1階で仕事をしていたら、花子さんが入ってきた。

 

ねえ、指が血だらけになってる。

 

手を見たら、血がついていた。
花子さん、癖で、唇の皮をしょっちゅう、むいている。
いつも、血がついている。

 

また、唇を触ったろう?
切れたんじゃないか。

 

やってないよ。

 

元気な返事。
服にも、血がついていた。

 

まさか!?!?

 

と思って、2階へ行く扉を開けたら、
ランが玄関にいた。

 

ラン、足の指先が、血だらけ!
歩ったところに、点々と血がついている。

 

階段から、床、窓、ベランダへ。
レースのカーテンにも血がついていた。

 

我が家は2世帯住宅で、
1階が両親で、2階が僕達。
2階なので、狭いながらも、ベランダがある。
ランはそこで、駆けるのが好きだ。

 

距離がないので、
壁を、おもいっきり足で蹴って、
何往復もする。

 

赤ん坊の頃からの、遊び。
でも、今は7歳半。
人間で言えば、46歳ぐらい。
しかも、丸々と太った、メタボ犬。
足の指先を、ぶつけたんだろう。

 

すぐに、動物病院へ連れて行く。
骨、爪には異常がないので、
2~3日様子を見ようということで、
一安心。

 

僕がいる時で良かった。
すぐに対応できた。
そのまま、仕事で夜まで帰らなかったら、
どうして良いかわからず、パニクっていただろう。

 

花子さんは、ベランダにうずくまっているランを見つけ、
抱きかかえて、部屋に連れ戻したんだと思う。
でも、足が怪我していることに、気がつかなかった。
手と服、それと、開けたカーテンにも血がついた。

 

それから、大掃除。

 

まず、血がついた床と階段の、水拭き。
いつもは、掃除機をかけて、
ダ○キンのモップを掛けるだけ。
それも、週一回。
 (掃除はサボってる)

 

雑巾が真っ黒になってしまった。

 

血のついたカーテンを洗う。
ついでに、他の窓のレースのカーテンも、全部。
かみさんがこの病になって以来だから、
少なくとも、3年は洗ってない。

 

これも、水が真っ黒。
一度に洗えきれず、2回に分けた。

 

カーテンを洗うのって、重労働なんだな~
手を伸ばし、レールからはずす。
フックをはずして、
洗ったあと、ベランダの手すりに拡げる。
取り込んで、
又、フックをつけて、
レールに掛ける。

 

これ、今まで花子さんは一人でやってたんだ。
たいしたのもだ。

 

 

ブログランキングに参加しています。
応援クリック、お願いします。

    ↓
banner_03.gif 

 

僕が仕事で外に出るときは、
花子さんの昼ごはんを用意していく。

 

これは、いつも書いている通り。

 

最近は、
電子レンジの操作が、出来にくくなってきたんで、
温める物は、食べさせるまで、
電話での説明が、30分は必要。
根気よく、使い方を説明する。

 

そろそろ暖かくなってきたんで、
ようやく、冷えたままの物でも大丈夫。

 

その代表が、冷やし中華。
花子さん、好きなんだな~
コンビニで、冷やし中華が並び始めたんで、
心に余裕。 

 

でも・・・
続けて2回失敗して、食べることが出来なかった。

 

昨年、冷やし中華の記事を書きました。

 

あの頃は、苦労しながらも食べることが出来た。
僕の頭の中では、同じようにすれば大丈夫と思ってた。

 

前日に買って、
出かける前に、具を並べておく。
スープの袋を開けやすくして、
袋をなくさないように、具の上に置く。
花子さんから、電話がかかってきたら、
冷蔵庫に誘導して、説明。

 

でも、スープの袋を開けることが出来なかった。

 

2日後に、再チャレンジ。
今度は、
日本酒用の、ガラスのお猪口にスープをあける。
ラップをして、カップの中の、麺を少しずらして、
すぐ横に置く。
これなら大丈夫だろう。

 

だが、
またもや失敗。
麺に、スープを掛けると言うのが、
連想できなかった。

 

出来上がった、冷やし中華のイメージがわかなかったんだろう。
スープの中に、麺が入っていると言うことが思い浮かばない。

 

