先週、花子さんと僕の診察があった。
最近は、6週間に一度の通院。
二人仲良く、精神科。

 

12月と1月もあったけど、書き逃してしまった。
あまり変化がないので、
近況を話して、処方箋を頂いている。

 

診察室に入る。

 

お元気でしたか。 

 

ハイ。

 

顔が明るいですね。
変わりはありませんか。

 

ハイ、元気です。

 

花子さん、にこやか。
Dr. 机の上にある自分の腕時計を見せて、

 

これはなんですか。

 

時計です。 

 

そうですね。
今、何時何分ですか。

 

・・・・?

 

今、11時45分ですよ。
では、ここはどこだかわかりますか。

 

病院です。

 

そうですね。
今日は、誰と来ましたか。

 

笑って、僕の方を指差す。

 

その人は、誰ですか。

 

・・・・・ 

 

わかりませんか?

 

答えられなかった。
僕が誰だかわからないと言うことは、ありえない。
急に言われて、呼び方が出てこなかったんだろう。

 

かみさん、昔から僕のことを「名前」、「あなた」とか
呼ばなかった。
「ねえ」「ちょっと」と呼んでいた。
これは、結婚前から。
外で 「主人」 「旦那」 「亭主」 と言うのも聞いたことない。
子供が出来てから、ようやく 「おとうさん」
それも、たまに。

 

なんて言えばよいのか、わからなかった。

 

と、思いたい(笑)

 

ご主人から見てどうですか。

 

認知機能は落ち気味ですが、
最近は穏やかです。

 

どういったところが落ちていると思いますか。

 

普段の生活で出来ないことが多くなっています。

 

トイレはどうですか。

 

今は、失敗はないです。
外では、体の不自由な人用トイレを使うようになりました。
慣れていないトイレに一人では難しいです。

 

Dr.がトイレの事を聞いたのは、
前に、
失敗したことを伝えたからだろう。

 

そのことは、この日の日記の一番下にある、
【“診察”の続きを読む】
をクリックしてください。
長くなりますので、時間のある時にでも。

 

ブログランキングに参加しています。
応援クリック、お願いします。

    ↓
banner_03.gif