先日、
我が家に、冷蔵庫がやってきた。 

 

この下の方にある、8月6日の日記に書きました。
冷蔵庫が壊れてしまい、買い替えです。

 

新品の冷蔵庫は、
台所に、ドンと居座り、存在感がある。
大金が飛んでいったのは別にして、
見ていて、なんとなく嬉しくなる。

 

でも、花子さんは、新しいものを使いこなせない。
どこに、何が入っているか、わからない。

 

そこで、
マグネットシートを買ってきて、
中に入っている物を書き、
各ドアに、貼り付けた。

 

花子さんが使うものを、書いておく。

 

冷蔵室は、「 のみもの・おかし 」
  肉、魚は、必要ない。

 

製氷室は、「 こおり 」

 

新しく増えた、急冷室は、「 アイス 」
  花子さんの、大好きな、
  アイスクリームの、専用室にする。
  アズキバーが、いつも入ってる。

 

冷凍室は、「 れいとう 」
  アイスクリームを別にしたので、
  開けることは、ほとんどない。

 

野菜室は、「 パン・くだもの 」
  最近は、僕が仕事に出かける時の昼食は、
  コンビニのサンドイッチが、ほとんど。
  電子レンジを使ったり、
  スープを自分でかける冷し中華は、
  食べられない。
  その、パンの入れ場所。
  それと、好物の果物。

 

あと、「 くすり 」
  僕がいない時、腰に痛みが出た時の
  緊急用の、痛み止め。
  目の高さに、貼り付けている。

 

冷蔵庫 

 

以前、タンスには、すべて貼り紙(←写真はこちらをクリック)
をしていた。
でも、引き出しが多すぎて、紙を読むことが出来ず、
今は、はずして、僕が服の出し入れ。
冷蔵庫は、好物が入ってるんで、大丈夫だろう。

 

 

 

だけど、だめだったな~

 

 

何回か練習をして、その時は、ドアを開けることが出来た。
安心して、外に仕事へ出かける。
昼食の時間になったんで、
かみさんに、電話をする。

 

昼になったよ。
お腹すいたろう。
冷蔵庫に、サンドイッチを用意してあるよ。

 

どこ?

 

冷蔵庫まで、誘導。
新しく台所に増えた、大きな物体が
冷蔵庫とわかるまで、ちょっと苦労。

 

何とか、前に立たす。

 

一番下に、パンって書いてるところがあるだろ。
そこを、開けてみな。

 

開かない。

 

そんなことないよ。
ドアを引っ張れば、開くよ。

 

開かない。
はずれちゃった。

 

はずれる?
ドアを引っ張りすぎて、はずれたのか!?

 

開いてない。

 

もう一度、やってみな。

 

出来ない。

 

それを繰り返して、かみさん、イライラしてくる。
少し、間を置いた方が良いので、
その時は、電話を切る。

 

30分位して、もう一度電話。

 

冷蔵庫の開け方、もう一度教えるよ。

 

もう食べちゃったよ。

 

エッ!あったの?

 

冷蔵庫に入っていた。

 

何度かいじってたら、ドアが開いたんで、
見つけたんだろう。

 

 

家に帰って、もう一度やらせてみる。

 

そうすると・・・

 

マグネットシートに書いてある、
「 パン・くだもの 」は、見つけられた。

 

そこを、開けてみな。

 

って言ったら、
書いてあるマグネットシートを、
爪で引っかいて、はがそうとする。
ドアは開かずに、マグネットシートがはがれた。

 

黄色の、薄いマグネットシートを、
ドアと勘違いしていた。
だから、  はずれちゃった  って言ったんだ。

 

最近の冷蔵庫は、
見た目はスリムで、かっこ良い。
以前のように、手をかける、取っ手がない。
しかも、ドアを開ける「クボミ」は、
上下の向きが違って、わかりつらい。

 

よく見れば、
これじゃあ、花子さん、使いこなせない。

 

そこで、

 

取っ手をつけることにした。
100円ショップへ行って、代わりになるものを探す。
洗面所で使う、タオルハンガーがあった。
ミニタオル用の、小さめのハンガー。

 

花子さんが、いつも使うドア用に、
3本買ってきて、つけてみた。

 

ちょうど良い。

 

花子さんも、手をかけて、
ドアを開けることができた。

 

大成功!