冷やし中華を食べることが出来ないと、
僕が出かけた時、食事の幅が狭まる。
麺類は、同じようにスープが袋入れなんで、
無理。


出かける直前に、買い物に行く時間はないので、
お握り、寿司は用意できない。
手作りの余裕もないし、
あらかじめ用意できるのは、パンだけになってしまう。

 

懲りずに、もう一度チャレンジ。 
今度は、僕がいるときに、2個買ってきて、
一緒に食べる。
アドバイスをしながら、自分でやらせる。

 

スープを掛けるところまでは出来たが、
麺をほぐすことをしなかったので、
お箸を入れると、麺の塊が持ち上がった。

 

もう一度説明。
ほぐすのも、なかなか難しい。
ようやく、食べられる。

 

美味しいね。

 

この言葉が聞けたんで、
一安心。

 

当たり前に食事をすることが、
実は、一つ一つの作業の積み重ねで、
すごく頭を使っていると言うのに、
気がつく。

 

4回目のチャレンジはまだ。

 

どうかな~

 

 

 

 

無理っぽいな~~

 

ブログランキングに参加しています。
応援クリック、お願いします。

    ↓
banner_03.gif 

 

日曜日に、花子さん、お袋の3人で、映画を観に行った。

 

だいぶ前だが、お袋が

 

「おくりびと」を観たいな~

 

と言っていた。
今のお袋は、階段、坂道を歩くのが辛いので、
一人で、遠くへ出かけることが出来ない。
それと、親父に気を使って、
一人で遊びに行けない。
昔の人なんです。

 

ちょうど、第二日曜日は、
親父の趣味の集まりがあり、
11時から、18時位まで出かける。
好都合。

 

お袋を連れて、映画を観に行くことにした。
花子さんも、映画に連れ出したい。
両方が合って、ちょうど良い。

 

数日前に、花子さんへ、
出かけることを、話しておいた。
二人で映画を見たのは、
4年前の「三丁目の夕日」の、第一話。
3年前の「フラガール」以来だ。

 

花子さんは、映画が好きだ。
若かりし頃は、いつも二人で映画を観にいっていた。
でも、この病になってから、
めっきり、行くことがなくなった。

 

映画に連れて行くのも、心配がある。

  

2時間、椅子に座っていられるか。
 家でのテレビは、長時間見ていられるけど、
 寝っ転がりながら。

 

ストーリーを覚えているのが難しい。 
飽きないか。
 最近は、テレビドラマでも、
 ストーリーを追っかけられないんで、
 見るのは、もっぱら、バラエティーか、歌。

 

トイレは大丈夫か。
 今は、「体の不自由な人用トイレ」しか使えない。
 いつも、僕が入り口に立って、
 ドアの開け閉め、水洗をやっている。
   ( ところで、「車椅子マーク」のトイレは、
     なんて呼ぶんだろう?
     「身障者用トイレ」? 
     「障害者用トイレ」?
     「車椅子トイレ」?
     「バリアフリートイレ」?
     最近は、
     「みんなのトイレ」
     「だれでもトイレ」
     と言う表示も見る。
     「障害」と言う言葉は使いたくないし、
     「みんなの」と言うのも、
     なんだかな~ )

 

お袋に気を使って、疲れないか。
 ただ、お袋の前では、
 自然に、優しいお嫁さんになっている。
 それを期待。

 

などなど・・・

 

ところが、一日前、

 

さあ、明日は映画だぞ。
楽しみだな。

 

行かないよ。

 

エッ! なんで?
楽しみにしてたじゃないか。

 

行きたくない。

 

席の予約もしちゃったぞ。
 ( インターネットで、事前予約をした )

 

勝手に行けば。

 

ガクッ と力が抜けたが、
この話題は、これ以上深追いをしない。
出かける前までに、
楽しい雰囲気を作れば、大丈夫。

 

朝、食事の支度をして、
着替えさせてから、
二人で、ランの散歩に行く。

 

映画なので、ランはお留守番のつもりだったけど、
かみさんは、ランがいれば安心する。
車で待たせるには、
前もって、運動と、オシッコ、ウンチが必要。

 

帰ってから、

 

さあ、着替えな。

 

と言って、少し明るめの服を出す。

 

どこか行くの?

