先週の土曜日、
花子さん、調子悪かったな。

 

6時頃に仕事を終わらせて、2階に上がり、
散歩に誘ったけど、
横になったままで、起きてこない。

 

腰が痛くて、動けない。

 

エッ!
大丈夫か?

 

・・・・・・

 

じゃあ、寝てな。
散歩は、後にしよう。
ご飯出来たら、呼ぶから。

 

その日は、気持ちが明るいはずなのに・・・

 

昼前に太郎が、書類が必要と言って、やって来た。
久しぶりに、ご対面したのに・・・

 

昼は、3人で、ラーメンを食べに行った。
30分位並ぶ、有名店。
皆で、美味しい!って食べたのに・・・

 

帰り際、僕に内緒で、小遣いを渡したのに・・・

 

気分の良さより、体調の悪さが勝ってしまったか。

 

花子さん、

 

また、腰の痛いのが始まるのかな
やだな~

 

腰痛から、体調、気分の不調が来るというのが、
よくわかってる。
ちょっとした痛みがあるだけで、
それが気になり、考えすぎて、
すべての具合が、悪くなってくる。

 

食後、散歩に誘ったら、出ることが出来たんで、
それほど、重症ではない。
風呂にも入れた。
寝るときまでは、良くなっていた。

 

2時ごろ、

 

ねえ、
悪いんだけど、
腰が、どうしようもなく痛い。

 

夜中に起こされた。

 

ビックリ!

 

以前だと、何も言わずに、枕が飛んできた。
布団をはがされ、ゴミ箱も投げられた。 

 

「悪いんだけど」

 

だって。
聞きなれない言葉を聞いて、
ジーンとしてしまう。
かわいそうで、いとおしくなる。

 

痛み止めの薬を飲ませ、
塗り薬をつけながら、マッサージをして、
湿布を取り替える。

 

一人で別の部屋に行ったり、
何度も起き上がって、
落ち着かなかったけど、どうにか寝れた。

 

翌日の日曜は、花子さん、11時近くまで寝ていた。
気分転換を考えていた。
起きてきたので、

 

今日の昼飯は、江ノ島のシラス丼か、
深大寺のお蕎麦でも食べに行くか。
どっちがいい?

 

どっちでもいい。

 

明るい返事。

 

じゃあ、江ノ島はまだ混んでるかもしれないんで、
深大寺に行くか。
ランも一緒に食べられるぞ。

 (ここのお寺は、周りにお蕎麦屋さんがたくさんある。
  深大寺の横に、動物霊園、ドッグランもあるんで、犬連れが多い。
  どのお蕎麦屋さんも、外に席を作って、犬も一緒に入れるんです)

 

ランと一緒が言いな。

 

出かけてる間は、花子さん、調子が良かった。
お蕎麦も、美味しいって、感激していた。

 

今週は、腰痛が一日おきに出ている。
僕が仕事で外に出ることが多かったんで、
なおさら。

 

季節の変わり目を、
体が敏感に反応している。
早めに手を打たないと。

 

ブログランキングに参加しています。
応援クリック、お願いします。

    ↓
banner_03.gif