 

取っ手付き冷蔵庫 

( 写真をクリックすると大きくなります ) 

 

一歩先を考えるのではなく、
花子さんの、使い方、手を触れる位置、等を見ながら、
それに合わせて、対応することも必要。
自然の流れで、できるようになる。

 
 


ブログランキングに参加しています。
応援クリック、お願いします。

    ↓
banner_03.gif 

 

 


 

 

 

 

僕のことです。

 

昨夜、湯上り後、なんとなく体調不良。
早目に、寝ることにした。
早目といっても、24時を過ぎていたが。

 

寝床に入っても、
なんだか気持ち悪くて、寝付けない。

 

汗が出てくるんで、着替えたが、
今度は、寒気。

 

これを、何回か繰り返す。
起きては、水を飲んだり、
トイレに行ったりする。

 

2時頃、気持ち悪いのが頂点になり、
とうとう、トイレに行って、もどしてしまった。

 

熱を測った。
36.9度
僕は、普段が36度なので、
少し、高め。
でも、高熱ではない。

 

今度は、お腹が痛くなり、
下痢。

 

また、寝床に入って、
しばらくすると、
気持ち悪くなり、再び、もどす。

 

花子さんは、隣で、熟睡。
ランは、僕の異常が気になり、
1階の玄関へ、避難。

 

胃腸薬の、ムコスタを飲む。
なかなか、治まらない。

 

その間、ずっと考え事をしていた。

 

もし、新型インフルエンザだったら??

 

花子さんを、どうしよう。
入院なんてことになったら、
花子さん、一人では、何も出来ない。

 

仕事場へも、行かない方が良いな。
年寄り二人にうつしたら、
大変なことになる。

 

取引先へ電話をして、少し、休業を頂かないといけない。
そうだ、午前中に、埼玉県草加市まで、
納品があった。

 

月末には、送金と、集金もある。

 

パートさんにも電話をして、休みにさせたほうが良い。
前日、作業場で、一人で仕事をしていたので、
菌が、うようよしているはず。

 

それにしても、花子さんのことが気がかりだ。
ケアマネさんに、
朝一番に電話して、相談をしてみるか。

 

でも、1年半以上、連絡し合っていないので、
現状の説明から始めるようだ。
急に言って、対応してくれるのかな。

 

花子さんは、僕がいるから、
穏やかになって、いられる。
もしいないと、腰痛から始まり、
体調が、一気に悪くなる。

 

生活をしていくには、
サポートをしてくれる人が、絶えず必要。

 

ランに、ご飯を誰が上げるのかな。

 

そんなことを考えていたら、体調不調より、
心配の方が先立ち、
とうとう、4時まで寝られなかった。

 

朝起きて、すぐに熱を測る。
36.9度は変わらない。
吐き気も、治まってきた。

 

とりあえず、一安心。

 

10時に病院へ行く。
尿と、血液を採って、検査をしてもらった。

 

CRP 0.2 異常なし。
  ( 体内に炎症が起きると、血液中にCRPという蛋白質が
    表れます。普通だとごく僅かしかない為、炎症がある
    かを、調べる検査です )

 

白血球  9200  高い
  ( 白血球は、体の中に進入した細菌を取り込みます。
    白血球が多いということは、細菌が入り込んでいるこ
    とになります )

 

血圧 上 146  下 82  上が少し高め。

 

Dr.より、

 

検査をしましたが、急性胃腸炎ですね。
食前と、食後に飲む薬を出しておきます。

 

良かったです。( ホッ )
もし、インフルエンザだと、妻を介護していますので、
どうしようかと思いました。

 

今の状態で、インフルエンザはないでしょう。
でも、この胃腸炎は、伝染性です。
手洗いは、十分して下さい。
奥さんにうつすと、抵抗力がない場合、
重たくなります。
注意が必要ですよ。

 

ハイ、わかりました・・・

 

今回の、体調不良から、
たくさんのことを、考えた。

 

僕が、もし倒れでもしたら、
かみさんだけではない。
92歳の父と、82歳の母の、介助。
仕事のこと。
すべてが、止まってしまう。

 

病気だけではなく、事故も、
いつ襲ってくるか、わからない。

 

今までは、起きたことに、
その場その場で、対処。

 

