Nクリニックで書いて頂いた、
「受診状況証明書」 を持って、
役所へ行ってきた。

 

担当の方を呼んで頂き、
書類を渡す。

 

厳重に封印されているので、
奥へもって行き、
読んでから、戻っきた。

 

詳しく書かれていましたので、
経過が、良くわかりました。

 

内容的には、これで大丈夫なので、
手続を、進めましょう。

 

証明書のコピーは、頂けませんか。

 

封印されていたので、病院へ聞いてみます。

 

奥へ入り、電話。

 

お見せしても、構わないそうなので、
そのまま渡します。
申請の時、他の書類と一緒に
持ってきて下さい。

 

次に、新たに取っていただく
診断書を、お渡しします。

 

現在の、病院に出して、
今の症状を、書いてもらいます。

 

本来ですと、もう1枚診断書を、
お渡しします。
初診日から1年半以内の病院に、
書いて頂くんです。

 

Tクリニックは、もう閉院していますので、
取れないと思います。

 

そうなると、申し訳ないですが、
過去にさかのぼっての請求が、
出来なくなります。
現在からの、申請になります。
 

 

アルツハイマーと診断されたのが、
4年前ですけど
その時に、さかのぼることも
出来ないんですか。

 

そうなんです。
初診日から、1年半後が
障害認定日になっていますので、
障害認定日の診断書を
取ってもらう必要があるんです。

 

その時に、2級程度になっていれば、
過去にさかのぼることが、
出来るんです。

 

他にも、色々と質問した。
丁寧に答えていただき、
ある程度、納得できた。

 

 

 

申請用必要書類は、以下の通りです。

 

  1. 国民年金障害基礎年金裁定請求書
     
     基礎年金番号、名前、生年月日、
     金融機関、
     障害の原因である、傷病 等
     を記入する。
     
  2. 国民年金手帳
     
     「年金特別便」で、年金履歴も
     証明されているので、バッチリ。
     
  3. 印鑑
     
     花子さんは、実印を持っている。
     
  4. 本人名義の預金通帳
     
     これも持っているので、OK 。
     定期預金の残高は、
     僕より、多い。
     
  5. 現在かかっている病院の、診断書
     
     診断書は、最近、続けて書いて頂いている。
     「自立支援医療」用
     「身体障害者手帳」用、
     そして、
     「障害基礎年金」用。
     今回の、診断書が、一番めんどくさそう。
     A3用紙、裏表に、項目がいっぱいある。
     
  6. 病歴状況申立書
     
     本人、または家族が作成。
     発病の状態、治療の経過、
     現在の状態を、書く。
     家族が作成する書類では、一番大事。
     
  7. 戸籍謄本
     

     役所に行った時、取る。
     
  8. 住民票謄本
     
     これも、申請時に取る。
     
  9. 身体障害者手帳
     
     持っている人は、提出。
     障害1級だけど、
     障害基礎年金の等級とは、別。
     1級でも、障害年金は
     認められなこともある。

     
  10. 所得証明書
     

     市民税納税証明なので、役所で取ってくれる。
     
  11. 受診状況等証明書
     
     初診の、Tクリニックで取れないので、
     Nクリニックで、出して頂いた、
     1万円の証明書。
      ↑
     (しつこい)
     
     
  12. 受診状況が添付できない理由書
     
     本来は、初診の病院の証明書なんだけど、
     閉院しているので、取れない。
     そのことを書く。
     
  13. 国民年金保険料免除理由該当届
     
     国民年金を受け取るようになると、
     年金を支払わなくても良くなるので、
     その、届出書。

 
  

並べてみると、大変そう。
でも、僕は、こういった書類作成、
好きなんだな~

 

変な、意欲がわく (笑)

 

 

ブログランキングに参加しています。
応援クリック、お願いします。

    ↓
banner_03.gif 

 

上記は、あくまでも、我が家のことを書いてます。
詳しいことは、役所にお問い合わせください。