昨日の記事、そして、これまでの記事を見直すと、
身体拘束について、否定的にとられるかも知れません。

 

今回の入院での、身体拘束は適切な治療と思っています。

 

花子さんの入院は、
精神保健福祉法による、「医療保護入院」でした。
保護者として、書面を交わしています。

 

医療保護入院になると、
治療のために、保護する必要があれば、
隔離病棟、身体拘束が行われます。

 

身体拘束というと、どうしても、マイナスイメージがある。
問題行動を制限するため、
また、看護側の都合によって、
行われる印象がある。

 

僕も、入院時、身体拘束が必要と言われたとき、
「尊厳を護ってほしい」
なんて、わがままをを頼んだ。

 

でも、花子さんの治療が始まり
何を一番優先させる必要があるかを考えたとき、
拘束も、やむを得ないと変わってきた。

 

認知症という病のため、
なぜ入院をしているのか
何をしているのか理解できない。

 

手術までの間、食事を取らずに点滴で過ごす。
その点滴を外すと、大量出血で、大変なことになる。
思わぬ事態に、発展する恐れがある。
点滴の継続は、重要な治療だ。
点滴が、理解できなかったと思う。

 

また、手術準備のために、
精神の安定と、体調を整えなければいけないが、
自由に動き回ってしまうと、
治療を受け入られなくなる。

 

まずは、総胆管結石を治すことが大事で、
そのためには、多少の不自由さも仕方がない。

 

退院して、花子さんと色々話したが、
身体拘束をされていたことは、
全く覚えていなかった。
看護師さんが、すごく優しくて、
良い人達ばかりだった、
と言う印象が強い。

 

病院での寂しさは、非常に強かったが、
看護師さん達に対する悪い印象は、
全く持っていなかった。

 

治療に専念させるために、
無理強いはしたが、
優しい対応で、癒されたことが多かった。

 

病気が治った安心感で、
寂しさから来る、
病院への悪い印象が残っていないのが
ありがたい。

 

今回の身体拘束は、
間違っていなかった。


 

 

 

ブログランキングに参加しています。
応援クリック、お願いします。

    ↓
banner_03.gif