花子さんは、できないことが多くなってきたけど、
できることも、たくさんある。

 

 

 

花子さんは、ヤクルトが好きだ。
二人で買い物に行くと、
いつも、カゴの中に入れる。

 

    他に、ポッキー、あずきバーは定番。

 

自分から飲むことはないんで、
僕が冷蔵庫を開けて、声をかける。

 

ヤクルトがあるよ。
飲む?

 

うん。

 

はいよ。

 

と言って、投げる。
3~4メートル先にいる花子さんは、
上手にキャッチする。

 

これって、難しいことだ。
投げられた物は、放物線を描いて、
手元に届く。
品物をしっかり見ることと、
頭の中で、どこに落ちるか、計算する必要がある。

 

以前、認知症の長谷川式検査で、
長方形の立体図を描けなかった。
立体を、認識することができなかった。

 

捕るの上手だな。

 

簡単。

 

じゃあ、開けてやるよ。

 

そう言って、花子さんのところへ行き、
アルミで覆われている蓋を取る。

 

はいよ。

 

ありがと。 

 

蓋を取ることは出来ないので、
僕が開けて、手渡す。

 

どうせ蓋を開けるんだから、
投げないで、持って行って渡せばいいんだけど、
キャッチを見たいんで、
毎回、投げている。

 

 

 

 

他にも、できること。

 

花子さんは、利き水ができる。
水の、美味しい、まずいが分かる。

 

ここいら辺のスーパーでは、
専用ボトルを持っていけば、
蒸留水、アルカリイオン水を、ただで汲ませてくれる。

 

冷蔵庫に入っている飲み水は、
もっぱらこの水だ。
無味無臭で、すっきりして、美味しい。

 

でも、買い物に行かない日もあるんで、
水を切らすことがある。
そんな時は、水道水。

 

冷たければ、あまり違いはないんだけど、
花子さんは、分かるんだな~

 

朝夕の薬を飲むとき、
コップに水を入れて、一緒に手渡す。
飲ませると、

 

あ~~、水が美味しい。

 

と言う時と、

 

まずい。

 

と言う時がある。
ちゃんと、分かってる。

 

25年前、花子さんが出産後、
茨城のお母さんが、
手伝いで、泊り込みをしてくれた。

 

その頃、茨城では、美味しい井戸水。
こっちで水道水を飲んだら、
臭いと言って、飲めなかった。

 

そのうち、お茶、味噌汁も飲めなくなり、
具合が悪くなって、帰ってしまった。
当時、ペットボトルの水なんて売ってなかった。

 

花子さんの味覚は、母親譲りか。

 

 

 

花子さんは、僕の作る物は、
何でも、

 

美味しい。

 

と言って、食べてくれる。
ちょっと、甘さや、塩が足りなくても、
食べてくれる。

 

褒められるとその気になってしまう。

 

ありがたい。

 

 

 

ブログランキングに参加しています。
応援クリック、お願いします。

    ↓
banner_03.gif 

 

 

認知症になる前の花子さんは、
洗濯が好きで、
毎日、朝起きると、
すぐに、洗濯機のスイッチを入れていた。
綺麗に干して、嬉しそうだった。

 

その頃の僕は、
洗濯機を使ったことなく、
花子さんから、

 

洗濯も出来なくて、こまっちゃうね。 

 

と言われたものだ。

 

認知症の初期のころは、
一日に、何度も洗濯機を回していた。
朝、洗濯をするが、
タオル1枚でも汚れが出ると、
すぐに洗う。
水道代の請求を見て、
びっくりしていた。

 

最近は、洗濯機の操作が分からず、
自分で、洗濯をすることはない。

 

僕が洗濯をするようになってからは、
3日に一度くらいかな。

 

二人なので、毎日出る汚れ物は、
下着と靴下くらい。
上に着るものは、2~3日そのまま。
タオル、シーツも、まとめ洗い。

 

今日、洗濯槽一杯に、汚れ物が溜まったので、
洗濯機を回した。

 

洗い終わるのを見計らって、
2階に上がり、洗濯物を取り出す。

 

洗濯物に、青い紙がついていた。
ズボンのポケットにでも、
ティッシュが入っていたんだろう。

 