 

お袋と一緒に、昼を食べて、
そのあと、映画を見て、買い物だよ。
ランも一緒だよ。

 

映画を強調せずに、まとめて、さらっと説明。

 

花子さん、素直に着替えた。
大成功。

 

食事を済ませて、
映画館へ入る前に、
僕だけで、もう一度、ランの散歩。
オシッコをさせて、準備完了。

 

館内は、割と空いていた。
指定席なので、ゆったり。
今の映画館は、椅子も楽だし、席にゆとりがある。
前の人の頭も邪魔にならない。
快適空間だ。

 

映画が始まり、横目で、隣の花子さんを見る。
大丈夫。
楽しんで観ている。

 

すごく良い映画だった。
感動した。
何度も涙が出てしまった。
お袋も泣いている。
花子さんは、目をそらさずに見ている。

 

わかりやすいストーリーと、
美しい所作、 チェロの響き、風景。
全体に流れる優しさに、見入ってしまった。

 

映画館を出て、

 

どうだった?

 

面白かったよ。

 

よく飽きないで観てられたじゃん。

 

全然平気。

 

途中で、小声で、解説を入れた。
全体の流れはつかめていなかったけど、

一場面ごとの映像が良かったので
十分楽しめたみたいだ。

 

まだまだ、大丈夫。

 

ブログランキングに参加しています。
応援クリック、お願いします。

    ↓
banner_03.gif 

 


 

 

先日、始めて
「若年期認知症 家族のつどい」 に
参加して来ました。

 

今、
「認知症の人と家族の会」  
「若年認知症家族会 彩星の会」
に入会している。

 

花子さんが、若年性アルツハイマーの診断をされて、
情報を得たく、
すぐの入会だったので、もう4年になる。

 

でも、会報を送ってもらうだけで、
自分から例会、総会、講演会に出席することはなかった。
行きたい気持ちはあったんです。
ただ、忙しいのと、花子さんを留守番させられない
と言うのを口実に、
出かけることを、しなかった。

 

今年の、中学時代友人との新年会で、
たくさんのアドバイスをもらった。
その中の一人、Mさんが、
ずっと気にしてくれていて、
友達に聞いてくれたら、
「家族のつどい」を教えてもらったとのこと。
すぐに、僕に連絡をくれたんです。

 

その後、会報が来て、詳細を読み、
行きたい気持ちが強くなった。
思い切って、出席の電話を入れた。

 

当日、花子さんのお昼は用意して、
電話で説明すれば、すぐ食べられるようにして出かける。

 

15分前に着いたが、近くで、お花見をして、
5分前に入る。
意外なほど、大勢の方が参加されていた。
認知症のご本人が、10名くらい。
家族が約15名
サポートされる方たちが、約10名。

 

始めに自己紹介をする。

 

今回、始めて出席しました、「スリブリ」と申します。
妻が、現在56歳で、私も同じ年です。

 

13年ほど前に、急にパニックが起こり、
救急車で、病院へ運ばれました。
症状はすぐに落ち着き、自律神経失調症と診断されました。
その後、精神的に不安定になることがあったので、
心療内科で診察していただいたところ、
パニック障害と診断され、
鬱病へと変わってきました。

 

心療内科も、何度か変わりましたが、
最後に通った病院のDr.が、

 

鬱病とは違った病気と思う。

 

と説明があり、精神科の病院を紹介され、
そこで始めて、若年性アルツハイマーと診断されました。

 

アルツハイマーの診断は、4年前です。
ただ、もっと前から
認知症だったのではないかと思います。

 

それから、徐々に進行して、
現在、要介護2の認定をされています。
今は、デイサービス、ヘルパー等のサービスは受けずに、
自宅で私が、仕事をしながら介護をしています。

 

こんな感じで、自己紹介。
一通り自己紹介が終ったところで、
司会者の方から、

 

今回、始めての出席の人がお二人います。
今、困っていることを話してもらえませんか。

 

と言うことで、ご指名。
まずは、僕から。

 

実は、私は、今「社会不安障害」の診断をされ、
人前で話をするのが、非常に苦手です。
お聞き苦しいところがあると思いますが、
ご勘弁下さい。

 

と、話して、まずは、社会不安障害のことから。
介護の家族会では、関係ないことなんだけど、
このことを「白状」することによって、
僕自身が、安心してしゃべれる。
少し、詳しく話した。
介護ストレスと言うのも関係あるしね。