もしもの時のために、
準備を、十分していかなければならない。

 

 

 

ブログランキングに参加しています。
応援クリック、お願いします。

    ↓
banner_03.gif 

 

 

 23日の日曜、
神奈川県座間市へ、ひまわりを見に行ってきた。

 

一昨年、始めて行った時、感動した。
         ↑
    ( その時の日記は、ここ )

 

今回は、お袋も連れて行く。

 

お袋は、最近足が、益々悪くなり、
歩くのに、不自由している。
旅行、観光、遊びには、行ったことない。

 

家では、親父とのバトルが、しょっちゅうあり、
いつも、泣いている。
そばで見ていて、ストレスが、溜まりすぎているのが、
よくわかる。

 

ここのひまわりは、田んぼの中に
地元の農家の方たちが、
丹精込めて、育てている。

 

農道も開放しているので、ひまわりのすぐ横まで
車がつけられる。
気分転換には、絶好の場所だ。

 

前日に誘った。

 

明日、ひまわりを見に行くけど、
一緒に行かない。

 

こんな歩き方を、見られるのが恥ずかしいから、
やめておく。

 

その時は、了解する。

 

夕方、親父のいる前で、

 

座間のひまわり畑は、全然歩かないから、
楽だよ。
いってみれば?

 

親父に向かって、

 

お父さん、行ってもいい?

 

どうぞどうぞ。

 

じゃあ、連れてってもらおうかな。

 

なんで、親父に気を使わなければいけないんだ!
と、イラッとしたが、
まあ、行くことにしたんで、良しとしよう。

 

朝、コンビニに行って、親父の冷やし中華を買い、
用意して、昼前に、出かける。

 

途中で、蕎麦を食べた。

 

花子さんと二人だと、病の進行に慣れているが、
他の人が、同じテーブルに座ると、
現実が、よくわかる。

 

いつも、食べるのを手伝っている。
お袋を前にすると、多少遠慮する。
花子さん、お袋の前では、
元気を装ってるんでね。

 

でも、蕎麦をツユにつけないで、そのまま食べたり、
大きい天ぷらの、食べ方がわからなかったり、
始めは、自分でやらせていたが、
やっぱり、手伝い。

 

お袋は、見て、見ない振り。

 

 ひまわりの前にお蕎麦

 

 

 

前々日の朝日新聞と、
前日の神奈川新聞に、
大きく取り上げられていたので、
混雑が心配だったけど、
すごくスムーズった。

 

お袋は、始めて見る、大量の、
圧倒されるばかりの、ひまわりを見て、
大感激。

 

09ひまわり 

 

花子さんも、以前のことは忘れていたので、
感動していた。

 

すごいね~
来て良かったね

 

目が、キラキラしているのがわかる。
家の中で、くすぶっているのとは、
大違いだ。

 

ひまわり畑で二人 

 

お袋もそう。
二人を連れてきてよかった。

 

ひまわり畑 お袋と花子さん 

 

曇り空だったんで、ランも、ひまわりの中を
散歩した。

 

花子さん、夜にはどこへ行ったか忘れているので、
畑で、摘んできたひまわりを
  ( 畑でハサミを貸してくれて、3本100円で買える )
テーブルの上に置いて、ずっと話題にしている。

 

部屋の一輪 

 

 

 

ブログランキングに参加しています。
応援クリック、お願いします。

    ↓
banner_03.gif 

 

 

先月の話だけど、
自立支援医療の、継続申請に行ってきた。
正式名称は、

 

自立支援医療費(精神通院医療)支給認定申請
   (再認定)

 

 「精神障がいを持ち、継続的に入院によらない
   精神医療(通院医療)を受ける方が、公費に
   よって医療費の補助を受けることができる制度」

 

これに認定されることにより、医療費が1割負担で済む。
  ( 詳しいことは、各役所の精神保健福祉センターへ
    お問い合わせ下さい。  )

 

 

最近、役所にしょっちゅう行っている。
  障害年金、
  要介護認定
  障害者手帳

 

今回は、自立支援医療。

 

まとめてできれば良いんだけど、
始めての申請もあり、
担当部署も違うので、
何度も、足を運ぶ。

 

病院の診断書も、4回取らないといけない。
費用もかさみ、手間も大変だ。

 