花子さんは、最近、
ポケットが膨れ上がるほど、
ティッシュや、トイレットペーパーをちぎって、
詰め込んでいる。

 

洗濯機に入れる時に、
チェックしてるんだけど、
見落としたんだろう。

 

洗濯物を干し始めると、
どんどん、青い紙、綿状の紙が出てくる。
床が紙で一杯になってしまった。

 

ポケットに、こんなたくさん仕舞い込んだのかな。
そのうち、四角いビニールまで出てきた。

 

変だ。

 

なんと、

 

 

 

 

 

 

ランの、オシッコシートだ。

 

トイレに、ラン用のトレーとシートが置いてある。
ランは、いつもここでオシッコと、ウンチをしている。

 

花子さん、
オシッコしているのを気がついて、
片づけてくれたんだ。

 

でも、オシッコで一杯になったシートを
ゴミ箱と間違えて、
洗濯機に、捨ててしまったと思う。

 

まあ、片づけられたことを
大事にしよう。
これからは、洗濯機のスイッチを入れる前に
点検しないと。

 

洗濯物を戻して、
もう一度洗う。
オシッコと一緒だったしね。

 

ウ○チは浮いてなかったので
大丈夫だと思う。

 

 

ブログランキングに参加しています。
応援クリック、お願いします。

    ↓
banner_03.gif 

 

 

 

若年認知症の家族会が催している、
夫婦での散策に、参加して来た。

 

今回で、3回目。
デイサービスにも行った事がない、花子さんにとって、
唯一、同じ病の人達と過ごすことができる会だ。

 

参加される方は、皆さんご夫婦で、
同年代の方達。

 

この会を主催して頂いている、
お二人の世話人に感謝。

 

世話人のお一人は、家族の会の事務局の方。
いつも、参加者に、目配り、気配りをして、見守ってくれている。

 

もう一人は、介護家族として参加されている方。
認知症のご主人が一緒だ。
その方が、世話人となり、運営してくれている。
介護者として、苦労が多いのに、
頭が下がる思いだ。

 

参加されている方も、皆さん協力的で、
本人と家族の息抜きを、
安心してできるように、
気遣いをされている。

 

花子さんは、デイサービスなどの支援を嫌がっている。
僕がいれば安心して参加できるので、
これから、公的支援を受けるための、
最初の経験として、一番良いと思っている。

 

それに、僕自身も、自然の中を散策することが、
すごく心地よい。

 

平日なので、仕事を調整しながらになるけど、
休みを取ってでも、参加する価値がある。

 

初回は、花子さんがどういう反応をするか、
おっかなびっくりだった。
途中、腰痛が出たり、
なんとなく、ぎこちなかったけど、
楽しむことが出来た。

 

2回目は、出足でつまずいてしまった。
花子さんには、家族会の集まりとは、言わないで出かけた。
前もって言うと、家から出ないのは見えていた。

 

集合場所の駅に着くと、大勢の参加者、
前回と同じ顔も、多く見られた。
花子さん、挨拶は出来たものの、
表情が、強張っている。

 

これ、なんなの?

 

前に、家族会の人達と、動物園へ行ったろ。
また同じメンバーで、散歩するんだよ。

 

いかない! かえる!!

 

大丈夫だよ、
ずっと一緒だから。

 

いやだ!!

 

これの繰り返しが続いた。
皆さんには先に行ってもらって、
世話人の方が残ってくれた。

 

そのうちに、嫌がるのが頂点に達して、
ぶつ、蹴るが始まった。
駅前で・・・

 

世話人の方にも、行ってもらって、
二人で残る。
少し落ち着いてきたので、
マックに入り、コーヒーを飲む。

 

大丈夫だよ。
前も、行ったら、楽しいって言ってたじゃないか。

 

絶対やだ。
いかないからね!