 

そのあとは、僕が一番悩んでいる事。
いかにして、デイサービス、ヘルパーさん等、
介護サービスを受けさせることができるか
ということを話した。
 (このことを、対話形式で書くと
  すごく長くなるんで、また今度)

 

皆さんからアドバイスを頂く。
ご自分達の、経験からのお話で、
大変貴重で、参考になった。

 

僕が少し説明しただけで、
すべてわかってくれる。
皆さんの話も 、思いが伝わってくる。

 

介護にかかわっている方は、
皆、優しい。

 

  たとえ、自分の中で苦痛と思っている人でも、
  介護を経験していることで、
  思いやる気持ちが、必ずある。

 

親身になって頂くアドバイスは、本当にありがたい。

 

こういった会には、参加したかったけど、
思い切りがつかなかった。
Mさんが、背中を押してくれたお蔭。
一歩踏み出すことが出来ました。

 

ありがとう。

 

ブログランキングに参加しています。
応援クリック、お願いします。

    ↓
banner_03.gif 

 

 

 

 

カウンターが、1,000,000を超えました。

  

ありがとうございます。

 

 

自分でも信じられない。
こんなにたくさんの方に、クリックしていただけたなんて。

 

僕がこのブログを始めなかったら、
自分自身、どうなっていただろう。

 

ここで出会った方達の励ましがなかったら、
どうなっていたか。

 

いつも、見て頂けていると思うだけで、
どんなに励まされ、元気をもらえたか。

 

たくさんの応援をもらっている。

 

これを書きながら、涙が止まらない。

 

本当に、本当にありがとうございます。

 

また明日から頑張れる。

 

 

幸せです。

 

 

 

ブログランキングに参加しています。
応援クリック、お願いします。

    ↓
banner_03.gif 

 

更新が遅れています。

 

毎日クリックして頂いて、
覗いては、
いつまでたっても、同じ記事。
カウンターは上がってるし、ランキングも消えてなくならない。
応援していただけていると思うと
本当に、申し訳ない気持ちです。

 

変わりはないんです。
僕の顔に引っかき傷がある以外は(笑)

 

 

年度末の忙しさが襲っている。
仕事、家事、介護と追っかけられている。
かみさんとの時間も大事にしたいし、
毎年のことだが、帳簿の整理は、
まだ7月までしか終ってない。

 

もうしばらくこの状態が続くかもしれない。
気が向いたら、クリックしてみて下さい。

 

書きたいことは、いっぱいある。
すぐ忘れてしまうので、メモしておくと・・・

 

親友の保育園開園祝い、飲み会。
56歳で新たなスタートを迎える友人のこと。
なんとしても、応援したい。

 

かみさんの留守番。
外に出ることが多くなって、
辛い思いをさせてしまっている。

 

友人たちの助言。
飲み会に一人で行ったとき、
本音で話し合えた。

 

転勤による、弟家族の引越し。
千葉から大阪へ。
親父もお袋も、同じ関東から離れていくのを、
すごく寂しがっている。

 

その食事会。
かみさん、介助が必要だったな~

 

介護認定。
今テレビで話題になっているが、一言。

 

自立支援医療
継続で受給できるようになった。

 

精神障害者保健福祉手帳。
他のブログで教わったことが、たくさんある。

 

かみさんの近況。
二人だけの生活だと、当たり前だと思っていることが、
他の人の目で見ると、症状が進んでいる。

 

僕の病。
た今度。
と書きながら、いつまでたっても書けない。
社会不安障害のこと(良くなっています)
難聴のこと。
痛風もあるか。

 

息子の仕事。
今の社会状況の荒波にもまれている。

 

息子と彼女の飲み会。
月に一度は4人で会うことにしている。
優しい子で、僕と気が合う。
4人で会っても
いつも僕と二人で盛り上がってる。

 

両親のこと。
二人とも、具合の悪いところが出てきた。
親父91歳
お袋82歳
仕方ないけど、元気で長生きしてほしい。

 

仕事
厳しい状況は変わらない。

 

気になることばかり。

 

ブログランキングに参加しています。
応援クリック、お願いします。

    ↓
banner_03.gif