夜、寝る前に、ベッドを直しに行く。

 

昼間、布団を干した後、花子さんが入れて
敷いてくれるのだが、
掛け布団が一番下だったり、
シーツが、ベッドカバーのようにかぶせてあるんで、
もう一度、敷き直し。

 

でも、敷く気持ちと、仕事の苦労を考えれば、
ありがたいことなんで、何も言わずに直す。

 

寝室に入ったら、おしっこの臭いがする。

 

ヤバイ!ランにやられた。

 

うちの愛犬は、トイレに敷いてあるシートへ、きちんとするが、
時々、布団に、おしっこをすることがある。
めったにないが、冬の1シーズンに、1~2回。
冬の布団を出したばっかりなんで、
去年の臭いが残っていて、またやってしまったか?

 

慌てて、布団の点検。
シミは見当たらない。
ひっくり返しながら、鼻を押し付けて臭いをかいだが、
どこにもない。

 

トイレのシートの香りが、ただよってきたのか?

 

何気なく、タンスの上を見たら、
花子さんのズボンが、丸めて置いてあった。
広げてみると、びっしょりと濡れた、
おしっこのあとが・・・

 

かみさんだった・・・

 

今まで、トイレの失敗は一度もなかったが、
とうとう・・・

 

息子の部屋を見たら、濡れた靴下がベッドの上にあった。
布団の間から、スリッパが出てきた。
下着は、洗濯機の中にあった。

 

その日は、僕は仕事で出てたんで、
帰りに、ケ○タ○キーを買って、手抜き。
帰ったとき、

 

腰が痛くて、動けない

 

と言って、横になっていた。
でも、食事の支度をして、呼んだら出てきて、
おいしそうに食べる。
いつもは、食前に散歩に行くが、
遅い時間に、出かける。
 (今回の腰痛は、僕がいないときに起きる、精神的なもの)

 

30分くらい歩いてから、帰る。
僕はテレビを見ていた。
しばらくしたら、かみさんも、テレビを見に来た。
ズボンだけ、パジャマに着替えていて、
靴下も履いていなかった。

 

なんだ。
もう着替えたの。
靴下を履かないと寒いぞ。

 

大丈夫。

 

それから、1時間くらいテレビを見て、寝室に行き、
濡れたズボンを発見。

 

どうして部屋でしてしまったのかは分からない。
ただ、僕は、 初めての事だけど、
ショックも、動揺も、全くなかったな~
普通に、何の抵抗もなく、片付けられた。

 

かみさんも、テレビを見始めた頃には、
もう、すっかり忘れている。

 

注意をしても、
ましてや、
責めてもしょうがない。
かえって悪い感情が残ってしまう。
素直に受け入れて、これからの変化を見ていく。
この病の症状の一つと思えば、
どうってことない。

 

最近、進行が早まって来ている気がする。

 

たくさんのブログを見て、多くの方から教えてもらい、
心の準備が出きていて、助かっています。
慌てず、騒がずだな。

  

ブログランキングに参加しています。
応援クリック、お願いします。

    ↓
banner_03.gif