その都度、勉強。
でも、本人、家族にとって支援を受けられることは、
より良い生活が、できることなので、
苦には、思わないようにしている。

 

ただ、これらのことは、
すべて自分で調べて、申請を行なわなければ、ならない。
また、継続の場合は、期日に注意して
早めに申請をしないといけない。

 

今回の、自立支援医療は、
危ないところだった。

 

7月17日に、1ヵ月半ごとの診察があった。
受付で、「要介護認定」の診断書を頼んだ。
係りの方から、

 

介護保険の保険者証をお願いします。

 

と、言われ、間違えて、
黄色い、自立支援医療受給者証を出した。

 

こちらではなく、介護保険は、青い保険証です。

 

受付の人が、自立支援の受給者証も見る。

 

こちらも有効期間が、8月31日までですね。
継続申請をしますか。

 

お願いします。

 

保険証を間違えて出したので、
確認してもらえて、良かった。
診察の医療費を払う時に、期日は見るが、
継続までは、言ってもらえない。

 

でも、これが、ぎりぎりになる。
7月始めには、手続をしておかなければいけなかった。

 

7月27日に、病院へ診断書を受け取りに行く。
その足で、福祉保健センターへ、
継続申請をしに行った。

 

その場で、申請書類に記入。
保険証の写し、印鑑を押して、
手続は、問題なく終る。

 

申請は受け付けましたので、
継続が認められれば、受給者証をお送りします。
1ヵ月半程度かかると思います。

  

次の診察が9月4日なのですが、
それまでに受給者証が届かなかった場合は、
医療費の補助は、受けられないんですか。
診察日を、有効期限の8月に変えてもらった方が良いですか。

 

間があかないように、更新手続を行っていますから、
大丈夫だと思います。
この申請書の控を、病院に見せて下さい。
一応、病院と薬局に確認して下さい。

 

以前、継続申請が遅れ、受給者証がないので、
健康保険での支払いになったと、聞いた事がある。

 

早速、病院に確認をしたら、
継続の証明書があれば、大丈夫とのこと。
ただ、受給者証が間に合わない場合は、
3割負担で、後で返金になるらしい。

 

薬局は、病院が大丈夫なら、問題ないと言っていた。

 

期日に注意するのも、大事だ。

 

ブログランキングに参加しています。
応援クリック、お願いします。

    ↓
banner_03.gif 

 

 

 

ここからは、
以前、書いたお知らせです。
もう一度。

 

お知らせが、二つあります。

 

① しばらく前から、横に、

 

   「認知症を学ぶ会セミナー」

 

  の、ご案内、を載せていました。
  9月22日(祝、火)に、東京有楽町 読売ホールで、
  認知症患者のご本人、介護をされているご家族、
  お仕事として認知症にかかわっている方、等を対象にした、
  セミナーが開かれます。

 

  3名の講師が予定されています。

 

  ご主人の介護をされている、越智須美子さん
  映画「明日の記憶」のモデルになりました。

 

  認知症の医師として、患者、家族から信頼の厚い
  河野和彦Dr.

 

  ご両親の介護をされながら、その経験を伝えている
  横井孝治さん。

 

  認知症を知ることに、大変参考になると思います。

 

  お申し込みは、下記をクリックしていただくと、
  案内が出てきます。

 

  9.22 認知症を学ぶ会・東京セミナー
  詳しくはこちら ↓

    Tokyo_090922

 

② 本のご紹介です。

 

  「認知症の理解と介護」
  - 認知症の人の世界を理解し
       良い介護をする為に -

 

  川崎幸クリニック院長
  認知症の人と家族の会 神奈川県支部代表
        杉山 孝博 著

 

  認知症の人を介護する家族の為に、

 

  •  介護家族のたどる4つの心理的ステップ
  •  認知症をよく理解するための8大法則・1原則
  •  上手な介護の12か条

 

  介護の心構えが、わかりやすく書かれています。
  全38ページの冊子です。
  手元に置いておきたい1冊です。

 

  1冊  250円
  送料  4冊まで80円
       5冊以上 無料
   ( 振込用紙が同封されます )

 

  お申し込みは、下記を印刷して、直接FAXでお送り下さい。
  クリックすると、大きくなります。
   ( 印刷前に、「印刷プレビュー」で確認を )
  ↓
認知症の理解と介護 

  開けない時のために、

 