 

同じことを、繰り返す。
戦法を変える。

 

これに参加するのは、
本当は、僕のためなんだよ。

 

今、仕事のこと、親父と、お袋のこと、
そして、花子のこと。 ランもだ。
毎日、大変なのは知ってるだろ。
家にいるとどうしても、休みの日も仕事になったり、
親の面倒も見ないといけないだろ。

 

こうやって、平日に外に出るのは、
僕の息抜きと、ストレス解消も出来るんで、
どうしても来たかったんだ。
こういう機会がないと、中々外に出れないからな。

 

かわいそうだね。

 

だから、付き合ってくれよ。
皆、良い人達ばかりだから、
安心して、散歩にいけるよ。

 

いいひとだよね。
うん。

 

大成功。
花子さんの、優しさを引き出した。

 

遅れて、皆さんのところへ。
ちょうど、昼食を取っていた。
笑顔で迎えてくれた。

 

帰りに、花子さん。

 

どうってことなかったね。
たのしかったね。

 

 

 

そして、今回。

 

今度は、花子さんに前もって、言っておいた。
楽しかった印象を、たくさん付け加えた。
全く、抵抗がなかった。

 

今回の散策も、ゆっくりとしたペース。
この会の良いところは、一番遅い人に合わせて、歩く。
遅い人は、そのつど違う。
誰も、

 

早く。
急ごう。
まだ?

 

なんて言わない。
ゆっくり待つ。
のんびり歩くことの、気持ち良さ。

 

僕と花子さんは、色々な観光地に行く。
興味ある所を目指して、割と早足。

 

でも、ゆっくり歩くと、意外な物に気づく。
木に止まっている、鳥。
ベンチで寝ている猫。
花の、綺麗さ。
まだ、枝だけの桜の木を見て、
皆で、満開の様子を思い浮かべる。

 

なんという、心地よさなんだろう。

 

花子さん、今回は皆と一緒に、十分楽しめた。

 

よかったね。
たのしかったね。

 

 

ブログランキングに参加しています。
応援クリック、お願いします。

    ↓
banner_03.gif 

 

 

先日、月に一度の
精神科の診察があった。

 

前月は、Dr.が学会に出席だったので、
入院の時の、担当医に見て頂いた。

 

主治医の診察は久し振りだ。

 

名前を呼ばれて、診察室へ。

 

花子さん、お元気でしたか。

 

ハイ。

 

入院の時は、大変でしたね。
体の調子は、どうですか。

 

大丈夫です。

 

ご飯はちゃんと食べられますか。

 

ハイ。

 

夜は寝れますか。

 

ハイ。

 

僕のほうを向き、

 

どうですか?

  

はい。
退院後、見当識障害がかなり出て来ています。

 ( 見当識障害とは、時間や、場所、人など、自分の
   おかれている環境を理解する能力が、衰えている
   障害です。 )
いつも使っている、家の中が分からなかったり、
時間の感覚が、なくなっているように感じます。

 

入院前は、私が仕事でいなくても、
部屋にいることは出来たんですが、
どこにいれば良いのか、居場所が分からず、
いつも、付いて回っています。
仕事場に連れてきて、横の椅子に座らせています。

 

それから、これまでは、着る服が分からず、
順番に手渡ししていました。
渡せば、自分で着れたのですが、
今は、袖通しまで手伝わないと、
着れなくなりました。

 

そうですか。
環境の変化で、入院をきっかけに、
変わってしまうことがありますからね。

 

精神的には、わりと安定していて、
荒れたりすることはないです。
入院前は、腰痛がひどかったんですが、
真っ直ぐ、長期間寝ていたのが良かったのか、
痛がることが、なくなりました。
そのお陰で、穏やかに過ごせています。

  ( コメントで指摘されたのですが、
    腰痛がなくなったのは、胆管結石を取ったからかも
    しれません。
    結石の影響は、色々あるようです。 )

 

私の言うことを、素直に聞いてくれるので助かってます。

 

そうですか。
花子さん、全部ご主人がやってくれて
良かったですね。

 

はい。
ありがたいです。

 

そろそろ、デイサービスも考えたほうが良いですね。
ご主人がいないとき、急に体の具合が悪くなったら
大変でしょう。

 

・・・・・・

 

最近、家族会の集まりに、
二人で、出かけ始めました。
若年認知症の、ご夫婦の集まりで、
色々なところを、散策しています。

 

それは良いことですね。
だんだん慣れてくるといいですね。
では、薬は、いつもと同じで良いですか。

 

お願いします。

 

花子さんは、このDr.を信頼している。
良い関係が、保たれている。

 

頼りになれるDr.が、主治医で助かってます。

 

 

ブログランキングに参加しています。
応援クリック、お願いします。

    ↓
banner_03.gif 

 

