先週、月に一度の診察があった。
花子さん、病院にも、Dr.にもすっかり慣れているので、
安心して、出かける。
 
呼ばれて二人で診察室に入った。
まず、花子さんから。
 
お元気でしたか。
 
ハイ。
 ( にこやか )
 
この1ヶ月どうでしたか。
 
ええ、まあ。
 ( 相手の言うことは理解して返事は出来るが、
   会話はすすまない )
 
困っていることはありませんか。
 
大丈夫です。
 
デイサービスに行く気には、まだなりませんか。
一人で留守番しているより、楽しいと思うだけどな~
 
家にいた方がいいです。
 
見学してみたらどうです。
一週間に一度でもいいので、
楽しいことをしている日だけで も
行ってみたらどうですか。
 
・・・
 
考えてみてくださいね。
 
ここまでは、毎回同じパターン。
 
Dr.書類を見ながら。
 
これはどうするかな。
だめかな。。。進んでいるからな。。。
 
ひとり言のように言っていた。
 
僕に向かって、
 
治験が始まるんです。
 ( 治験 = 開発中の新薬を服用して、安全性や、有効性を
         確認する試験です )
ただ、花子さんの場合は、認知機能が落ちているから、
該当しないな。
申し訳ないないな・・・
 
僕も、次の治験が気になって、質問。
 
私も、新薬のことを知りたくて、
インターネットで、色々見ています。
今は症状は落ち着いてますが、
緩やかな下降で、
快方には向かっていないです。
最近は、サプリメントで、効果があることも聞いてます。
どういった薬が始まるんですか。
 
ワクチンの治療が始まります。
日本では、保健で承認されている薬は、
アリセプトだけしかないです。
外国でもありますが、同じように、
快方ではなく、進行を遅らせる意味合いの薬です。
 
今回のワクチン療法は、
老人斑という、頭に沈着するシミの
主な構成成分の
アミロイド蛋白というものに対する
免疫療法です。
 
ただ、組み入れ基準が細かくて、
ある程度の認知機能が、保たれている方が対象なんです。
 
早く商品化されれば良いんですけどね。
 
難しい話だったけど、
聞き漏らさず、自分の中で噛み砕いて聞いた。
これまで、調べていたことと重なり、
理解することが出来た。
 
ただ、気がついたのは、
Dr.の判断では、認知機能が保たれていない段階に入ってるんだ。
いつも一緒にいると、わからない。
ちょっとだけ手助けをすれば、
変わりない生活が出来ている。
 
もしかすると、僕の中だけで、
出来てると思ってるのかもしれないな。
 
今は、なんとか小康状態を保っているので、
この状態を、一日でも長く続けたいですね。
 
頑張ります。
 
花子さんの、「頑張ります」を聞いて、
皆で、笑ってしまった。
 
頑張るためには、デイサービスとかを利用して、
頭の活性化に、努めるといいですよ。
 
今回は、ここまで。 
 
僕は、日記を書くのに、
4~5日かかってしまう。
ここまで書いていたら、
今日(27日)の朝日新聞の夕刊に、
小さく、興味のある記事が載っていた。
 
「 アルツハイマー進行抑制
 米ぬかから抽出
 フェラル酸効果 」
 
米ぬかから抽出された、天然のポリフェノールの
フェラル酸入りの健康補助食品を、
9ヶ月間投与した結果、
軽度、中度の患者には、改善の状態が続いた。
 
と、書かれていた。
このサプリメントは、一部かもしれないが、
今、大変話題になっている。
僕がよくお邪魔する、
ブログ、掲示板で、効果が報告されている。
 
大変、興味ある記事です。
 
 

ブログランキングに参加しています。
応援クリック、お願いします。

    ↓
banner_03.gif 

  

花子さんは、トイレの失敗をしたことがない。
そんなことを書くのが申し訳ないほど、
完璧。

 

Dr.からも

 

そこは、頑張ってますね。

 

と言っていただいたほど。

 

ただ、使い方に、戸惑いがある。
家では慣れたトイレなので、問題ない。
夜中でも、一人で起きて、行って、帰ってくる。

 