  FAX番号  : 044-522-6801
  注文冊数、御届け先名、住所をお書き下さい。 

 

 

ブログランキングに参加しています。
応援クリック、お願いします。

    ↓
banner_03.gif

 

  

 

 

花子さんが、

 

口紅買って

 

と言ってきた。

 

口紅を、気にしているのかと、
ビックリ。

  

小物入れを見たら、
いつも使っている口紅が、
減って、なくなっていた。

 

キャップの中を見たら、
奥に、ベットリと、くっついている。
口紅の先を、出したままにして、
キャップを、はめたんだろう。

 

でも、なくなる頃かもしれない。

 

花子さんは、昔から、ほとんど化粧をしない。
近所へ買い物に行く時は、スッピン。
遠出をする時に、口紅を引くぐらい。

 

最近は、ほとんど出ないので、
月に、2~3回程度しかつけない。

 

今使っている口紅は、
4年ぐらい前に、ドラッグストアに行って、
自分で買ってきた。
長年同じのを、使っている。

 

その頃、製造中止になっていて、
お店には、置いてなかったらしい。
同じ色の口紅がほしいので、
注文してもらった。

 

さすがに、大メーカーのS堂。
在庫をしていて、すぐに届いた。

 

入荷になった連絡の電話を、僕が受けて、
花子さん、しっかりしていると、
驚いたものだ。

 

認知症の診断の、前後だと思う。
よく、お店の人に説明をして、
注文をすることが出来て、
連絡先を伝えられたな~ と、
感心した覚えがある。

 

近所のドラッグストアに行った。
口紅売り場なんて、足を踏み入れたことがない。
種類が多く、ビックリ。
何を見ていいのか、訳がわからない。

 

S堂に、同じようなのがないか見たけど、
やはり、ない。
じっくり、端から見ていった。

 

まず、色が同じなのが、絶対条件。
ちょっとでも違うと、つけることをしないだろう。

 

口紅って、みんなサンプルが置いてあるんだな。
花子さんが、今まで使っていた口紅を、
手の甲につける。

 

似たサンプルの色をつけてみたが、
全然違う。
色だけじゃなく、照り、ツヤ、光沢等も色々。

 

同じ色のがあった、
これでいいかと思ったら、
500円。
今までの口紅は、3000円って書いてあった。
ちょっと、安すぎでパス。

 

手が、口紅色だらけ。
ちゃんと、拭き取り用コットンもあった。

 

いろんな口紅を、手につけていると、
なんとなく、選び方が、わかってきた。

 

ぴったり、同じ色が合った。
M社の「スマートレッド」という色。

 

1400円 これで決まり。

 

早速。花子さんに渡して、
引かせてみた。
色は、バッチリ。

 

ただ、ケースが今までと違う。
長さ、回転の仕方、
口紅の先端が、これまでは丸かったが、
斜めにカット。

 

使い方は同じだけど、
これが違うだけで、戸惑っていた。
また、ケースの形が違うので、
見つけることが、できない。
しばらくは、手伝いをするようだな。

 

さすが、女性。
新しい口紅を、小物入れに入れて、
うれしそう。

 

次の日から、口紅は財布に入っていた。
貴重品扱い。

 

 

ブログランキングに参加しています。
応援クリック、お願いします。

    ↓
banner_03.gif 

 

 

先週、介護認定調査があり、
担当の方が、やってきた。

 

現在、要介護2 
認定有効期限 平成21年8月31日まで

 

障害基礎年金の申請の際、
同時に、介護保険の継続も、申し込んできた。

 

窓口で、主治医に書いていただく、診断書を渡される。
説明も、受けた。

 

現在、要介護2になっていますが、
今、介護の認定の出し方を、
前回と違ったやり方で、行っています。

 

ただ、今のやり方が良いかどうかを、
検証している期間なんです。

 

この期間に、介護認定をやって、
介護度が良くなっていないのに、
軽く出たりとかすると、
サービスに支障が出てきますから、
この間に関しては、申請の方の意思を確認してます。
次の3通りを選ぶことが出来ます。

 

新しいやり方で行って、介護度が上がっても下がっても構わず、
その通りにするか。

  

または、現在の介護度より、新しいやり方で軽くなった場合は、
今の要介護2のままに出来て、
重くなった場合は、上げることができる
というのもあります。
要介護2以下には、なりません。

