皆さんに、ご心配をお掛けしているので、
とりあえず、

 

インフルエンザじゃない

 

ことだけは、伝えておかないと!
と思って、前回アップしてから、
だいぶ日がたってしまいました。
でも、少しずつ書いているんです。
どうも、書くのがスローペースなので、
今頃、続きです。

 

 

 

さて、

 

朝、 起きたときは、熱は下がっていたが、
念のため、病院へ連れて行った。

 

花子さん、病院嫌いだが、今回みたいに
症状が悪かった時は、仕方なく、出かける。

 

近所の内科医は、掛かりつけ病院として、
認知症の経過も、知っておいてほしいので、
たまには、行っておかないと。

 

早い時間だと、混んでいると思い、
10時半に行った。
名前だけ書いといて、
11時に、一緒に出かける。

 

インフルエンザで来ている人が多いようで、
皆、マスク姿だ。
僕たちも、マスク。
でも、花子さん苦しそうで、鼻だけ出してしまう。
何度も、掛け直す

 

しばらくしてから名前が呼ばれ、診察室へ。

 

どうしました?

 

一昨日の夜に、急に吐いて、
昨日は、38.8度まで熱が上がり、
4回ほど、もどしてしまいました。
今日の朝は、平熱の35.4度まで下がりましたが、
食欲はなく、昨日の朝から、何も食べていません。

 

血圧を測って、聴診、触診、問診を行う。

 

では、血液検査と、尿検査をしましょう。
何も食べていないと言うことなので、
点滴をします。

 

次は、ご主人はどうですか。

 

僕も、ここの病院には、痛風で通っている。
薬だけもらおうとして、名前を書いたんだけど、
ついでに、診察にも回された。

 

最近は、毎日薬を飲んでいますので、
発作 
(手足の、指の腫れです) が起きることはないです。
薬も、朝夕1錠ずつを頂いていますが、
朝1錠にしています。

 

同じように血圧を測り、
血液検査、尿検査
にまわされた。

 

  まったく。
  精神科も、一緒に診察で、
  内科も一緒。
  仲がいいもんだ(笑)

 

花子さんは、外で待っているかと思ったら、
いない。
看護士さんに聞いたら、

 

今、尿を採ってもらっています。

 

一人ではできないんで、私が一緒に入ります。

 

トイレに入ったら、
花子さん、便器を前に、容器を持って、
何をしたら良いか分からず、立っていた。

 

採尿を手伝う。
緊張している様子で、中々出ない。
ようやく採って、ベッドへ。
採血して、点滴が始まった。

 

僕も採血が終わり、花子さんのベッドの横に座っていた。
看護士さんが来て、

 

血液検査をしたんですけど、
このあと、レントゲンを撮ることになりました。
お時間はありますか。

 

ハイ・・・

 

とりあえず、僕は、一度家に帰る。
冷凍のチャーハンを解凍して、急いで、食事。
すぐ、病院へ戻った。

 

点滴をしている間、横についていた。
14時半になって、看護士さんが入ってくる。

 

まだ終わりませんか。

 

500mlの点滴が、まだ半分の250mlだけしか落ちてない。

 

おかしいですね。
もう一度、打ち直しましょう。

 

すみませんが、このあと仕事があり、
3時には、ここを出ないといけないんです。
今日は、これで中止にしていただけますか。

 

分かりました。
先生に聞いてみましょう。

 

点滴を終わりにして、
花子さんは、看護士さんと、
レントゲン室に入った。
看護士さんに呼ばれて、中に入ったら、
花子さん、上半身裸で、
タオルを掛けられていた。

 

今先生を呼んできますので、待っていてください。

 

花子さん、自分で服を脱げないので、
多分、看護士さんに手伝ってもらったんだろう。
手間取ったに違いない。
一見、認知症の進行を感じさせないからな~
気軽に、

 

服を脱いでください。

 

と言われたんじゃないかな。
レントゲン室に入って、
ずいぶん、時間がかかっていた。

 

Dr.が来て、レントゲンを撮る。
少し待った後、呼ばれて、診察室に入った。

 

血液検査をしたところ、
○●○と言うのが、200ありました。
普通は、90ですので、細菌の感染の心配があり、
レントゲンを撮りました。
写真を見ますと、肺に影が映っていませんので、
大丈夫ですね。

  ( ○●○はなんだか忘れました。
    数字も、あっているか分かりません )

 

吐いたり、熱があったことから、
おなかの風邪ですね。
薬を出しておきますので、
これを飲んで、様子を見てください。

 

急に熱が出たので、
インフルエンザを心配しましたが、
それはありませんか。

 

インフルエンザは、何も治療をしないで、
熱が下がることはないので、
大丈夫でしょう。
おなかの風邪も、急に熱が出ることがあります。

 

お礼を言って、病室を出た。

 

病院に行ってから、翌日までは調子が悪かったが、
次の日からは、元気が出てきた。

 

ほっと、安心。

 


 

 

ブログランキングに参加しています。
応援クリック、お願いします。

    ↓
banner_03.gif