最近、もう一つ僕の介助が増えました。

 

それは、歯磨き。

 

花子さんの歯磨きは、一日1回、夜だけ。
これまでは、ずっと自分で磨いていたが、
磨き残しがあるんで、仕上げに、
僕が手伝うことにした。

 

我が家の歯磨きは、変わっている。

  

風呂上りに、テレビを見ながら、
座椅子に座って、15分磨く。
花子さんは、歯磨き粉(今は歯磨き粉なんて言わないか?)
をつけて。
僕は、何もつけずに。
歯磨き粉(正式名称がわからないので、再び)
をつけると、口の中が泡だらけになって、
テレビを見ながらなんて、とても無理だけど、
花子さんは、大丈夫なんだな~

 

歯を磨くと言うより、歯茎のマッサージが主。
これは、もう20年位前から。
花子さんが通ってた歯医者さんに教わり、
僕も一緒にやるようになった。

 

そのお蔭で、僕はこの年になっても、
すべて自分の歯。
一本も抜いてない。
歯医者さんで、磨き残しの検査
(薬品を口に含んで
赤くなると磨けていないという検査です)
をしても、
いつも及第点。

 

花子さんも、ずっとっしょにやってるんだけど、
最近は、同じところばかり、こすっているだけ。
これ、頭の中で、
前、横、上、下、表、裏の順番を考えるので、
今は難しい。

 

口を流しに洗面所へ行ったとき、
僕も一緒に行く。

 

口をすすいでから、今度は僕が磨いてあげる。
以前、歯茎の腫れが見えたときに
僕がやってあげようとしたら、
頑固に嫌がった。
今は、素直にやらせてくれる。

 

始めた一週間くらい前、
歯茎に少し歯ブラシを当てただけでも、
出血した。
傷つけないように、 無理してこすらず、
軽く、歯ブラシを当てる。
それでも、血が出てくる。

 

その日は、歯ブラシが真っ赤。
花子さんに見せたら、驚いていた。
腫れた歯茎の血は、出した方が良い。

 

毎日繰り返していたら、
最近は歯茎が引き締まってきて、
出血も少なくなってきた。

 

歯は大事だからな。
食べる楽しみを、いつまでも残してあげたい。

 

ブログランキングに参加しています。
応援クリック、お願いします。

    ↓
banner_03.gif