 

もう一つが、要介護2の方が、要介護3になった場合、
要介護2のままにする、ということもできます。
これは、施設などに入っている方が、介護度が重くなると、
費用が、上がる場合もあるので、
そのままにするのを、希望する方もいます。

 

3通りのうち、どれを選びますか。

 

2番目の、今の要介護度と同じか、上がる方でお願いします。

 

わかりました。
大体の方が、それを選びますね。

 

( 始めて介護認定を申請する場合は、自分で
  介護度を選ぶことはできません。
  あくまでも、継続の場合です )

 

新聞等で、新しい認定調査では、
介護度が、下がる場合があると聞いていたが、
安心した。
周知不測を、感じる。

 

後日、病院の診断書を届けて、
そして今回、認定調査の方が来た。

 

以前は、役所の保険師の方だったが、
今回は、初めてのケアマネージャーさん。
若い、男性。

 

花子さんには、事前に言わず、
突然の、来訪にしておく。
部屋に通したら、ビックリしていた。

 

でも、前もって言うと、構えてしまい、
会うのを、

 

断固拒否!

 

部屋に閉じこもってしまうので、その方が良い。
花子さんも、始めは、にこやかに挨拶していた。

 

色々とお聞きしますが、
当たり前のことが多くて、
気分を、悪くすることがあるかもしれませんが、
許してくださいね。

 

花子さんの、普段の表情を見れば、
誰も、認知症とは感じないんで、
理解できそうと思い、
そんな風に、言ったんだろう。

 

ハイ。

 

花子さん、にこやか。

 

では、まず、お名前と、
生年月日を、教えていただきますか。

 

スリブリ花子です。

 

生年月日は、いつですか。

 

・・・・・・
わかりません。

 

今の季節はなんですか。

 

・・・・・・

 

春、夏、秋、冬ってありますよね。
今は、なんですか。

 

・・・・・・・

 

それまでにこやかだったのが、
もうだめ。
下を向いて、暗くなってしまった。

 

何も、答えられない。
時々、分かる質問があると、
にこやかに、
返事をするが、
出来ないことも、出来ると言っている。
ずっと前の印象を、語っているよう。

 

二人のやり取りに任せていたが、
僕が、口を挟む。

 

伝え切れないことがありますので、
今の状況を、まとめてあります。
後でお渡しします。

 

分かりました。

 

30分ぐらいで、終わった。
花子さんを部屋に置き、
外まで、
見送った。

 

そこで、現状を話し、
近況をまとめた書類を渡した。
( 平成21年7月18日近況  
      ↑
 ここをクリックすると出ます )

 

部屋に戻ったら、花子さん、
意外と、落ち着いている。
今までのことを、気にしている様子はない。

 

以前は、気にして、落ち込んでいた。
感情の中に入る刺激が、薄らいだか。

 

これって、荒れることがないので、良いことか、
または、寂しいことか。
よくわからない。

 

 

ブログランキングに参加しています。
応援クリック、お願いします。

    ↓
banner_03.gif 

 

先週末、冷蔵庫が壊れてしまった。

 

少し前から、冷蔵室に入ってるものが、
凍ってしまった。
すべて、冷凍庫になってしまい、
しばらく使ってたけど、
今度は、溶け始め、
とうとう、冷えなくなってしまった。

 

その間、修理に来てもらったんだけど、
中の部品を取り替えるのに、5万円前後。
10年以上前の冷蔵庫なので、
次に、どこが壊れるかわからないと言う。

 

買い換えることにして、
だましだまし、使っていたが、
限界が来てしまった。

 

すぐに、買いに行った。
夏場は、冷蔵庫がないと、どうしようもない。

 

僕が、1軒目のお店で、即決は珍しいこと。
いつもだと、何軒か回って、一番安いところで買う。
今回は、必要性の方が勝った。
でも、たくさん値引してもらったので、納得価格。

 

今は、エコポイントで、どのメーカーも品切れ。
入荷に、10日ほどかかる。

 

それまでの間、倉庫に置いてある冷蔵庫を
持ってくることにした。
パートさんには悪いんだけどね。
アイスボックスを置いて、
朝、氷を運ぶことにする。

 

2ドアの、小さめの冷蔵庫。
でも、一人では、持ってこれない。
ましてや、我が家は2世帯住宅の2階なんで、
階段が大変。

 

息子に手伝ってもらおうと思って、
電話した。

 

今日、暇?

