11月30日の月曜日、
結石を取り出す前に、
たまった胆汁を出す、
内視鏡手術が、行われた。

 

手術時間が決まっておらず、
待機も不要とのことだったので、
手術の時間には、行かなかった。

 

でも、心配なので、夕方の面会時間、
病院へ行ってみた。

 

面会は出来なかった。
それは承知の上なので、仕方がない。
僕と会うことによって、
動揺をさせないことが、大事。

 

と、自分に、言い聞かせている。

 

幸い、担当のDr.と、看護士には会えて、
状況を聞く事が出来た。

 

今日の手術は、どうでしたか。

 

うまくいきました。
カテーテルを通して、たまっていた胆汁と、膿を出しています。
データが良ければ、木曜日に、石を取り出す手術をします。

 

今週には、食事も取れると思います。
食事が出来れば、点滴もしなくなりますので、
拘束もはずれます。

 

そうですか。
ありがとうございます。

 

看護士さんも来てくれた。

 

どうですか。
落ち着いていますか。

 

今は落ち着いています。

 

私に会いたいというようなことは、言ってますか。

 

やはり、おっしゃってますね。
でも、それで興奮するようなことはないです。
ベルトを、はずそうとしたりしていますが、
感情的になることは、ありませんね。

 

今はオムツを当ててると思いますが、
排泄は出来ていますか。

 

尿は、管を通していますので、出ていますが、
便は出ていないので、下剤も考えています。

 

オムツが始めてのことなので、
抵抗とか、排泄の仕方がわからないと言うことは
ありませんか。

 

それは、ないです。
ただ、かぶれが出てきたので、軟膏をつけています。

 

 

 

落ち着きを、取り戻したと言うのを聞いて
安心した。

 

ここんとこ、僕も、少しは、余裕が出てきた。

 

始めの頃は、家で何をするにも、落ち着かず、
気持ちばかりが、焦ってた。

 

今は、のんびりできるようになったかな。

 

花子さんとの生活で、普通だと思っていたことが、
結構、気が張り詰めていたことに気づく。

 

食事を、ゆっくりとることをしていなかった。

 

   どうしても、目が花子さんの方に向いていた。
   次に食べるものを取ってあげたり、
   花子さんの、手元を気にしていた。

 

   今は手抜き料理だけど、自分の好きなものを
   のんびりと、食べることが出来る。

 

風呂は、以前から、カラスの行水で、湯船に入っても、
すぐ出る習慣があった。

 

   花子さんが風呂から出たら、僕は、ザブンと入って
   すぐに出て、着替えを手伝う。

 

   今は、のんびりと、お湯に浸かっている。
   こんなに、気持ちが良かったとは。

 

テレビが、それほど好きではなかったのに、気づく。

 

   食事をしながら、そして、食後は、花子さんと一緒に
   テレビを見ていた。
   昼間テレビを見ないで、横になっているだけなので
   せめて、一緒のときはテレビを見て
楽しむようにしていた。

 

   でも、テレビが全然面白くない。
   消して、パソコンの前に座る。
   花子さんがいると、長時間パソコンに向かうことは、出来ない。
   おかげで、毎日ブログを更新している。

 

他にも、すべてがマイペースで出来るんで、
ゆとりが持てる。
すべての行動が、早回しになっていた。

 

コメントで、皆さんがおっしゃっている、

 

ゆっくりしてください。

 

は、このことなんだと、気がつく。
英気を養っておかないと。

 

 

 

 

今日、病院に電話して、
経過を聞いた。

 

今のところ、体調は良いので
明日の朝、健康診断をして、
良ければ、手術を行うらしい。

 

今回は、石を取り出す、大事な手術。
病院での待機を、お願いした。

 

手術を行なうかどうか、
行なうとしたら、何時か。
電話を頂くことになった。
 
 

 

 

ブログランキングに参加しています。
応援クリック、お願いします。

    ↓
banner_03.gif