昨日は、ホワイトデー

 

1階へ仕事に行ったら、
親父が袋を差し出して

 

これ、花子さんへ渡しといてくれ。

 

先月、かみさんがバレンタインデーにプレゼントした、
チョコレートのお返しだ。

 

そういえば、昨日お袋が、わざわざ買い物に行って、
袋を持ち帰った。
お返しの、クッキーだったんだ。

 

91歳の親父が、そんなことまで頭が回るわけでなく、
81歳のお袋が買って来て、親父に渡した。

 

もっとも、バレンタインデーのチョコも、
一緒にスーパーへ行ったときに、
花子さんに、いくつか見せて、 選ばせ、
僕が買った。

 

両者とも、
買うのは本人でなく、
回りの、イベント。

 

親父が渡してくれた紙袋を持って、
2階へ。

 

ほら、親父がこれくれたよ。

 

なに?それ?

 

今日はホワイトデーなんで、
お返しだって。
これ持って、親父にお礼を言いに行ってきな。

 

うん♪

 

花子さんは、こういったお礼は、
喜んで行く。
親父も、お礼を言われれば、
嬉しいはず。

 

1階に行って

 

お父さん、どうもありがとうございました。

 

この前もらったチョコレート美味しかったよ。
お母さん(お袋のこと)にも分けて、
毎日、一粒ずつ食べた。

 

かみさん、ニコニコ。

 

ハイ、これ。

 

かみさん、親父にもらったクッキーを
袋から出して、渡そうとした。

 

それは、花子さんにあげたんだよ。

 

びっくりした様子で、話す。

 

花子さん、要領がわからず、
キョトンと。
僕が受け取って、
かみさんに、

 

ほら、これくれたお菓子だよ。

 

うん。

 

受け取って、袋にしまった。

 

親父とかみさんは、あまり顔を合わせることがない。
たまにあるのは、誕生日やクリスマス、正月、
それから、弟家族が来て、
一緒に食事をする時ぐらい。
かみさんの進行は、それほどと思っていない。
お袋から聞く話ぐらい。

 

もっとも、
一緒の食事のときは、
箸を渡すのから、料理のとりわけまで僕がやり、
食べる順も、僕が言う。
(言わないと、同じものだけ食べている)
片付けは、立っているだけなんで、
感じているか。

 

そのあと親父は、考え事をしていた。
花子さんのことでも、思っているのかな。

 

僕が買ったホワイトデーのプレゼントはこれ。
2年前から、花束にしている。
かみさん、嬉しそうだ。

 

ホワイトデー 

     

ブログランキングに参加しています。
応援クリック、お願いします。

    ↓
banner_03.gif