 

なんで?

 

冷蔵庫が壊れちゃったんで、
倉庫の冷蔵庫、持ってこようと思うんだけど、
手伝ってくれない。

 

今、川崎で草野球やってるところ。
7時頃でもいいんなら、帰りに寄ってもいいよ。

 

全然、構わない。
途中で電話して。

 

息子のタロウは、
横浜ベイスターズの、応援チームに入っていて、
その仲間たちと、時々草野球をやっている。
試合が終ってから、町田のアパ-トに帰れば近いんだけど、
わざわざ、寄ってくれるという。

 

花子さんに、

 

タロウが、野球をしに出かけてるらしいけど、
帰りに、冷蔵庫を運ぶの、手伝いに来てくれるって。

 

優しいね~
お父さんに、そっくり。

 

花子さん、よくわかってる(笑)
その一言で、単純に気分よくなる。

 

6時半ごろ、電話がある。

 

これから電車乗るけど、
7時に、駅に着くよ。

 

じゃあ、駅まで迎えに行く。
そのまま倉庫に行こう。

 

花子さんへ、

 

タロウが来るんで、駅まで迎えに行くよ。
倉庫から、冷蔵庫持ってくる。

 

うん、わかった。

 

倉庫に着いて、冷蔵庫を運ぶ。
意外と重い。

 

仕事用のハイエースに積み込み、
帰宅。

 

ただいま。

 

花子さん、ベッドに寝ていた。
目を真っ赤にして、泣いている。
横には、電話器が置いてあった。

 

タロウに手伝ってもらって、
冷蔵庫持ってきたぞ。

 

・・・・・

 

タロウ、来てるよ。

 

知らない!!

 

失敗だった。

 

タロウが手伝いに来るのは、話した。
タロウが来ることを、いつも楽しみにしているので、
忘れるはずないと思ってた。

 

30~40分の間なんで、かみさんとの連絡用の
携帯電話を、持たなかった。

 

多分、僕が出かけたと同時に、
僕がどこへ行くか、
太郎が手伝いに来たこと、
すべて、忘れてしまったんだろう。

 

だんだん暗くなってきて、
急に、一人ぼっち残された。
電話しても、出ない。
不安になって、怖かったんだと思う。

 

真っ赤な目を見て、すべてが読み取れた。

 

切なくなってしまった。

 

今、冷蔵庫を上げるから、ちょっと待ってて。

 

階段から上げる。
僕と、タロウがいることと、
二人で頑張っていることを、知らせる為に、
わざと、大きな声を掛け合った。

 

ようやく、設置終わり。

 

花子さんの気分を切り替えさせ、
楽しいことに、引き込もうと思って、
オーバーにほめる。

 

いや~
タロウが来てくれて助かったよ。
明日から、また冷たい水が飲めるぞ。

 

よかったね。
うれしいね。

 

笑みが戻ってきた。
かみさんは、タロウと、ランの話が一番好きだ。

 

じゃあ、ご飯でも食べに行くか。

 

9時を過ぎてしまった。
近所の中華料理屋へ行く。
ここの店主は、横浜の中華街で修行した人。
安くて、本格的な中華料理が食べられる。

 

なんと言っても、2日続きの生ビールが最高だ。
花子さんも、おいしそうに飲んでいた。

 

 

 

この不景気な時、
6桁金額の出費は、痛いな・・・・

 

 

 

ブログランキングに参加しています。
応援クリック、お願いします。

    ↓
banner_03.gif 

 

 



 

お知らせが、二つあります。

 

① しばらく前から、横に、

 

   「認知症を学ぶ会セミナー」

 

  の、ご案内、を載せていました。
  9月22日(祝、火)に、東京有楽町 読売ホールで、
  認知症患者のご本人、介護をされているご家族、
  お仕事として認知症にかかわっている方、等を対象にした、
  セミナーが開かれます。

 

  3名の講師が予定されています。

 

  ご主人の介護をされている、越智須美子さん
  映画「明日の記憶」のモデルになりました。

 

  認知症の医師として、患者、家族から信頼の厚い
  河野和彦Dr.

