昨日は、5週に一度の診察日。
 
先週、症状の急激な変化があったので、
予約なしだけど、診察をしてもらえるか電話をした。
 
担当Dr.は、予約が一杯で診て貰えなかった。
救急の、別のDr.に診察。
ただ、花子さんは行くのを拒否して、
僕一人で、話してくる。
食事が取れないことを伝えて、
昨日の診察前に、血液検査を入れて頂いた。
 
 
 
 
名前を呼ばれて、診察室に入る。
 
食事が、取れなくなったんですか?
 
先月の初めから、食べられなくなってしまいました。
朝、昼はほとんど食べません。
機嫌が悪く、反発をしています。
 
夜は、少量を口に入れます。
 
一口目は、いつも「美味しい」と言います。
でも、それが続かなくて、三口目くらいから、
「もう、いらない」と言って、量を食べることができないです。
 
6月の始めは、体重が53.8kg(身長157cm)あったんですが、
昨日量ったら、49.2kgになっていました。

 
 
  体重は、2日ごとに量り、
  折れ線グラフにしてある。
  毎日、数百グラムずつ減り、
  線が上がることはない。
  Dr.に見せながら説明した。
 
 
血液検査の結果を見ると、
悪い数字は、出ていませんね。
 
 
 
他にも、症状の変化が出てきました。
 
家にいることが出来ず、
いつも、外に出ようとします。
 
先月は、二回、警察のお世話になってしまいました。
 
一度は、高速道路を歩いているところを保護され、
もう一度は、捜索願を出して、
5時間後に、見つかりました。
 
 
先月の診察で、薬を変えたから、
その、影響があるかもしれないな。
食欲がなくなったということなので、
ドグマチールを、再開しましょうか。
 
 
 

 
  前回、6月4日の診察のとき、
  Dr.へ、介護拒否の話をした。
  又、夜寝れなくなったことも話す。
 
  これまでの、欝系の薬から、安定剤に変わった。
 
  今までは、
 

ドグマチール50mg  気持ちを楽にして、気分を
             高める。又、胃、十二指腸の
             粘膜を修復する薬。
ジェイゾロフト25mg 抗欝剤
             憂鬱な気分をやわらげ、
             意欲を高める。
アリセプト5mg    認知症の進行を抑える薬。


アリセプト5mg
 
寝る前
アモバン錠7.5mg  寝つきを良くする薬
 
 
 
6月4日より、

アリセプト5mg    


アリセプト5mg
 
寝る前
アモバン錠7.5mg  
セロクエル25mg   精神安定剤
              脳の神経を調整し、
                                   不安、緊張、
              興奮を抑える薬。
              睡眠効果もある。
 
 
 
  ドグマチールと、ジェイゾロフトがなくなり、
  セロクエルが増えた。
  アリセプトは、10mgのまま。
  他に、胃腸薬と、高血圧の薬がある。
 
 
 
一番大きな原因は、
父と母が、要介護認定をされたことから、
私一人で、3人を見ることが出来ないので、
これまでの、介護方法を
変えたことに、あると思います。
 
 
  
  ケアマネージャーとの契約、
  デイサービスの見学、
  来客が、多くなったことなど、
  これまでの経過を、話した。
 
  又、僕の横に来なくなり、
  いつも、2階のベランダにいる。
  これは、人が来た場合や、
  僕が、どこかへ連れて行こうとした時
  ( デイサービスに、行かされるのではないかと
    恐れている。 
    買い物に誘っても、たえず疑っている )
  のために、
  一番遠い場所で、
  いつも、避難しているような状態になったことを
  話した。
 
 
私への信頼が、なくなってきて、
散歩に誘っても、行かないし、
行ったあとも、家に入ろうとしないで、
いつも、30分以上もめてます。
 

 
環境の変化が、大きいかもしれませんね。
でも、ご両親のこともあるから、
そこは、やむを得ないと思いますよ。
 
それで、在宅が難しいようであれば、
入所とかを、考えざるを得ないですね。
 
ずっと今まで、引き篭っていて、
庇護的なかかわりを、してきたけど、
それが、出来なくなってきてる訳ですからね。

 
 
今、外に出ると戻って来れないので、
玄関に鍵をつけて、
外からも、掛けています。
 
最近、排泄の失敗も多くなってきました。

 
 
それは、病状の進行と受け取るのか、
ストレスで、そうなっているのか、
なんとも言えませんね。
 
ある程度、環境が落ち着いてくると
良くなってくるかも知れません。
そこは、見守っていくしかないですね。
 
いずれにしても、ご主人が、介護のストレスを、
限界と感じてきたら、
入所とかを、考えるしか、
ないかもしれないですね。
 
かわいそうですけどね。
 
ドグマチールを再開して、
セロクエルを、頓服として、
増やしておきましょう。

 
 
急に、難しい状況になってきました。 
 
 
今まで、ご主人が抱え込んきてたのが、
限界になってきたんでしょう。
 
どうしても辛かったら、
こちらに、一時的な入院も出来ます。
 
 
 
ご主人は、自分を責めてはだめですよ。
今までが、無理を重ねてきたわけですから。
 
ご主人ほど、奥さんを見ている人は、
いないですよ。
私の患者さんの中でも、
他に、いません。
 
今は、気が張っていて、何とかやってるけど、
これは、いつまでも続かないです。
危険ですから。
ご主人が倒れたら、代わりの人がいないですよ。

 
 
 
次は、僕の診察
      ↑
  ( ここをクリックすると、
    何の病気か、出てきます。 )
 
 
ご主人の方は、どうですか。
 
私は今の薬があっているようで、
具合が良いです。
 
ご主人が、抗欝剤を飲んでいて良かったです。
 
私も、そう思います。
先生に、私の事を聞いていただけて、
本当に助かりました。

 
 
 
診察室を、後にした。
会計で並んでいるとき、
先生の話を思い出し、
 
 
不覚にも、涙が出てしまった。
 



 
 
 
  
ブログランキングに参加しています。
応援クリック、お願いします。

    ↓
banner_03.gif