 

昨日の記事、そして、これまでの記事を見直すと、
身体拘束について、否定的にとられるかも知れません。

 

今回の入院での、身体拘束は適切な治療と思っています。

 

花子さんの入院は、
精神保健福祉法による、「医療保護入院」でした。
保護者として、書面を交わしています。

 

医療保護入院になると、
治療のために、保護する必要があれば、
隔離病棟、身体拘束が行われます。

 

身体拘束というと、どうしても、マイナスイメージがある。
問題行動を制限するため、
また、看護側の都合によって、
行われる印象がある。

 

僕も、入院時、身体拘束が必要と言われたとき、
「尊厳を護ってほしい」
なんて、わがままをを頼んだ。

 

でも、花子さんの治療が始まり
何を一番優先させる必要があるかを考えたとき、
拘束も、やむを得ないと変わってきた。

 

認知症という病のため、
なぜ入院をしているのか
何をしているのか理解できない。

 

手術までの間、食事を取らずに点滴で過ごす。
その点滴を外すと、大量出血で、大変なことになる。
思わぬ事態に、発展する恐れがある。
点滴の継続は、重要な治療だ。
点滴が、理解できなかったと思う。

 

また、手術準備のために、
精神の安定と、体調を整えなければいけないが、
自由に動き回ってしまうと、
治療を受け入られなくなる。

 

まずは、総胆管結石を治すことが大事で、
そのためには、多少の不自由さも仕方がない。

 

退院して、花子さんと色々話したが、
身体拘束をされていたことは、
全く覚えていなかった。
看護師さんが、すごく優しくて、
良い人達ばかりだった、
と言う印象が強い。

 

病院での寂しさは、非常に強かったが、
看護師さん達に対する悪い印象は、
全く持っていなかった。

 

治療に専念させるために、
無理強いはしたが、
優しい対応で、癒されたことが多かった。

 

病気が治った安心感で、
寂しさから来る、
病院への悪い印象が残っていないのが
ありがたい。

 

今回の身体拘束は、
間違っていなかった。


 

 

 

ブログランキングに参加しています。
応援クリック、お願いします。

    ↓
banner_03.gif 

 

 

今年になってから、花子さんは、
寝返りを打つようになった。

 

入院中、手、足、腰を拘束されて、
一日中、真っ直ぐ上を向いて寝ていた。
2週間だが、体に染み付いてしまった。
退院しても、真っ直ぐになって寝て、
朝まで、そのまま。

 

入院中の癖から、
ようやく解き放された。

 

1ヶ月かかったな~

 

寝返りを打つようになったら、
布団が下に落ちることが、度々。

 

僕は、いつも、夜中の3時頃と、
多い時は、5時にも、
1~2回トイレに行く。

 

その度に、布団を掛け直してあげる。
気持ちよく、熟睡だ。

 

ついでに、ベッドの周りに寝ているランにも、
毛布を掛ける。

 

ランは、今8歳4ヶ月。
人間で言うと、50歳くらい。
もうすぐ、追い越される。

 

毛布を掛けてあげると、
朝方まで、そのままゆっくり寝ている。

 

 

今日の朝、
どうしようもなく寒くなって、目を覚ました。
掛け布団がベッドから落ちて、毛布1枚で寝てた。

 

僕に、掛けてくれる人は、
誰もいない(笑)

 

  

 

ブログランキングに参加しています。
応援クリック、お願いします。

    ↓
banner_03.gif 

 

 

 

友達の話を、もう一つ。

 

新年会は、高校時代の親友。
もう一組、今でも続いて、付き合っている友達がいる。
中学時代の、親友達だ。

 

この連中のことも、何度も書いている。

 

年末に、その友人の一人から、電話があった。

 

今日、皆で忘年会をやることになったんだよ。
スリブリの駅から、坂を登ったところにある、
中華料理屋で、6時半から。
5人来る。
もし出れるようだったら、来て。
無理しなくても、いいからね。

 

この連中は、皆、介護にかかわっている。
親、子供、仕事、自分・・・
だからこそ、僕のことがすごく分かり、
いつも、心配してくれている。

 