でも、外では、不安がある。
始めてのところでは、迷っているみたいだ。
特に、最近、おしゃれなトイレが増え、
僕だって、どこを押せば水が流れるのわからない。

 

外では、あまりトイレに行かない。
それが、トイレの、鍵、水洗などに
不安なことがあるからというのに、
気がつかなかった。

 

毎日覗いている掲示板があります。
ずいぶん前になりますが、
そこで、始めて、
トイレの介助について教えてもらった。
外出先のトイレをどうしているかと言うことが
話題になっていた。

 

体の不自由な人用のトイレを使う方。
一声かける方。
色々なアイデアがあった。
ご夫婦で、男性が介助されている方は、
更に悩みがある。

 

気がつかないことでした。
それからは意識をしている。
出来るだけ、不安が出ないようにしている。

 

でも、今回、ジャズホールで、
これからは、もう一歩踏み込んだ介助をしなければと感じた。

 

腰が痛くなって、途中で二人で会場から出たとき、
ついでに、トイレに行った。
歯医者にいたときから声をかけていたが、

 

大丈夫

 

と言って、一度も行かなかった。
その間、僕は、何度も行っているというのに。

 

トイレを勧めたが、初めは、平気、と言っていた。
ホールは、演奏中なので皆、中に入っている。
外には誰もいなかった。

 

一緒に行ってあげるよ。

 

かみさんを誘う。
ここも、おしゃれなトイレ。
男性用と女性用が、入り口を挟んで、左右にある。
絵が小さく書いてあるだけなので、わかり辛い。

 

女性用に行ったら、幸い、誰も入っていそうもない。
中まで入る。
トイレのドアだか、壁だかわからない作り。
これじゃあ、かみさん、迷うな。

 

ドアを開けて、鍵と、水を流すボタンを教え、
僕は外に出る。
入口で待っていた。

 

しばらくすると、かみさん出てきた。
出てくる前に、水を流す音も聞こえた。

 

無事終了。

 

これまでは、
多分、鍵を閉められなかったこともあったろう。
どこをひねれば、水が出てくるのか。
鍵の開け方は、すぐに分かったのか。
ガチャガチャやってただろうな。

 

手を洗うのだって、
差し出すだけで水が出てくる、
自動水洗は、使い方が分からない。
ましてや、大きなレバーで、
押せばよいのか、左右に動かすのか、
分かるはずがない。
 (断定できるのは、僕が分からないからです)

  

トイレのことは、デリケートなことです。
自尊心を傷つけたくない。
さりげなく、安心できるように見守って行きたい。

 

それにしても、僕は、まだまだだなと思うことがある。
他のブログを訪れて、皆さんのお世話を読んでいると、
もっと進行した時、
僕にできるのかなと、不安がある。

 

たくさんのブログで、勉強させてもらってます。

 

悩みながら、一つずつ前向きに介護をされている
  K-World (Kの世界)

 

突然襲ってくる、たくさんの変化を、明るくやり過ごしている、
  Let's enjoy the 介護

 

他にも、横のリンク先とブックマーク集、
そして、ランキングに登録しているブログには、
教わることばかりです。

 

ブログランキングに参加しています。
応援クリック、お願いします。

    ↓
banner_03.gif 

  

 

 

横濱ジャズプロムナードは、規模が大きい。
1日回っても、ほんの1割くらいしか見れない。

 

なんたって、
大・中ホールが 11箇所、
ジャズライブハウスが 25箇所
街角ライブが 12箇所。
これは公式ステージなので、
他にも、たくさん。

 

ミュージシャン 2,300人、
延べ180ステージ、観客13万人だって。

 

今年は、ホール3箇所、ライブハウス2箇所だけだった。
他に、飲み屋が3箇所あったけど(笑)

 

1軒目は、横浜に大型船が来ると、船着場になる、
大桟橋。
ここの1階に、ホールがある。
そこで、ピアノを中心に、トランペット、トロンボーン他、
計8人の、ラテンジャズ。

