12月11日、無事退院しました。

 

今回の、入院 ~ 退院には、
たくさんの、運の良さが、重なった。

 

まず、「胆管結石」の始まりが、
花子さんが訴えた、吐き気、腹痛、高熱だった。
近所の、
掛かりつけ医で、診察をして頂いたところ、
始めは、「お腹の風邪」。

 

数日後、再発したので、もう一度病院へ行った。
Dr.が、症状に不審を持ち、
2日後、血液検査の結果が出て、
朝、電話を頂いた。

 

異常な数値が出たので、
すぐに大病院への診察を勧められた。

 

迅速な対応をして頂けるDR.が、
掛かりつけ医だと言うことが、
一つ目の、運の良さ。

 

二つ目
掛かりつけ医が、
花子さんが、認知症で通っている病院へ
電話をしてくれた。

 

近くに、地域総合病院はあるが、
わざわざ、D病院へ尋ねてくれた。

 

そこの消化器内科で、すぐ受け入れてくれて、
その日の午前中に、検査、
症状から、緊急入院として扱ってくれた。

 

三つ目
認知症を持っている人が、内科疾患になった場合、
受け入れてくれるところが、ないそうだ。
皆さん、入院先を見つけるのに、一苦労する。

 

僕の住む市でも、数箇所しかないらしい。

 

花子さんが、精神科で通院している病院が、
精神科入院病棟を持っていて、
受け入れてくれるところだった。
精神科と、消火器内科の連携もしっかりしていた。

 

四つ目
普通病棟では、花子さんは、入院できない。
実際、入院状況を見ていたら、とても無理。
精神科患者に、慣れた病院でなければ、
難しかったろう。

 

内科のDr.が、精神科に問い合わせてくれたら、
たまたま、ベッドが一つだけ空いていた。
すぐ入院できることは、あまりないそうだ。
これも、すごく運が良かった。

 

五つ目
看護師さん達の対応がすばらしく、
花子さんは嫌がることなく、
感謝をして、退院することが出来た。

 

他にも、数え上げれば、きりがない。

 

 

 

12月24日、25日の検査、診察で、
異常がなければ、最大の、運の良さか。

 

 

 

 

今回の総胆管結石の始まりは、
11月15日の 「インフルエンザ??」 の記事からでした。
それ以来、たくさんの方から、コメント、メールを頂きました。
僕にかかわりのある方からは、手紙、電話まで頂きました。

 

また、アクセス数の増加、ランキングの上昇を見ても、
大勢の方に、応援して頂いているのを感じました。

 

皆さん、本当にありがとうございました。
皆様のお陰で、どんなに勇気つけられたことか。

 

具体的なアドバイスを頂いて、早速実行したことが
いくつもあります。

 

頂いた励ましが、僕の背中を押してくれました。
花子さんの前で、笑顔でいることができました。

 

相変わらず、コメントの返事ができなくて、申し訳ありません。
始めて頂いた方にも、返せなくて、ごめんなさい。
一つ一つのメッセージを、大切に読ませて頂いています。

 

アクセス数を見ても、
いつも、訪問して下さる方がたくさんいます。
たまたまのめぐりあわせで、来ていただいた方も大勢います。

 

 

皆様、本当に、ありがとうございました。


 

 

ブログランキングに参加しています。
応援クリック、お願いします。

    ↓
banner_03.gif