これまで、何度か誘われていた。
でも、 「夜出れない」 と言って、いつも断っていた。
会って話をしたいのは山々だけど、
花子さんを、一人置いていくわけにいかない。
夜の飲み会は、あきらめていた。

 

今回は、是非行こうと考えた。

 

その日は、突然の電話。
皆には、時間通り始めて貰って、
僕の都合のつく時間に行けばよい。

 

いつも、「集まり」の知らせは、
開始時間が気になり、
参加できない。

 

そして、何より、
僕の住む駅で、開いていること。
中学の時の同級生なので、皆、近くにいる。
でも、1~2駅隣で、
僕と同じ駅を使う人はいない。

 

僕が、出来るだけ参加しやすいように、
考えてくれたのが、すごく伝わってくる。

 

 

 

ランの散歩、夕食を作り、
花子さんと一緒の食事は、
いつものように、こなした。

 

8時頃、

 

この前、中学の時の同級生のお母さんが亡くなって、
葬式に行ったろ。
その時の人達が集まってる。
 (事実です)
ちょっと、顔を出してくるよ。

 

遅くならないようにするから。
ご飯も済んだし、あと、好きなテレビを見てればいいよ。
大丈夫?

 

ランがいるから、大丈夫だよ。

 

じゃあ、行ってくるよ。
早く帰ってくるからな。

 

うん。

 

意外なほど、聞き分けが良かった。
いつもだと、不安そうな顔をして怒るか、
一緒に、ついてこようとする。

 

ここんとこ、腰痛も出なくなって、
機嫌は良い。

 

食事の最中も、
出来るだけ、楽しくなるように仕向けた効果か。

 

ゆっくりと玄関まで行き、
家を出たら、ダッシュ。

 

タイミングよく、電話がある。

 

どう? 出れそう?

 

ちょうど、今出たとこ。

 

じゃあ、中華屋さんを出たんで、
近くの○●にいるよ。

 

店に着く。
顔馴染みの、男性3人、女性2人の同級生が、
笑顔で迎えてくれた。

 

楽しかった。

 

勉強になった。

 

元気をもらえた。

 

勇気も、もらった。

 

ストレスも、抜けた。

 

なんで、そこまで分かるの? と言うくらい、
今の状況と、僕の内心を先読みをされた。

 

叱咤激励。

 

仕事の話もする。
会社経営者がいたんで、
僕の一言で、
会社状況も、お見通し。
介護を含めたアドバイスをもらう。 

 

 

 

奥さんが入院したとき、
一人で入る風呂の気持ちよさが、分かったんだろ?

 

このブログの、こまかい記事まで見てくれていて、
厳しい意見ももらった。

 

正直になれ、
かっこつけるな、
白状しちゃえ。

 

自分では、そのままのつもりだが、
友達の目から見ると、無理に映っているのか。

 

 

 

途中、花子さんから何度か電話が入る。
声は、落ち着いていた。
荒れている様子はない。

 

多分、電池切れだろう。
しばらくしたら、掛からなくなった。
こっちから掛ける。

 

大丈夫そう。

 

ついつい、長居をしてしまった。
3件目まで、付き合う。
男3人で、楽しく飲んだ。

 

 

 

家に帰ったのが、

 

なんと・・・・

 

 

 

1時半。

 

 

そっと、ドアを開ける。
ランは、音に気づいて、飛び出してきた。

 

花子さんは、ベッドから上半身を起こして、
ボーっとしてる。

 

大丈夫だった?

 

平気だよ。

 

良かった~~~!!!
途中から、電話が掛からなかったんで、(
受話器はずれ)
すごく、心配したよ。
良かった、安心した。

 

うん。

 

花子さんは、僕が教えなければ、
夜と昼の区別がつきにくい。
僕が、食事、風呂、寝る時間、
その都度言って、規則正しくさせている。

 

時間の経過も、分からなくなっているのかも。
徘徊、無茶、無理が出ていないので、
今は、多少安心。

 

ずいぶん長い時間、
羽を伸ばさせてもらった。
皆と話しているときは、楽しい。
すごく良い、息抜きになる。

 

でも、分かれた途端、
花子さんのことが心配で、
何百倍にも膨れ上がって、大きくなった顔が、
体に乗っかって来る。

 

今回は、何もなかったけど、
やっぱり、心配。
夜、一人で留守番をさせるのは、
 止めておこう 
なるべく、控えよう(笑)


 

ブログランキングに参加しています。
応援クリック、お願いします。

    ↓
banner_03.gif 

 

 

 

 

 

 

昨年は、大変ありがとうございました。
皆様に支えられて、無事に一年が過ぎました。
穏やかな年になることを祈っています。

 

今年も宜しくお願い致します。
皆様に、幸あれ!!