 

歯医者に行ってからなので、
少し遅れてしまった。

 

友達が席を取っておいてくれたんで、
特等席。

 

ただ、
花子さん、20分ぐらいすると、
調子が悪くなる。

 

腰を痛がる。
歯の麻酔も切れてきて、落ち着かない。
二人だけで、退席。
外の空気を吸わせた。
生演奏が、体にズンズン響いていたので、
歯にも、来たかな。

 

痛み止めの薬を飲ませる。
しばらくすると、落ち着いてきた。
この日、調子が悪かったのは、
この、一回だけ。
あとは、ご機嫌。

 

ホールの演奏が終わったので、
4人で、外に出た。

 

桟橋の出口に、カフェがある。
そこで、昼食。
花子さん、前日の晩ご飯を半分食べただけで、
歯が抜けてしまい、
朝食も食べていない。
腹ペコ状態。

 

まずは、皆で生ビール。
ピザとパスタを頼んで、腹ごしらえ。

 

その後、別のホールへ行き、
女性サックスがメインのグループ。

 

途中、ライブハウスにも寄りながら、
もう一軒ホールへ行く。
満員で次のステージを待たなければいけない。
並んでいるのは、時間がもったいないので、

 

じゃあ、
と言うことで、焼き鳥屋
野毛と言う、古くからある飲み屋街へ。
美味かったな~

 

ホールに戻り、ピアノ、ベース、ドラムトリオの
演奏を聴く。
すごく良かった。

 

歩いてる途中にあった、
ライブハウスで最後の演奏を聴き、
駅へ。

 

このまま帰るのはもったいないので、
焼酎バーへ行く。
4人でテーブルを囲み、
また、お酒。

 

友達夫婦は、来年4月に、
保育園を開園する。
56歳からの、新規事業だ。

 

僕も応援している。
酒を飲みながら、
保育園の話で、盛り上がった。

 

盛り上がり過ぎで、
向かいに座った二人が、
保育園の方針をめぐって、
言い合いを始めた。
酒も回っていたので、
どんどんエスカレート。
そのうち、口喧嘩になってしまった。

 

かみさん、

 

まあまあ、仲良くやってよ。

 

何度も二人をなだめていた。
横で、かみさんの言葉掛けを聞いて、
嬉しかった。

 

自分のことばかりでなく、
相手を思いやれる。
それを、にこやかに、話しかける。

 

友達夫婦も、遠慮しないで喧嘩をし、
かみさんを前にしても、気にしない。
認知症なんて、皆すっかり忘れている。
4人が、本音で、話し合える。

 

いいもんだ。

 

別れてからも、
かみさん、

 

Kちゃんたち、大丈夫かな。
うまくやれるのかな。

 

これが、次の日も続いた。

 

今でも、その話しを振ると、

 

心配だね。
うまくやってほしいね。

 

ちゃんと覚えてる。
まあ、印象深い大喧嘩だったからね。


 

ブログランキングに参加しています。
応援クリック、お願いします。

    ↓
banner_03.gif 

  

 

11日、12日は、横浜で、
ジャズ プロムナード」と言うイベントがありました。

 

昨年一緒に行った友達夫婦から、またお誘いがあり、
11日の土曜日に、かみさんを連れて、4人で行ってきました。
今年も、昨年と変わらず、音楽と、酒を楽しめて、
本当に良かった。
 ( 昨年のジャズプロムナードの記事はこちら→「ジャズ」 )

 

変わらない1年に感謝です。

 

ちょっとしたトラブルもあり。

 

ジャズと関係ない話が続きます(笑)

 

     ↓

 

前日、晩ご飯を食べていたら、
花子さん急に、

 

歯が取れちゃった。

 

見たら、上の前歯4本が、すっぽりと取れている。
今年の2月に取れたのと同じ。
( その時の記事はこちら→歯医者さんへ 

 

上の歯が4本ともなくなり、支えの金属棒が2本出ている。

 

まずい!
明日のジャズに行けなくなる。

 

真っ先に浮かんだのが、これでした。

 

