夕食を作るのは僕だが、
食後の洗い物は、花子さんがやってくれる。

 

花子さんは、食器を洗うことで、
僕のことを、助けてるという気持ちを、
持っている。

 

よっぽど具合が悪いとき以外は、
必ずやってくれる。
ありがたいし、助かってます。

 

前にも書いたけど、今は横にいて、
一緒に洗い物。
でも、僕は、食器には手を出さない。
出来る仕事は、大事にしたいんでね。

 

洗剤、順序を少しだけ口添えして、
ガス台の掃除をしたり、
テーブルを拭いている。

 

僕は料理をしながら、
調理器具、まな板を洗うことを(ようやく)覚えたので、
食事が始まる時は、
流しには何もない。

 

でもこの前は、料理をする時間が遅くなってしまい、
フライパン、まな板、鍋を置いたままだった。

 

それが、大失敗。
僕としたことが、とんでもない手落ち・・・

 

花子さん、洗い物をしながら、

 

痛い!!

 

手を見たら、指から血が出ていた。
流しに、包丁が落ちていた。

 

包丁をスポンジで洗うとき、
手を滑らせて、指先を切ってしまった。

 

すぐに指の根元を押さえて、止血。
傷口をティッシュで押さえる。
血がにじんできたが、
しばらくして、止まる。

 

止血をしながら、傷を見る。
横に滑らせたので、長さは1cmくらい。
幸い、深くはなかった。

 

なんということか!
介護者として、
最低!
最悪!
どうしようもない。

 

刃物と、火には、絶対に
気をつけなければいけないのに。

 

うっかりしたな・・・
軽い怪我ですんだからいいようなもの、
何が起こるか・・・
注意を、怠ってはいけない。

 

次の日から、
花子さん、洗い物を嫌がるかと心配したが、
いつもと同じように、やってくれた。

 

今日、救急バンソコウを取り換えるとき、
傷を見たら、くっついていて、もう大丈夫。

 

いろんな意味で、
良かった。

 

ブログランキングに参加しています。
応援クリック、お願いします。

    ↓
banner_03.gif 

 

以前、僕が手を切ったとき、
サビオはどこだ
と言う記事を書きました。
サビオがわからない方がいたので、
今回は、「救急バンソコウ」にしました。

 

正式名称(笑)

 

 

テーマ:つぶやき
ジャンル:福祉・ボランティア