さっき、総胆管結石の入院経過のメモ書きをまとめた。
                       ↑

 

で、大事なことを書き忘れていた。

 

そう。
タイトルにある、入院費用です。
やっぱり、気になること。

 

今回、国民健康保険のお陰で助かった。

 

「国民健康保険限度額適用認定証」

 

と言うのがあるのを、知ってますか?

 

これは、1ヶ月ごとの、入院医療費が高額になった場合、
申請して、認められると、
自己負担限度額を超えた分が、
高額療養費として、
戻ってきます。

 

役所にあらかじめ申請して、認定証を受けていると、
退院時の支払いは、
自己負担限度額で済みます。

 

 

70歳未満の方の、自己負担限度額(月額)は、
「上位所得世帯」 「一般世帯」 「住民税非課税世帯」の、
3段階に分かれている。

 

我が家は、「一般世帯」なので、
限度額は、3割負担後で、80,100円
それを超えた場合の計算式は、
次の通り。

 

  80,100円 + ( 医療費 - 267,000円 ) × 1%
     ( 4回目以降限度額 44,400円 )

 

これは、1ヵ月ごと。
今回の入院は、15日間だったけど、
11月、12月にまたいでたんで、
2回に分けられる。

 

11月は、11月27日~30日の、4日間。
  医療費合計  239,660円  
  国保3割負担  71,900円

 

  限度額の計算基準 80,100円以下なので限度額を超えず
  そのまま請求される。

 

12月は、12月1日~12月11日までの、11日間
  医療費合計  401,990円  (手術2回あり)
  国保3割負担 120,597円

 

  限度額を超えているので、計算式に入れると、

 

   80,100円+(401,990円-267,000円)×1%=
              81,450円   

 

   2か月分の合計        153,350円 

 

これが、今回の入院にかかった費用でした。

 

ちなみに、花子さんの15日間の入院が二ヶ月にまたがず、
一ヵ月だったら、 合計 83,846円だった。

 

緊急入院じゃなくて、自分で選べるんなら、
月初めの入院が得だな。

 

 

 

今、確定申告の医療費控除を、せっせとまとめている。
昨年の、我が家の医療費の総額は、380,300円だ  (@_@;)

 

注) ● 「国民健康保険限度額適用認定証」 の詳しいことは、
     必ず、役所へ問い合わせて下さい。
     上の例は、あくまでも、今回の我が家のことです。
   ●
 他の健康保険のことは調べてないので、国民健康保険
     の場合です。 
     会社勤めの方は、事業者にお問い合わせ下さい。

  

 

ブログランキングに参加しています。
応援クリック、お願いします。

    ↓
banner_03.gif