風呂上りから、寝るまで、
習慣がある。

 

まず、着替えたら、睡眠鎮静剤を飲ませる。
花子さんは、この薬は、
40分位してから、効いてくるので、
このタイミングが良い。

 

そして、歯磨き。
テレビを見ながら、15分。
この歯の磨き方は、前に書きました

 

終わってから、トイレに誘う。
自分で、用を足してくれる。

 

それから、僕は、パソコンの前、
ブログの、コメント、友達ブログの更新をチェック。
花子さんは、ベッドに乗っかている。

 

30~40分パソコンをいじってから、

 

さあ、寝ようか。
トイレに行ってきな。

 

うん。

 

花子さんは、
ちょっと前にトイレに行ったのを、忘れているので、
寝る前は、いつも2度行かせる。
これで、朝まで安心して寝れる。

 

でも、トイレと、ベッドの横のパソコンが置いてあるところは、
夜中は、電気つけっぱなし。
道案内が、必要だ。

 

トイレから出てきたら、
僕は、花子さんのベッドの布団を持ち上げて、待ち構え、
寝させる準備。

 

はいよ、
ベッドに入りな。

 

足から入っていくが、花子さんはいつも、
枕に肩を乗せ、
頭をベッドの、背もたれ (頭の先の、板です)に、
首を立てかける。

 

ほら、もう少し中に入りな。
枕に頭を、乗せて。

 

体を移動させ、
布団をかけてあげる。

 

よし、大丈夫。

 

すみませんね~

 

いいえ、
どういたしまして。

 

花子さんが、「すみませんね~」なんて、
お礼を言ったのは、初めて。
僕も、間髪いれずに、
どういたしまして」なんて、言ってしまった。

 

普段、言ってもらったこともない言葉が聞けて、
びっくりした。
僕も、素直に、言葉が出た。

 

花子さんは、表現下手。
言葉には出さないけど、
いつも、感謝の気持ちを持っている。

 

それを聞けただけでも、
介護のしがいが、あるというもの。

 

 

ブログランキングに参加しています。
応援クリック、お願いします。

    ↓
banner_03.gif