先週、公的支援の申請をしていた、3箇所の役所から、
続けて、郵便が届いた。

 

どこも、
手早く、手続きを進めて頂いて、
ありがたい。

 

まず、

 

介護保険認定通知書

 

認定有効期間   平成21年9月1日~平成23年8月31日
要介護状態区分  要介護4

 

これまで、要介護2 だったのが、要介護4 になった。
要介護3 になるのではないかと思ったが
一つ上の、要介護4。

 

今の症状から見て、
適切な、判断なのだろう。

 

今、花子さんは、
デイサービス、ショートステイ等のサービスは利用せず、
在宅で、僕が介護をしている。
花子さんが嫌がるし、
僕も、できる範囲で、何とかやっている。

 

二人でいることで、
笑顔が維持されていると思ってる。

 

でも、いつまでもこの状態は続かないだろう。 

 

 

 

 

 

コメントで、たくさんのアドバイスをもらっています。

 

僕の体調を、心配して下さる方。

 

今の介護方法は、花子さんのためには良くない。

 

近い将来、一人で何とかできる範囲を超える。
そのためにも、出来るだけ早く良い施設を探す。

 

等々、たくさんの激励を頂いている。

 

 

 

 

 

8月29日に、本人ネットワーク支援委員会主催の、
「認知症の人の社会参加を考える」
シンポジウムに出席してきた。

 

認知症の人ご本人の発表で、
僕がいつも、お邪魔させていただいている、
のんた2号さんの奥様が発表された。

 

認知症の人でも、たくさんの可能性を持っているということを
肌身で感じ、大変感動した。

 

また、シンポジウムでは、
若年認知症の方へ、
生きがいと、社会参加に努めている、
4グループの発表があった。

 

皆さんの活動に、非常に感銘した。

 

このシンポジウムを拝見して、
花子さんを外に連れ出し、
人と触れ合うことの、大切さを感じる。

 

 

 

 

 

送られてきた「認定通知書」の中に、
手書きの手紙が、1通入っていた。

 

役所の、高齢・障害支援課の保健師さんからだ。

 

「スリブリ様
 はじめまして
 ・・・・・・
 介護保険の審査会前の確認作業の中で、スリブリ様の
 調査を目にし、地区保健師として、花子様のご病気のこと、
 スリブリ様の介護のことなど、ご年齢もお若いこともあり、
 いろいろと、ご苦労や、ご負担もおありなのではないかと、
 少し気になりました。
 お話を伺って、スリブリ様のお力に添えることが出来ないかと
 思い、手紙を同封させていただきました。
 ・・・・・・」

 

ありがたいことです。

 

今回の認定数字 「4」 を見たとき、
一人で介護し続けるのではなく、
皆さんの助けを、借りる時期かなと感じた。

 

花子さんは、相変わらず、頑固に、嫌がる。
花子さんの様子を見て、踏み切れない僕がいる。
上手な方法を見つけたい。

 

 

 

  

 

本当は、3通の通知をまとめて、
この日の記事にしようと思ったんだけど、
書き始めたら、長くなってしまったので、
3回に分けて、お知らせします。

 

もったいつけると、いけないんで、
すべてが、良い結果になったことを
まず、お知らせ。

 


ブログランキングに参加しています。
応援クリック、お願いします。

    ↓
banner_03.gif