友達の話を、もう一つ。

 

新年会は、高校時代の親友。
もう一組、今でも続いて、付き合っている友達がいる。
中学時代の、親友達だ。

 

この連中のことも、何度も書いている。

 

年末に、その友人の一人から、電話があった。

 

今日、皆で忘年会をやることになったんだよ。
スリブリの駅から、坂を登ったところにある、
中華料理屋で、6時半から。
5人来る。
もし出れるようだったら、来て。
無理しなくても、いいからね。

 

この連中は、皆、介護にかかわっている。
親、子供、仕事、自分・・・
だからこそ、僕のことがすごく分かり、
いつも、心配してくれている。

 

これまで、何度か誘われていた。
でも、 「夜出れない」 と言って、いつも断っていた。
会って話をしたいのは山々だけど、
花子さんを、一人置いていくわけにいかない。
夜の飲み会は、あきらめていた。

 

今回は、是非行こうと考えた。

 

その日は、突然の電話。
皆には、時間通り始めて貰って、
僕の都合のつく時間に行けばよい。

 

いつも、「集まり」の知らせは、
開始時間が気になり、
参加できない。

 

そして、何より、
僕の住む駅で、開いていること。
中学の時の同級生なので、皆、近くにいる。
でも、1~2駅隣で、
僕と同じ駅を使う人はいない。

 

僕が、出来るだけ参加しやすいように、
考えてくれたのが、すごく伝わってくる。

 

 

 

ランの散歩、夕食を作り、
花子さんと一緒の食事は、
いつものように、こなした。

 

8時頃、

 

この前、中学の時の同級生のお母さんが亡くなって、
葬式に行ったろ。
その時の人達が集まってる。
 (事実です)
ちょっと、顔を出してくるよ。

 

遅くならないようにするから。
ご飯も済んだし、あと、好きなテレビを見てればいいよ。
大丈夫?

 

ランがいるから、大丈夫だよ。

 

じゃあ、行ってくるよ。
早く帰ってくるからな。

 

うん。

 

意外なほど、聞き分けが良かった。
いつもだと、不安そうな顔をして怒るか、
一緒に、ついてこようとする。

 

ここんとこ、腰痛も出なくなって、
機嫌は良い。

 

食事の最中も、
出来るだけ、楽しくなるように仕向けた効果か。

 

ゆっくりと玄関まで行き、
家を出たら、ダッシュ。

 

タイミングよく、電話がある。

 

どう? 出れそう?

 

ちょうど、今出たとこ。

 

じゃあ、中華屋さんを出たんで、
近くの○●にいるよ。

 

店に着く。
顔馴染みの、男性3人、女性2人の同級生が、
笑顔で迎えてくれた。

 

楽しかった。

 

勉強になった。

 

元気をもらえた。

 

勇気も、もらった。

 

ストレスも、抜けた。

 

なんで、そこまで分かるの? と言うくらい、
今の状況と、僕の内心を先読みをされた。

 

叱咤激励。

 

仕事の話もする。
会社経営者がいたんで、
僕の一言で、
会社状況も、お見通し。
介護を含めたアドバイスをもらう。 

 

 

 

奥さんが入院したとき、
一人で入る風呂の気持ちよさが、分かったんだろ?

 

このブログの、こまかい記事まで見てくれていて、
厳しい意見ももらった。

 

正直になれ、
かっこつけるな、
白状しちゃえ。

 

自分では、そのままのつもりだが、
友達の目から見ると、無理に映っているのか。

 

 

 

途中、花子さんから何度か電話が入る。
声は、落ち着いていた。
荒れている様子はない。

 

多分、電池切れだろう。
しばらくしたら、掛からなくなった。
こっちから掛ける。

 

大丈夫そう。

 

ついつい、長居をしてしまった。
3件目まで、付き合う。
男3人で、楽しく飲んだ。

 

 

 

家に帰ったのが、

 

なんと・・・・

 

 

 

1時半。

 

 

そっと、ドアを開ける。
ランは、音に気づいて、飛び出してきた。

 

花子さんは、ベッドから上半身を起こして、
ボーっとしてる。

 

大丈夫だった?

 

平気だよ。

 

良かった~~~!!!
途中から、電話が掛からなかったんで、(
受話器はずれ)
すごく、心配したよ。
良かった、安心した。

 

うん。

 

花子さんは、僕が教えなければ、
夜と昼の区別がつきにくい。
僕が、食事、風呂、寝る時間、
その都度言って、規則正しくさせている。

 

時間の経過も、分からなくなっているのかも。
徘徊、無茶、無理が出ていないので、
今は、多少安心。

 

ずいぶん長い時間、
羽を伸ばさせてもらった。
皆と話しているときは、楽しい。
すごく良い、息抜きになる。

 

でも、分かれた途端、
花子さんのことが心配で、
何百倍にも膨れ上がって、大きくなった顔が、
体に乗っかって来る。

 

今回は、何もなかったけど、
やっぱり、心配。
夜、一人で留守番をさせるのは、
 止めておこう 
なるべく、控えよう(笑)


 

ブログランキングに参加しています。
応援クリック、お願いします。

    ↓
banner_03.gif