歯医者さんの診察券を見たら、
土曜日は、10時から。
友達との待ち合わせは、11時に横浜の大桟橋。
間に合いそうもない。
電話を入れて、先に行ってもらうことにした。

 

翌日、10時少し前に歯医者へ行く。
あらかじめ電話をすると、予約優先で後回しにされる。
行って少し待てば、診てもらえるだろう。

 

行ったら、なんと、臨時休診。
しょうがない、すぐ近くにある、始めての病院へ行く。
入ったら、子供とお年寄りがいっぱい。
人気がある歯医者さんのようで、一安心。

 

かみさんの病を説明し、問診表を書いて待つ。
予約の人達より先に、診てもらえた。

 

かみさん不安そうなんで、
僕も、診察室まで入れてもらう。
横に椅子を置いてくれた。

 

Dr.口の中を見て、僕に、

 

この金属の土台にブリッジの歯を差し込んで
セメントでつければよいのですが、
歯ぐきが腫れて、入っていきません。
麻酔をかけて、レーザーで焼いてからになります。

 

口の中を見たら、歯ぐきが塊のように、腫れている。
これでは、差し込めたとしても、痛いし、すぐにはずれそう。

 

お願いします。

 

麻酔を打ち、効いてくるまでの間、
レントゲンを撮る。

 

なんだか、大げさになりそう。
治療をしている間、僕は、待合室に行った。

 

20分位して呼ばれる。

 

治療は終りました。
痛み止めと、消毒薬を出しておきます。

 

今日、これから出かける予定がありますが、
痛みは出てきますか。 

 

レーザーで焼いたので、傷口の痛みはありますが、
神経の痛みはないですよ。

 

口の中を見ると、歯ぐきの腫れ、噛み合わせなど、
治療が必要です。
始めると長くなりますので、どうするか考えておいて下さい。

 

痛みによっては、ジャズはあきらめようと思ったが、
大丈夫な様子。
腰痛で出してもらった時と同じ痛み止め薬にしてもらった。
「ロキソニン」この薬なら、飲み合わせも大丈夫。

 

病院を出た時、
かみさん、まだ麻酔が効いているので、
痛みもなく、元気。
歯が入ったことで、安心している。

 

どう?
痛まない。

 

大丈夫だよ。

 

レーザーで焼いたから、ちくちくするかも。

 

エッ
全然知らなかった。

 

うまく入ってよかった。
歯抜けでは、美人(?)が大なしだからね。

 

友達に電話して、ジャズプロムナードの会場へ向かいました。

 

続きは、また今度。

 

ブログランキングに参加しています。
応援クリック、お願いします。

    ↓
banner_03.gif 

  

 

僕が仕事で、午前中から出かける時は、
花子さんの昼食は、用意していく。

 

夏場は、コンビニの冷やし中華。
具材を並べて、スープをかけるだけにしていた。

 

でも、今は、冷やし中華の時期は終わった。
サンドイッチでもいいんだけど、
温かいものを食べさせたい。

 

だけど、電子レンジが使えない。
何度も書きました。
電話で電子レンジの使い方を説明するが、
上手く伝わらない。

 

カラーシールを貼っているんだけど、
説明下手か、
戸惑うことが多く、イライラさせてしまう。

 

そこで、今度は、シールに番号を振った。

 

電子レンジ 

 

これで、大成功。
12時半になったら、電話で説明する。

 

電子レンジの蓋を開けてみな。
中にお弁当が入ってるだろ。

 ( 冷蔵庫から出させるのではなく、
   始めから入れておく )

 

あった。

 

じゃあ、蓋を閉めて。
 ( 以前、このレンジのドアを閉めると言う説明を忘れて、
   いくらスイッチを押させても、
   開いたままなので、動かなかった。
   順序をきちんと説明する必要がある )

 

閉めた。

 

次に、上から二番目の、
赤いシールの「1」を押して。

 

押した。

 

じゃあ、次に一番上の黄色の「2」を押して。

 

押したよ。

 

どうだ?
電気がついて、回ってる?

