認知症になる前の花子さんは、
洗濯が好きで、
毎日、朝起きると、
すぐに、洗濯機のスイッチを入れていた。
綺麗に干して、嬉しそうだった。

 

その頃の僕は、
洗濯機を使ったことなく、
花子さんから、

 

洗濯も出来なくて、こまっちゃうね。 

 

と言われたものだ。

 

認知症の初期のころは、
一日に、何度も洗濯機を回していた。
朝、洗濯をするが、
タオル1枚でも汚れが出ると、
すぐに洗う。
水道代の請求を見て、
びっくりしていた。

 

最近は、洗濯機の操作が分からず、
自分で、洗濯をすることはない。

 

僕が洗濯をするようになってからは、
3日に一度くらいかな。

 

二人なので、毎日出る汚れ物は、
下着と靴下くらい。
上に着るものは、2~3日そのまま。
タオル、シーツも、まとめ洗い。

 

今日、洗濯槽一杯に、汚れ物が溜まったので、
洗濯機を回した。

 

洗い終わるのを見計らって、
2階に上がり、洗濯物を取り出す。

 

洗濯物に、青い紙がついていた。
ズボンのポケットにでも、
ティッシュが入っていたんだろう。

 

花子さんは、最近、
ポケットが膨れ上がるほど、
ティッシュや、トイレットペーパーをちぎって、
詰め込んでいる。

 

洗濯機に入れる時に、
チェックしてるんだけど、
見落としたんだろう。

 

洗濯物を干し始めると、
どんどん、青い紙、綿状の紙が出てくる。
床が紙で一杯になってしまった。

 

ポケットに、こんなたくさん仕舞い込んだのかな。
そのうち、四角いビニールまで出てきた。

 

変だ。

 

なんと、

 

 

 

 

 

 

ランの、オシッコシートだ。

 

トイレに、ラン用のトレーとシートが置いてある。
ランは、いつもここでオシッコと、ウンチをしている。

 

花子さん、
オシッコしているのを気がついて、
片づけてくれたんだ。

 

でも、オシッコで一杯になったシートを
ゴミ箱と間違えて、
洗濯機に、捨ててしまったと思う。

 

まあ、片づけられたことを
大事にしよう。
これからは、洗濯機のスイッチを入れる前に
点検しないと。

 

洗濯物を戻して、
もう一度洗う。
オシッコと一緒だったしね。

 

ウ○チは浮いてなかったので
大丈夫だと思う。

 

 

ブログランキングに参加しています。
応援クリック、お願いします。

    ↓
banner_03.gif