花子さんを、美容院に連れて行った。
前回が、12月30日だったんで、
3ヶ月近く、行ってない。

 

結構、バサバサになっていた。
この美容院は3回目。
ポイントカードを見たら、
その前が9月。
3ヶ月に一度のペースだな。
もっと連れて行ってあげたいんだけど、
自分で、「限界」と思うまで、行きたがらない。
でも、帰ってくると、
髪に指を通して、

 

すごくサラサラ。
気持ちいい。

 

と言う。
行けば、リフレッシュした
気持ちよさを感じてる。

 

僕が前もって美容院へ行き、
予約を取る。
時間が来たら、
花子さんを、連れて行く。
以前は、一人で行ってたけど、
今は、ついていかないと、
美容院の中に、入らない。

 

かみさんが、自分で選んで行ってた頃は、
わりと大きな、おしゃれで、今風の
美容院だった。
僕が連れて行き始めたのは、
こぢんまりとした、夫婦でやっているお店。
長くお付き合いするには、
担当が行くたびに、替わるより、
よく知ってくれる、家族的なお店の方が
いいんでね。

 

車で行く途中、かみさんは、
何度も、お金を、出し入れしていた。

 

財布が重いから、(この話は、次にしよう)
1万円札だけ持って行く。

 

ズボンのポケットに入れておきな。
コートだと、脱ぐんで探しちゃうぞ。

 

お札を1枚、ポケットに入れるのは、
今、通っている整形外科と同じ。
ここも、入り口まで付いていく。
終ったら、かみさん、自分で会計を済ませて、
犬の散歩をしながら待っている僕と、
待ち合わせ。

 

家で仕事をしていたら、
かみさん、帰ってきた。

 

ああ、すっきりした。

 

カットのこと、お店のこと、
色々話した。

 

いくらした?

 

忘れちゃった。

 

ポケットにお釣りが入ってるだろ。
見せてみな。

 

万札しかないよ。 

 

エッ!
だって、万札を持っていったんだから
お釣りがあるはずだろ。
万札、何枚持っていった?

 

覚えてない。

 

払ってないのかな?

 

お店の人が言ってくれるでしょ。

 

そりゃそうだよな。
電話してみようかな。

 

聞いてみて・・・

 

店に電話をする。

 

先ほど、お世話になった、スリブリです。
お支払はしていきましたか?

 

ご主人が財布を持っているので、
取ってきますとおっしゃってました。

 

スミマセン。
今すぐ支払いに行きます。

 

お店に行って、
少しだけ、病のことを話す。
これからも行くので、理解してもらいたいんで。

 

帰って、

 

気がついて良かった。
ちゃんと払ってきたから、
大丈夫だよ。

 

かみさんを怒ったり、
注意したりはしない。
その時は、気がついていないんだし、
無事済めば、OK。

 

それよりも、きっと、財布が無くて、
不安だっただろう。
ちゃんと説明して、店を出れて良かった。

 

払ってないことを覚えてくれていれば、
もっと、良かったんだけどね。(笑)

 

今回の支払は、僕の失敗だった。
できるものとの、思い込みがあった。

 

できることは、なるべく手を出さずに、
させるようにしている。
少しずつ、できることが減ってきている。

 

でも、そばで見ていて、
少しの手助けをすれば、
変わりなく、できる。

 

穏やかに過ごすには、
一つ一つの確認が大事だな。

 

花子さん、

 

良かったね。
次から、行けなくなる所だった。

 

のんきに、喜んでた。

 

ブログランキングに参加しています。
応援クリック、お願いします。

    ↓
banner_03.gif