先週の土曜日に、中学時代のクラス会があった。
クラス会といっても、電話で、

 

集まろうよ。

 

と言う声掛けだったんで、8人。
同級生が、中華料理屋さんをやっているんで、
すぐ近くの、そのお店。

 

時間は、1時から。

 

土曜、、1時、、近く。
これ、僕のために合わせてくれたんです。

 

土曜だったら、仕事も忙しくないんで、出れる。
1時なら、花子さんの昼を用意してから、行ける。
近くなんで、安心感もある。
夕方には帰れそう。

 

かみさんは、友達に会うと言うと、
どうも、落ち着かない。
仕事なら、我慢してくれる。

 

仕事に行ってくるよ。

 

と言って出かけた。
カバンも持たず、Gパンだったが。

 

僕は、今、二つの仲間と親しくさせてもらっている。
他にも、気の合うグループはあったが、
夜、出かけられなくなってから、
少し、遠のいてしまった。

 

高校時代から付き合っている友達は、
家族付き合い。
奥さんは、いつも同伴。
都合がつけば、子供たちもやってくる。
遊びに行ったり、飲みに行ったり。
夫婦共々、気の許しあえる親友だ。

 

もう一つの大事な仲間が、
今回の、中学時代の親友たち。
僕の支えになってくれている人。
男性、女性、同数。
皆、介護の経験がある。
親の介護、仕事としての介護、子供の介護、自分への介護。
痛みがわかっている連中だ。

 

皆、僕の家のことは良くわかってる。
叱咤激励 !
たくさんの言葉をもらった。

 

他の手を借りないと、自分がだめになるぞ。

 

デイサービス、ショートステイも使って行かないといけない。

 

自分で背負い込みすぎ、もっと、親、兄弟、近所の助けを借りないと。

 

施設の人は、経験豊かで、慣れている。
外に出すことを心配するより、
任せた方が良い。

 

自分では大丈夫と思っても、ストレスは知らないうちにたまる。
ある日、突然自分が壊れたら、どうしようもなくなるよ。

 

今、スリブリ君が契約しているケアマネさんの施設は、
すごく評判の良いところ。
なかなか契約できない。もっと安心して任せろ。

 

仕事がうまくいかなかないと、介護のせいにしてしまう。
取り引き先は、理解してくれない。
代わりの会社は、いくらでもある。

 

俺達、私達で助けられることがあったら、応援するよ。

 

ストレス解消しないと。
もっと、泣かないと。

 

出れるようなら、いつでも声をかけて。

 

どれもこれもが、強く、胸に突き刺さる言葉。

 

ありがたいな。
心配してくれているのが、手に取るようにわかる。
僕が、抜けていることばっかりだ。

 

このブログでも、アドバイスをたくさん頂いている。
コメント・メールをを、お返しできずにいるけど、
感謝の気持ちで一杯です。

  

ブログランキングに参加しています。
応援クリック、お願いします。

    ↓
banner_03.gif