 

うん、回ってる。

 

そこで、2分くらい、世間話。
頃合いを見て、

 

そろそろ、一番下の黄色の「3」を押して。
蓋を開けてみな。
温まってる?

 

熱くなってるよ。

 

じゃあ、大丈夫だ。
冷蔵庫に、お茶が入ってるから、
一緒に食べな。

 

分かった。

 

前は、色違いのシールだけだった。
そこに番号を入れた。
説明するときは、
シールの色と、番号を二つ言う。
これで、大成功。

 

30分後に、もう一度電話を入れる。

 

どうだった、
食べた。

 

うん、美味しかったよ。

 

じゃあ、冷蔵庫にプリンも買ってあるから、
お腹すいたら食べな。

 

分かった。

 

この方法がいつまで続くかわからないけど、
とりあえず、うまくいった。
出来なくなったら、また、そのとき考える。

 

それにしても、うちの電子レンジの製造年を見たら、
「88年製」と書いてあった。
前に、ガス台のことも書いたが、
うちは、物持ちが良い。

 

ブログランキングに参加しています。
応援クリック、お願いします。

    ↓
banner_03.gif 

  

 

日曜日、地区連合会の、運動会があった。
僕の住む町内会も、参加。

 

この地区は、住宅地。
普段、行き来がない人達が親交を深める、
絶好の機会。

 

僕は、必ず参加。
参加しなくては、ならない。
大きい商用車を持っている人がいないので、
テント、備品、飲食物の運搬に、駆り出される。
そして、町会の役員は毎年交代なので、
準備に慣れていない人が多く、
テントの設営が出来ない。
競技が始まる前と、終わりは、いつも監督です。

 

出場は、遠慮している。
僕も腰に爆弾を背負っているので、
無理をしない。
前後で、全パワーを使ってるしね。

 

テントの設営が終って、一度家に帰り、
花子さんを誘う。
かみさん、喜んで、一緒に出かける。
9時に家を出て、3時まで。
一日外にいた。

 

運動会が終ると、
いつも、住宅地の一角の道路をふさぎ、
懇親会を行う。
名目は、防災訓練。
大釜で、炊き出し、保存食の開封。
ビールを飲みながら、
子供たちも含め、大勢で、懇親会。
6時頃解散。
花子さん。
そこへも参加。

 

かみさんは、必ず僕の横にいる。
応援のときも一緒。
懇親会も、隣。
介護のそぶりは見せず、
さりげなく、サポート。
知らない人は、仲の良い夫婦と思っているだろう。

 

僕が一緒にいれば、病を感じさせない。
応援も、一緒になって、手をたたいて、喜んでいた。

 

いつも家の中に、こもっているので、
外の空気が気持ち良さそうだ。
腰痛も出ず、座って見ていた。

 

応援相手の、町内会の選手、
競技内容を、そのたびに説明。
でも、花子さん、昔運動会の役員をやったことがあるんで、
少し説明すれば、すべてを理解して、楽しんでいた。

 

仲の良い人とは、挨拶もして、世間話。

  

暑すぎもせず、さわやかな風の中で、
一日楽しむことが出来た。

 

途中、僕が一人で出ることがあった。
昼食の弁当を、車で取りに行くとき。
その時は、不安が出てしまったな~

 

かみさんに、

 

弁当を取りに行って来るから、
ここで、見ていて。
すぐに戻ってくるから。

 

うん。

 

返事は、にこやか。
駆けて車まで行く。
会長さん達と、駅前の弁当屋さんまで、飛ばす。
予約してあったんだけど、
10分くらい待たされた。
積んで、グラウンドに戻る。
その間、30分くらいだったか。

 

グラウンドのそばに着くと、
かみさん一人で歩いていた。
家のほうに向かっている。
役員に弁当を運んでもらい、
僕は、かみさんの方へ、

 

どうした。
弁当持ってきたぞ。
さあ、戻って、食べよう。

 

・・・

 

