最近の花子さんは、
 
 
徐々に高度を下げながらの、
低空飛行だけど、
落ち着きを、取り戻してきた。
 
僕の腕に、新たな、
引っ掻き傷がなくなったのが、
その証拠だ。
 
古傷はまだ残っているが、
新しい、アザ、爪立て、切り傷が、
なくなった。
 
一日の中で、波はある。
にこやかな、優しい表情のときもあれば、
急にスイッチが入り、
目が釣りあがって、怒り顔の時も。

 
 
 
ここ、1~2ヶ月、
毎朝の行事は、変わらずにある。
 
起きて、30分は、
何故か、毎日
非常に不安定になっている。
 
 
 
 
僕は、朝起きるのが遅い。
出勤、1分なので、7時半頃に起きれば、
朝の家事をしても、十分間に合う。
 
寝るのが遅いこともあって、
朝は、苦手だ。
5分おきに繰り返して鳴る目覚まし時計を
4~5回止めて、やっと起きる。 
 
 
 
 
でも、最近は、
花子さんの
 
やってよ・・・
やってよ!

 
と言う言葉で、起こされる。
 
すぐに起きれないので、
無視していると、
 
やってよ!
やってって、いってるでしょ!!
 
うちに、かえれないでしょ!!

 
まだ、6時だよ・・・
もっと寝かせてくれよ・・・

 
僕は、まだ寝ぼけまなこ。
 
なんで、やってくれないの!
うちに、かえるんだから。

 
この頃になると、
ベッドを蹴飛ばし始めるので、
ようやく起きる。
 
そして、花子さんのパジャマを脱がし、
着替えをする。
 
やってよ は 早く着替えさせてよ!と言う訴えだ。
 
花子さんは、一人で着替えることが
出来ない。
自分で、服を選ぶのも、無理だ。
 
下着を付け、シャツを着せる。
片足を上げてくれないので、
座らせて、ズボンをはかせる。
 
着替えを終わらせ、
僕は、もう一寝しようと横になる。
また、
 
やってよ!
はやくやってよ!
 
さっき着替えただろう。
もう、帰れる格好だよ。
 
これはちがうでしょ。
やってよ。

 
仕方なく、着ている服を
一度脱がせ、
そのまま同じ服を着せる。
 
ようやく、納得。
 
ランの散歩の時用の、
ウンチ袋、ティッシュを入れる、
小さな赤いバッグを持たせる。
最近は、これが、花子さんのハンドバッグだ。
 
花子さんは、その中に、
財布、家の電話の子機、Tシャツ、
トイレットペーパー、ランのリード等を
パンパンに、詰め込む。
 
出かけようとするので、
 
電車に乗らないと、帰れないよ。
あとで、車で送っていくよ。

 
いま、いってよ。
 
朝ごはんを食べたら行こう。
 
 
 
ようやく、落ち着く。
 
みずをください。
 
話し方が、急に、優しくなる。
ここまでくれば、大丈夫。
 
冷蔵庫に行き、
スポーツドリンクをコップに注ぎ、
手渡す。
花子さんは、飲み物があるところが、
わからない。
 
これで、朝の行事は終わり。
30~40分だ。
 
朝食の、ケロッグを出す。
 
すみません。
 
そう言いながら、食べ始める。 
 
ごちそうさまでした。
 
仰々しい挨拶も
最近の習慣。 
 
和やかな、表情が続く。 
 
 
 
花子さんが、朝1番に
 
やってよ 。
 
って言った時に、
同時に起きて、仕度をしてあげれば、
荒れる事はない。
 
前に仕事で、早く起きなければいけない時があり、
すぐに、花子さんの着替えをしたら、
落ち着いていた。
やってもらえなくて、荒れてしまう。
 
でも、僕は、起きられるはずがない。
睡眠、5~6時間では、体が持たない。
 
僕の体調不良は、寝不足からやってくる。
 
初期の頃、
なかなか寝ることができず、
夜中に、激しい暴力があった。
 
その時は、認知症の周辺症状ともわからず、
睡眠不足で 、毎日イライラしていた。
 
今は、分かっていても
きつい。
 
昼休みの昼寝は、欠かせない。
 
   
 
ブログランキングに参加しています。
応援クリック、お願いします。

    ↓
banner_03.gif