昨日も、風呂に入る時間になると、
急に調子が悪くなり、入浴拒否が始まった。
 
優しく言いながら、いくら説得しても、
入ろうとしない。
 
もういい。
入りたくないなら、やめときな。

 
説得を、あきらめる。
 
別に、風呂に入らなかったからって、
病気になるわけじゃない。
下半身は、ウォシュレットと、
便座に一緒についている、
ビデで洗ってるんで、
膀胱炎は、大丈夫だろう。
 
顔も、石鹸で洗うか、
嫌がるときはタオルで拭いている。
 
花子さんは、相変わらず、
廊下にしゃがみこんでいるが、
僕は、脱力感で、ベッドに横たわった。
 
 
組んだ手を、顔の上に置く。
ため息・・・
 
何だろう??
 
しばらくすると、
 
 
 
 
 
涙が出てきてしまった。
 
 
 
 
 
悔しいわけでも、悲しいわけでもない。
うっ憤を晴らしたくて、
声を張り上げる涙でもない。
 
気力が折れつつ、
知らない間に、出てくる涙だ。
目じりから耳元に伝わる涙は、
なぜか熱い。
 
泣いている感覚は、全くない。
勝手に、流れてくる。
 
 
まずいな~
疲れてるな~
壊れかけている??
 
 
花子さんだけでなく、
親父のことで、駈けずり回ってるからな~
 
 
最近頂くコメントで、
たくさんの方から
一人で背負い込まないように、
支援を受けるようにと、
アドバイスをもらう。
 
 
「親父の事故」 の日記と、前後してしまうが、
今、脳神経外科と、リハビリ科では、
退院OKが出ている。
  (この話しは、時間があるときに、
   経過をたどって、詳しく書きます)
 
ただ、ソーシャルワーカー (社会福祉士。患者の退院の援助、
                 社会復帰の援助をしてくれます)
からは、
 
家での受け入れ態勢が、整ってから退院にしましょう。
 
と言われている。
この受け入れ態勢とは、
ベッド導入、手すり、入浴設備等と
感じていた。
 
ソーシャルワーカーに、
 
退院させても大丈夫です。
 
と、伝えた。
 
スリブリさんが、大丈夫ですか。
奥様と、お母様と、お父様を見ることになって、
負担が増えないですか。

 
地域包括センターで、
相談されたらどうですか?
まだ、介護認定は出ていませんが、
認定が出れば、申請時からさかのぼれます。

自費になる恐れもありますが、
ヘルパー、デイサービスを
使えるようにしてから
退院を決めても、構いません。

  
受け入れ態勢とは、
僕が介護できなくなった時、
頼れるところを、作ってから
と言うことだった。
 
 
 
ここに来て頂いている方達を始め、
友人、知り合い。
たくさんの方が心配してくれる。
本当に、ありがたい。
 
親身になって、アドバイスをしてくれるコメントには、
とても感謝をしています。
 
 
 
 
公的支援について、
本気で考える。
 
今まで、他人に任せるより
自分で介護をしたほうが、楽だった。
 
これまでの、生活習慣。
当人の好み、
今、してほしいこと。
嬉しいこと。
 
それを一番知っているのは、僕だ。
 
なんでも出来るのは、
当人にとって、一番求めることを
言わせなくても、わかるからだ。
 
でも、そろそろ、限界かな。
3人は、とても無理。
仕事をしないで、介護だけならできるかもしれない。
でも、食べていけない。
その前に、壊れるかも。
 
 
 
今日、地域包括支援センターに紹介していただいた、
大勢のケアマネがいる事務所に、行ってきた。
 
要介護4の妻。
要支援2から、今月更新をむかえる母。
介護申請をしたばかりで、
まだ、介護度が出ていない父。
 
3人を一緒に見てくれる、ケアマネージャーを、お願いした。
 
明日、ケアマネージャーが来てくれる。
花子さんをはじめ、
良い方向を、導き出したい。
 
 

ブログランキングに参加しています。
応援クリック、お願いします。

    ↓
banner_03.gif