勝手な、私です。
遅くなっていますが、
少しずつお返ししています。
横の「コメントありがとう」の欄にお名前があったら
覗いてみてください。
 

 

テーマ:つぶやき
ジャンル:福祉・ボランティア