 

  ご両親の介護をされながら、その経験を伝えている
  横井孝治さん。

 

  認知症を知ることに、大変参考になると思います。

 

  お申し込みは、下記をクリックしていただくと、
  案内が出てきます。

 

  9.22 認知症を学ぶ会・東京セミナー
  詳しくはこちら ↓

    Tokyo_090922

 

② 本のご紹介です。

 

  「認知症の理解と介護」
  - 認知症の人の世界を理解し
       良い介護をする為に -

 

  川崎幸クリニック院長
  認知症の人と家族の会 神奈川県支部代表
        杉山 孝博 著

 

  認知症の人を介護する家族の為に、

 

  •  介護家族のたどる4つの心理的ステップ
  •  認知症をよく理解するための8大法則・1原則
  •  上手な介護の12か条

 

  介護の心構えが、わかりやすく書かれています。
  全38ページの冊子です。
  手元に置いておきたい1冊です。

 

  1冊  250円
  送料  4冊まで80円
       5冊以上 無料
   ( 振込用紙が同封されます )

 

  お申し込みは、下記を印刷して、直接FAXでお送り下さい。
  クリックすると、大きくなります。
   ( 印刷前に、「印刷プレビュー」で確認を )
  ↓
認知症の理解と介護 

  開けない時のために、

 

  FAX番号  : 044-522-6801
  注文冊数、御届け先名、住所をお書き下さい。 

 

 

 

ブログランキングに参加しています。
応援クリック、お願いします。

    ↓
banner_03.gif 

 

 

 

昨日、花子さんと二人で、
花火を見てきた。

 

久しぶりの、お出かけ。
ここんとこの日記を見ても、
遊びの記事がない。

 

たまには、出かけてるんです。
アジサイを見に行ったり、
息子たちと、飲みに行ったことも。

 

でも、日記にする時間がないうちに、
次のイベント ( トラブルとも言う ) が始まり、
忘れるのが早く、書き残しばかりだ。

 

前日、親友から花火見物の、お誘いがあった。
でも、その日になってみないとわからない。
花子さんの体調と、相談しなければいけない。
せっかくだが、キャンセルした。

 

昨日、18時ごろ、花子さん、調子良さそう。
行くことに決定。

 

会場は、横浜の、「みなとみらい」 と言うところ。
ベイブリッジの前で、高層ホテル、観覧車で、有名。
19時15分からなので、着いた時は、もう始まっていた。

 

親友に会えるかと思ったけど、とても無理。
なんたって、30万人の人出。
駅から会場まで、歩行者で大渋滞。
僕たちは、少し離れた所にしたのが、
正解だった。

 

花火は、何年ぶりだろう。
昔は、よく来ていた。
漂ってくる火薬の匂いと、
腹に響く、大音響が良い。

 

花子さんが飽きないように、
そして、花火を楽しめるように、解説つき。
立ちっ放しと、暑かったので、
多少、気が散っていた。

 

手をつないで、少し前にすすむ。
通行止めになっていた、道路の交差点が、
観賞ポイント。
皆、シートを広げて座っている。
隙間を探し、花子さんと一緒に座った。

 

それからは、落ち着いて見れたかな。

 

フィナーレの連続花火と、大花火は、圧巻。
解説をしなくても、迫力で、引き込まれていた。

 

良かったね~
すごかったね~
来てよかったね~

 

いつも、お褒めの言葉は、二言だけど、
昨日は、三言も出て、僕も満足。

 

電車で出たんで、それから食事。
やっぱり、生ビールと、焼き鳥でしょう。

 

以前、仕事先の人と何度か行った、焼き鳥屋さんに、
花子さんを連れて行く。
ここの、つくねは絶品。
串焼きも、大ぶりで、肉がジューシー。

 

美味しいね~。

 

いつも行く焼鳥と、全然違うだろ。

 

全く、別物。

 

うちの近くの焼き鳥屋さんで、
時々、全品半額をやる。
その日を狙って、食べに行く。
その焼鳥も、美味しいんだが、
比べてみると、違う食べ物のようだ。

 

僕は、生ビールおかわりで、
花子さんには、大吟醸酒を飲ませた。

 

心も、腹も、満腹

 


 

 

ブログランキングに参加しています。
応援クリック、お願いします。

    ↓
banner_03.gif