 

 

 

年末から、三が日までは、
嵐のような、忙しさだった。
部屋の中でも、駆けずり回っていた。

 

でも、どれもが楽しさにつながること。
大々掃除、大洗濯も、介護も。
苦労したことが返ってくるので、
やりがいがあると言うもの。
  (そう、自分に言い聞かせているんだけどね)

 

 

正月最大のイベントは、
毎年恒例の、1月1日に行う、友人との新年会。
  (新年会の説明は、前の記事にあります。
   毎年書いているんだけど、ここに詳しく。
   クリックしてください。 → 新年会

 

友達6人の家を、毎年順番に会場にしているんだけど、
花子さんが、この病になってから、
僕の家は、飛ばしてくれていた。

 

でも、今年は、僕が立候補。
11月の「ボジョレ・ヌーボを飲む会」で、
夫婦全員が集まった時に、宣言。

 

今度の新年会は、うちでもいいよ。

 

エッ!
出来るの?

 

夜遅くまで出かけるのは難しいんで、
かえって、うちでやった方が良さそう。
調子悪ければ、寝れるし。

 

じゃあ、皆で手伝うから。

 

そんなわけで、我が家で。
料理は、毎日のおかずを、多めに作ればいいし、
家の中も、ありのままを見てもらえばいい。

 

なんて、思ってたけど、
いざとなると、大変。
ついつい、手をかけてしまう。

 

年末は、タロウを呼んで、
ふすまと、障子の張り替え。

 

翌日は、
庭木の剪定と、
両親の住む、1階の大掃除。

 

2階は、人が来たことがないんで、
どの部屋も、物置状態。
全部片付け、
ごみ袋の山。
掃除機も、すぐ埃と、ランの毛で、満杯。

 

食器やコップも、
10年位前に、我が家の新年会で使ったきりなので、
全部洗う。
花子さんの趣味が、陶器の収集だったんで、大量にある。

 

準備した料理は、

 

鶏団子と葱の、塩鍋。
   凝り性なので、鶏ガラからスープを取ってしまった。
   挽肉に、軟骨、薬味等々を入れた、特製。

 

海老と蛸のマリネ。
   前日に仕込んで、ドレッシングに漬け込み。

 

スペアリブのトマトソース煮。
   当日、圧力鍋で、仕込んだ。

 

他に、つまみを、いくつか。
紅白歌合戦も見ずに、下ごしらえ。

 

当日は、4時からだったんだけど、
一組が1時間前に来てくれて、
鍋用の、葱の千切りを手伝ってくれた。
10本の葱を切るんで、助かった。

 

各家で、1品の持ち込みが決まりごと。

 

刺身、蟹、煮豚、焼き豚、スペアリブ、
伊達巻、煮豆、お赤飯、ロールケーキ、
みんな、手造り。

 

豪華な宴会だ。
 ( 写真を撮り忘れたのが、大後悔 )

 

花子さんは、調子良かったな~
家の気楽さと、ランがいつも足元にいるんで、
ゆっくり楽しめた。

 

10時くらいになって、奥さんたちが、食器を全部洗ってくれて、
テーブル、流しには、何もない状態にしてくれた。
男連中は、酒を飲みながら、片付け。
すごい、チームワーク。

 

焼酎、日本酒、ビール、ワイン、梅酒のビンが、横たわっている。

 

一家族が、子供夫婦と、孫二人を連れてきたので、
15人の宴会だ。

 

11時に解散。
本当に楽しい新年会だった。
みんなの優しさに触れ、
花子さんが楽めたのが、何より。

 

 2010新年会

 

子供たちが帰ったので、大人だけになりました。
毎回書いていますが、
髪の毛が一番多いのが僕です。
花子さんは、その上。

 

 

  

 

ブログランキングに参加しています。
応援クリック、お願いします。

    ↓
banner_03.gif