今日も、花子さんと一緒に、
ランの散歩に出た。
 
 
充分歩いて、家に戻る。
ランは、先頭を切って、家の中に入っていった。
 
花子さん、門から入らず、
そのまま、坂を登っていく。
 
追いかけ、連れ戻そうとしたが、
帰ろうとしない。
 
仕事も終わったし、今回は、持久戦。
なだめすかしながら、後ろから少しずつ押し、
門から中へ。
 
今度は、階段に座り込む。
雑談タイムにしたが、
話に乗ってこない。
 
ビールで誘ったが、
これも無理。
 
ランを連れてこようと思ったが、
少しでも、側を離れると、
飛び出してしまうので、
お互いの膝を、つけたまま。
 
30分経ってしまった。
仕方なく、後ろから両腕の下に腕を通して、
抱えあげた。
 
抵抗があったけど、
花子さんも、多少飽きたか。
いつもの、爪立てがなかったし。
 
玄関に入り、
鍵を掛けて、座らせる。
 
水を取りに行った。
 
ようやく、あきらめる。
 
 
 
 
この、急に始まった問題行動には、
いくつかの原因が、考えれれる。
 
今月初め、
6月4日の診察で、症状がすぐれないので、
薬が変わった。
この影響が、あるかも。
  ( この話は、又今度書きます )
 
6月に入ってから、食事が取れなくなった。
ひと月で、体重が3kg減った。
食事拒否から、介護拒否が始まる。
  ( この話は、次に書く予定 )
 
 
 
そして、何よりも大きな原因は、
介護の見直しを、始めたこと。 

 
6月17日の日記の中に書いたが、
 
 5月24日
「 今回のことを機会に、
 僕の介護方針を、変える決意をする。 」
 

 
これまで、花子さんの世話は、
すべて僕が、やっている。
公的支援は、何も使っていない。
 
でも、家族の状況を考えると、
とても一人では出来ない。
 
両親を含め、3人を見てくれる
ケアマネージャーとの契約。
 
デイサービスの見学。
 
地域ケアプラザでの相談。
 
役所へ伺い、自立支援医療の更新、
そして、新たに申請した、
「特別障害者手当」の手続き。
  ( これも、又今度書きます。
    宿題が、多い  )

 

 
それぞれ、花子さんは、いつも僕と一緒だ。
家に、一人ではいられない。
又、車の中で待つことも出来ないんで、
行きたくないところにも、
付いて行かざるを得ない。
  

 
訪問客も、多くなった。
ケアマネージャー、保健師、看護師、介護福祉士、
親父、お袋への説明もあるんで、
1階で話を聞く。
 
でも、通す居間は、
襖1枚で、隣が仕事場の、事務所。
そこには、僕の横の椅子に、
いつも花子さんが、座っている。
 
来られた方は、花子さんへも、挨拶をしていく。
その度に、花子さんは表情が硬くなり、
そっぽを向く。
 
自分のところに来た人。
自分を連れて行く人と、思ってしまう。
 
朝、事務室に行くとき、
必ず、花子さんもついてきたが、
来なくなってしまった。
 
  
 
いつ、介護にかかわる人が来るかもしれない。
ここには、いられない。
2階で、一人ぼっちはいやだ。
ここは、私の家じゃない。
出て行かなければ。

 
 
 
自分の居場所が見つけられず、
外に出てしまうんだろう。
 
花子さんにとって、
極端な変化に、ついて来れなくなっている。
 
 
でも、これからの介護と支援のことを考えると、
我慢のしどころだ。
 

 
最後はきっとうまくいくことを信じて。
  ( コメントで頂いた言葉です )
 
 
 
 
夢の、ショートステイを目指して。
  ( このことも、そのうち )
 
 
 
今回の一連の記事で、たくさんのコメントを頂きました。
本当にありがとうございました。
皆さんの、暖かい励ましに感激しています。
目覚めさせてくれる、厳しいご意見も大変ありがたい。
一つ一つの言葉を、大事にしています。

 


 
 
 
 
    
  
ブログランキングに参加しています。
応援クリック、お願いします。

    ↓
banner_03.gif