かみさん、目が少し釣り上がって、
不機嫌表情。
いつもだったら、そこで怒り出すが、
外の空気が良かったのか。
黙って、一緒に戻る。
弁当は、配り終えていた。
余っていたのを、二つもらう。

 

ほら、弁当もらってきたぞ。

 

なにこれ、
まずそう。

 

と言いながら、ニコニコ顔。
 (残っていたのが、のり弁で本当に、
  おいしそうじゃなかった)

 

二人で、グラウンドの上にある階段に座り、
弁当を食べる。
見た目とは違い、美味かった。
外で食べる弁当は格別。

 

懇親会でも、ビールを飲みながら、笑顔で、
食欲も旺盛。
マイペースで食べているが、
周りから見れば、元気な姿。

 

家に戻ったら、僕は急に疲れが出て、
頭がクラクラ。
1時間くらい寝てしまった。

 

かみさんに起こされる。
僕も元気が戻ってきた。

 

おなかがすいた。

 

そうか、
じゃあ、駅前までランの散歩に行って、
なんか買ってこよう。

 

焼鳥を買って、
二人で、日本酒。

 

11時くらいに、今度はかみさんが眠たそう。
それから風呂に入り、
かみさんはベッドへ。
ものの見事に、1秒で寝てしまった。

 

良い一日でした。

 

 

ブログランキングに参加しています。
応援クリック、お願いします。

    ↓
banner_03.gif 

  

 最近、少し具合が悪い。

 

僕です。

 

何が悪いのか?

 

はっきりしないんだな~
別に、どこか痛いわけではなく、
熱があると、
言うこともない。

 

なんとなく、調子が悪い。

 

  

頭が、ボ~~っとしている。
頭痛ではなく、
なんと言うか・・・ 脳みそが、膨張しているような感じ。
  ( 相変わらず、表現ベタ )

 

眠気が強く、睡魔に襲われる。
朝起きたと同時に、眠い。
昼休みはいつも、作って、食べて、
きっかり、10分昼寝。

 

疲れが抜けきらない。

 

歩っていると、時々、フワ~っという感覚がある。

 

どうも、根気がない。

 

クラクラと、目まいもする。

 

首が痛く、肩が張っている。

 

文章にするとすごそうだけど、
どれも、、極々々、軽度。
一つ一つの症状は、気にしなければどうってことない。
誰もが感じている、よくある不調。
でも、小さい変化が重なると、
のしかかってくる。

 

男の更年期か?

 

原因はわかってる。
薬の副作用なんです。

 

今、ルボックス(社会不安障害)、ユリノーム(痛風)、ムコスタ錠(胃腸薬)
と言う薬を飲んでいる。
薬局で頂いた説明書を見ると、

 

「ルボックス」は、
 ・ 気持ちを楽にして、気分を高める薬です。
 ・ 眠くなることがありますので、高所作業や、
   車の運転にはご注意下さい。

 

「ユリノーム」
 ・ 尿酸を排泄する薬です。
 ・ コップ1杯以上の水で服用しましょう。

 

「ムコスタ錠」
 ・ 胃壁を保護し、粘膜を修復するお薬です。

 

この「ルボックス」の副作用なんだな~

 

先週あった診察でもDr.から言われた。

 

最近の調子はどうですか?

 

眠気が強くなっています。
今も、待合室で、寝てしまいました。

 

大丈夫ですか?
車の運転もするんでしょう。

 

先日、栃木へ出張があったのですが、
運転していて、どうしようも眠くなり、
行き、帰り、それぞれ、2~30分、パーキングで、
仮眠をしました。

 

それは辛いですね。
副作用がまだ続いていますね。
続けられそうですか、今の薬。

 

ハイ、今は自分で調整できる範囲内なので、
大丈夫です。
次回まで様子を見てみようと思います。

 

分かりました。
では、続けて出しておきましょう。

 

かみさんのことは、あれこれ考えるんだけど、
自分のことは、どうも、決めかねる。

 

 

そんなに深刻ではないんで、ご心配なく。
   

 

 

ブログランキングに参加しています。
応援クリック、お願いします。

    ↓
banner_03.gif